TOEICスコアアップのための名言 シュヴァイツァー

青色の信号を見る人、それは楽観主義者、赤の信号を見る人は悲観主義者、本当に賢い人は色盲です。
シュヴァイツァー

アルベルト・シュヴァイツァー(Albert Schweitzer, 1875年1月14日 – 1965年9月4日)は、ドイツ出身のアルザス人で、ドイツ系の神学者・哲学者・医者・オルガニスト・音楽学者。

名のAlbertは、ドイツ語の20世紀前半まで規範とされた舞台ドイツ語の発音では「アルベルト」だが(現代のドイツ語の発音では「アルベアト」ないしは「アルバート」)、フランス語では「アルベール」となる。姓のSchweitzerは、「シュヴァイツェル」「シュバイツァー」とも表記される。

ジャン=ポール・サルトルは伯父シャルル(1844年 – 1935年)の孫(いとこにあたるアン・マリ-の息子)にあたる。ルノーの前代表取締役のルイ・シュヴァイツァー(Louis Schweitzer)はいとこの孫に当たる。また、弟パウル・シュヴァイツァーは指揮者シャルル・ミュンシュの姉エマと結婚した。

TOEICスコアアップのための英語の名言 チャック・パラニューク

“We all die. The goal isn’t to live forever, the goal is to create something that will.”

— Chuck Palahniuk, Author

「死は必ず訪れる。我々が目指すべきことは永遠に生きることではなく、永遠に残るものを作り上げることなんだ。」
チャック・パラニューク 作家

チャック・パラニューク(Chuck Palahniuk, または Charles Michael “Chuck” Palahniuk, 1962年2月21日 – )は、アメリカの小説家。映画化もされた『ファイト・クラブ』がよく知られている。ネット上では彼の熱狂的なファンが多い。オレゴン大学でジャーナリズムを専攻。現在オレゴン州ポートランド在住。また、ブレット・イーストン・エリス、アーヴィン・ウェルシュ、ダグラス・クープランドといった、同じ1960年代前半生まれ、同じ傾向の小説家たちとともに、ジェネレーションXの代表的な作家としても見られている。

TOEICスコアアップのための名言 大橋巨泉

仕事がうまくいかなくなると、充電と称してアメリカへ行ったりするタレントがいるだろう。馬鹿なんだよね。だって、よく考えてごらん。電気カミソリの電気が切れてから充電しても間に合わないんだよね。
大橋巨泉

大橋 巨泉(おおはし きょせん、1934年3月22日 – )は、日本のタレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)、放送作家、エッセイスト、評論家(競馬評論家、音楽評論家、時事評論家)、馬主、元政治家(参議院議員)、実業家・芸能プロモーター(オーケープロダクション=旧:大橋巨泉事務所創業者・元取締役会長兼エグゼグティブタレント、オーケーギフトショップグループ取締役社長)。オーケーエンタープライズ所属。

本名:大橋 克巳(おおはし かつみ)。芸名の「巨泉」は元々は自身の俳号である。多くの芸能人や関係者が「巨泉」「巨泉さん」と呼び、「大橋(さん)」と呼ばれることは皆無に近い。MBS・TBS『世界まるごとHOWマッチ』では「巨ちゃん」と呼ばれたことがある。

TOEICスコアアップのための英語の名言 ソクラテス

“Knowing thyself is the height of wisdom.”

— Socrates

「自分自身を知ることが最高の叡智なのです。」
ソクラテス

ソクラテス(希:Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。

ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。

ちょっと一休みに最適のフランス風カフェ La Maison du Pain@Main-Taunus-Zentrum

IMG_0841

ドイツのパン屋さんでは美味しいクロワッサンが食べられないので
どこか美味しいクロワッサンが食べられるところは無いかなと
いつも探しているのですが

たまたま、立ち寄ったSulzbachにあるMain-Taunus-Zentrumで
フランス風のカフェを見つけてしまいました。

もちろんクロワッサンが売っています
試さずには通り過ぎれないでしょ!、と
言うことでお茶タイムです。

店内はこんな感じ

IMG_0985

お店に張って直ぐのところには
お持ち帰り用のディスプレイがあり
ケーキなどは本当にフランスのケーキ屋さんのような
ケーキやエクレアが並んでいました。

今回はケーキなどは食べていないので
次回はこちらの方も試してみたいなと思っています。

席について早速オーダー
頼んだのは、まず、飲み物

カプチーノ
IMG_0988

味は可もなく不可もなく、普通に飲めました。

カフェラテ

IMG_0987

でかい!大き目のお茶碗に出てきました。

ハーブティーです。フランスのメーカーですね
パリのラファイエットで見ました。ロゴが可愛いですね。
IMG_0989

そして、息子くんようのアップルジュース炭酸入りです。
IMG_0990

食べ物は皆さんおなか一杯だったようなので
少なめでクロワッサンを少し頼んだだけ。

IMG_0986

クロワッサンはさすがにフランスカフェを名乗っているだけあって
ドイツのパン屋よりも全然美味しかったです。

ここは、フランクフルト市内に数件、マインツ、ビースバーデンにも
支店があるようです。

また機会があれば行きたいお店の一つになりそうです。

フランスを感じさせるカフェ Maison de la Glace@ランゲン

IMG_1109

ここのカフェに来るのも最近毎週恒例になりつつあるのですが
飲み物も食べ物も美味しいので良いかなと思っています。

今回は本当はここに来るつもりではなく
ケバブを買いに行くつもりで家を出たのですが
目的のケバブ屋さんまだオープンしていなく
別の場所に行く事になり、息子の希望でここに来ることに。

飲み物はいつものカプチーノ
そして、クロワッサンをセットで頂きます。

DSC_0056

クロワッサンはいつも通りサクサクで美味しかったです。

この日、今まで見たことの無いブリオッシュがあったので試して見ることに
これがなかなかのお味。

フワフワのブリオッシュで美味しかったです
バターの香りもほのかに香り、上品な味わい。
写真を撮り忘れてしまった~!

そしてもう一品はこちらも始めての
ナッツのタルト

IMG_1108

ナッツたっぷりで甘さ控えめ
ナッツの味がしっかり楽しめるたるとです
キャラメルソースで味付けされていて
このキャラメルソースも甘すぎず、いい感じ。

タルトの生地もサクサクしていて
ナッツの感触とこのサクサク感が重なって
とても美味しく仕上がっていました。

このカフェも我々のランゲンのお気に入りの場所になりつつあります。

絶品モッツァレラのパニーニ イタリア食材店@ランゲン

IMG_1106

毎週土曜日恒例のイタリア食材店でのブランチ
本日のお勧めはモッツァレラということで
パニーニしてもらっていただくことに。

このお店でパニーニやフォカッチャを頼むと
お店の冷蔵庫の中のハムの塊からその場でスライスした
新鮮なハムをはさんでくれます。

だから、ハムがとても美味しいのです。

IMG_1103

この日はシチリアの揚げおにぎりのアランチーニもありましたので
パニーニと一緒にオーダー

さて、パニーニが運ばれてきました。

IMG_1105

ここにはさまれているモッツァレラを
多くの人に味わっていただきたい!!

クリーミーで、臭みがなく、すっきり
本当に絶品でした。

スーパーで売っているモッツァレラとは全然違います
味もそうですが、食感も全然違うのです。

新鮮なモッツァレラを食べたら
市販のものとは全然違うのが分かります。

デザートにはこのお店オリジナルレシピの
レモンのティラミスを頂きます。

IMG_1107

このケーキもあっさり、すっきりさわやかな
レモンの風味が絶妙で、美味しかったです。

毎週、丁寧に接客してくれる店員さんに感謝ですね。
また行きたいと思います。

TOEICスコアアップのための名言 イチロー

『今自分にできること。頑張ればできそうなこと。
 そういうことを積み重ねていかないと、
 遠くの大きな目標は近づいてこない』
イチロー

イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 – )は、愛知県西春日井郡豊山町出身のプロ野球選手(外野手)。他表現では「Ichiro」「Ichiro Suzuki」「イチロー・スズキ」など。マイアミ・マーリンズ所属。

NPB・MLBの双方で多数の記録を保持している。MLBのシーズン最多安打記録や10年連続200安打などの記録がある。

夫人は元TBSアナウンサーの福島弓子。代理人は長年トニー・アタナシオが務め、現在はジョン・ボッグス。

日本での愛称は「イチ」「天才バッター」。アメリカでの愛称は「魔法使い(Wizard)」「安打製造機(Hit Machine/Hitting Machine)」など