死ぬときに後悔する25のこと

1、健康を大切にしなかったこと
2、タバコをやめなかったこと
3、生前の意志を示さなかったこと
4、治療の意味をみうしなったこと
5、自分のやりたいことをやらなかったこと
6、夢をかなえられなかったこと
7、悪事に手を染めたこと
8、感情に振り回された一生をすごしたこと
9、他人に優しくしなかったこと
10、自分が一番だと信じて疑わなかったこと
11、遺産をどうするか決めなかったこと
12、自分の葬儀を考えなかったこと
13、故郷にかえらなかったこと
14、美味しい物を食べておかなかったこと
15、仕事ばかりで趣味に時間をさかなかったこと
16、行きたい場所に旅行しなかったこと
17、記憶に残る恋愛をしなかったこと
18、会いたい人に会っておかなかったこと
19、結婚をしなかったこと
20、子どもを育てなかったこと
21、子どもを結婚させなかったこと
22、自分の生きた証を残さなかったこと
23、生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24、神仏の教えを知らなかったこと
25、愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

TOEICリスニングアップ英語の名言 ロバート・アブプラナル

“The most important thing is your self-respect. It doesn’t matter what people think about you, but what you think about yourself.”
— Robert H. Abplanalp
「最も大切なのことは自分をどれだけ信じられるかだ。他人の考えなど同でもいい、自分が自身についてどう思っているかが最も大切なのだ。」
ロバート・アブプラナル 発明家

ピカソから7つの助言

1. 必ずできると信じろ

「思いついたことは出来る。思いつかないものは出来ない。これは避けがたく、明白なことだ。」

 
2. 限界を超えろ

「私はいつも自分の出来ないことをする。どうやればいいのかわかるからだ。」

 
3. 「その時」を待つな

「インスピレーションは常に存在する。見つけに行くんだ。」

 
4. 動け

「明日に引き伸ばせば、それは死んでしまう。」
「行動がすべての成功の鍵だ。」

 
5. 正しく問え

「他の人間はなぜそうなったかを問う。私はいつも何ができるのか、なぜできないのかを問う。」

 
6. ジャッジせず、隠された美を見ろ

「我々は脳をブン投げて、ただ目だけで見ることができればいいのだが。」

 
7. 遅すぎるなんてことはない。

「若さと年齢は無関係。」

TOEICリスニングアップ英語の名言 JFK

“Only those who dare to fail greatly can ever achieve greatly.”
— John Kennedy, 35th President of the United States

 

「失敗する覚悟のあるものだけが、偉業を成し遂げれる。」

ジョン・ケネディー 第35代アメリカ大統領

 

ジョン・フィッツジェラルド・”ジャック”・ケネディ(英語: John Fitzgerald “Jack” Kennedy、1917年5月29日 – 1963年11月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。下院議員、上院議員、第35代アメリカ合衆国大統領を歴任。

TOEICリスニングアップ英語の名言 チャールズ・キングスレー

“We act as though comfort and luxury were the chief requirements of life, when all that we need to make us really happy is something to be enthusiastic about.”
— Charles Kingsley, Clergyman
「私達は、快適さと贅沢が人生で最も必要であるかのように振る舞います。しかし、本当に幸せになるために必要なものは、自分が打ち込めるものを持つことなのです。 」
チャールズ・キングスレー

チャールズ・キングスレー(Charles Kingsley、1819年6月12日 – 1875年1月23日)は英国国教​​会の司祭、大学教授、歴史家、小説家。

特派員・学者チャールズ・ダーウィンの友人だった。

失敗はいけないことではない。

失敗はいけないことではない。
失敗を恐れて挑戦しなくなることが
いけないのだ。

 

失敗はいけないことではない。
失敗したことを他者や環境のせいにすることが
いけないのだ。

 

失敗はいけないことではない。
失敗したことから学ばないことが
いけないのだ。

 

失敗はいけないことでない。
失敗したことで自分の可能性を否定することが
いけないのだ。

TOEICリスニングアップ英語の名言 アンドリュー・カーネギー

“The way to become rich is to put all your eggs in one basket and then watch that basket”
— Andrew Carnegie, Industrialist
「金持ちなる方法はすべての卵を一つのバスケットに入れてそれを見守ることだ。」
アンドリュー・カーネギー 実業家

アンドリュー・カーネギーAndrew Carnegie, 1835年11月25日 – 1919年8月11日)は、スコットランド生まれのアメリカの実業家。崩れ行く橋を見て着想を得てカーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収めて「鋼鉄王」と称された。立志伝中の人物であり、ジョン・ロックフェラーに次ぐ史上2番目の富豪とされることが多い。事業で成功を収めた後、教育や文化の分野へ多くの寄付を行ったことから、2014年の今日でも慈善活動家としてよく知られている。1889年の『富の福音』はフィランソロピーを志す人々への啓蒙書となっている。

スコットランドのダンファームリンで 生まれ、1848年には両親と共にアメリカに移住した。アメリカではまず織物工場で作業員として働き、後に同社オーナー専属の計算書記となった。間もなく 電信配達夫となり、電信会社で昇進。1860年代には鉄道、寝台車、鉄橋、油井やぐらなどの事業を行った。最初の資産は、当時花形事業だった鉄道への投資で築いた。

1870年代にはピッツバーグでカーネギー鉄鋼会社を創業。1890年代には同社が世界最大で最も高収益な会社となった。事業で得た富でカーネギー・ホールなどを建てている。引退した従業員のための年金基金も創設した。1901年、J・P・モルガンに4億8000万ドルで同社を売却。エルバート・H・ゲイリーのフェデラル鉄鋼会社と合併してUSスチールとなった。

カーネギーは残りの人生を慈善活動に捧げ、図書館建設、世界平和、教育、科学研究などに多額の寄付をした。アッパーアイオワ大学のキャンパスに図書館を建設するため、下院議長デイビッド・B・ヘンダーソンに2万5千ドルを寄贈している。ニューヨーク・カーネギー財団カーネギー国際平和基金、カーネギー研究所、カーネギーメロン大学、カーネギー博物館などの創設に資金を提供した。最も金をつぎ込んだのはアメリカ各地やイギリスおよびカナダなどでのカーネギー図書館、学校、大学の創設である。