ルネッサンスの香りが漂う花の都フィレンツェ

2015年12月、イタリアの首都ローマを堪能した後に向かったのはフィレンツェ。

フィレンツェといえば、15世紀ルネサンスの文化的中心地
そのルネサンスを開花させたメディチ家の足跡が至る所に残っている町。
市街中心部は「フィレンツェ歴史地区」としてユネスコの世界遺産に登録されています。

ローマからはイタリアの電車Trenitaliaで約1時間30分で到着
チケットはネットで予約しておきました。
最近は何でもネットでできるでとても便利。
早めに予約しておくと安くなるしお得です。
Trenitaliaのホームページ

イタリアの電車はおく遅れると聞いていたので心配してましたが
時間通りに出発して時間通りに到着。

ホテルに荷物を預けて、さっそく向かいます。
フィレンツェと言えばこのドゥオーモ
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

鳥肌ものです。

  

行ったのは29日ですが、クリスマスツリーがありました。

このドゥオーモは圧巻です。
この装飾、たたずまい、この汚れ具合が歴史を感じさせます。

これまでいろいろな大聖堂を見てきましたが
これは思っていた以上に素晴らしいです。
多分写真では伝わらないと思います。

私も実際に見るまではそれほど期待しいませんでしたが
実際に見て、このドゥオーモのオーラというか歴史に圧倒されました。
これは素晴らしい。

是非、実際に来て観て触れて感じてください。

 

フィレンツェの街を散策

夕暮れあたりに再度ドゥオーモに
夕日が当たったいい感じ

さて、フィレンツェと言えばという景色を見に行きましょう。

  

  

ミケランジェロ広場

これまで、いろいろなテレビ番組や本で見てきた景色
本当に美しい街です。

町に光がともり始めたあたりで
ちょっと寒くなってきたので
我々は退散します。

沢山の人が日没を待って夜景を撮ろうと
三脚をたてて構えていました。

フィレンツェのにきたらここは必見の場所です。

 

翌日、ポンテベッキオとそこに行くまでの川からの景色
この日は天気が良かったので、朝から気持ち良かったです。

フィレンツェはとても美しい街でした。
ローマとは全く違う感じ。

やはり一時期芸術の都として栄えただけあって
町全体が美術館のよう。

本当に良い体験ができました。感謝。

ローマの最後の晩餐はパスタ三昧@Hostaria Isidoro


ローマ コロッセを近くのおすすめレストラン Hostaria Isidoro

ローマでの最後の夕食をどこにするか決めてなかったので
今回滞在したホテルHotel Mercure Roma Centro Colosseoの
レセプションのお姉さんに聞いてみることに。

パスタの美味しいこの近くのレストランを聞いたところ
こちらのHostaria Isidoroを紹介してもらいました。
地元の人のお薦めということで期待大。
口コミサイトなどでもなかなかの評価です。

このレストランにはいろいろのなパスタを食べ比べできる
PastaTastingコースがあります。
何種類のパスタのテイスティングをするかを決めて
オーダーするとその日のシェフのお任せパスタを
自分が決めた種類テイスティングすることができます。

我々はとりあえず3種類のパスタテスティングをオーダー
もし、足りなければ後からも追加できると店員さんにいわれました。

冒頭の写真は最初のパスタ。
クリームソースにフェタチーニのパスタ。
美味しかったです。

クリームソースがしつこくなく
結構あっさりしているのでぺろりと食べてしまいました。

  
ローマ コロッセを近くのおすすめレストラン Hostaria Isidoro

左は2品目のラビオリ。こちらもクリームソースですが
最初のものとはちょっとお味が違っていました。
こちらも美味しくいただきました。

右の写真は3品目。
こちらはあっさりしたシンプルなパスタ。
どれも美味しかった。

ですが、珍しくもう少し食べれそうなので
もう一品追加していただくことに
奥さんがどうしてもリゾットを食べたいとのことだったので
4品目はリゾットにしてもらえるか交渉

シェフに聞いてもらいOKをいただきました。


ローマ コロッセを近くのおすすめレストラン Hostaria Isidoro

こちらが出された魚介のリゾット。
とても美味しかったです。

魚介の出汁がよく出て、
ご飯と美しいハーモニーを奏でていました。

 
ローマ コロッセを近くのおすすめレストラン Hostaria Isidoro

〆はカプチーノとティラミスで。

大満足のローマの最後の晩餐になりました。
コロッセロの近くに来た際には是非。


ローマ コロッセを近くのおすすめレストラン Hostaria Isidoro

お店のホームページはこちら
お店の場所はここ

我々が滞在したホテルHotel Mercure Roma Centro Colosseoもおすすめです。
スタッフの方もみんな親切で部屋もきれいでした。
部屋にはネスプレッソが置いてあったコーヒーも無料でいただけます。
毎日3つネスプレッソのカートリッジを補給してくれます。
朝食もバッフェ形式で色々な種類がそろっていました。

コロッセオには徒歩5分くらいで観光にもとても便利な場所にあります。

ローマで評判のピッサリア Pizza Zizza Caffetteria

美味しいパニーノをいただいたあとは
美味しピザをいただきに来ました。

バチカンのサンピエトロ大聖堂から歩いて5分くらいのところにある
Pizza Zizza Caffetteria

こちらはネットで評価が高かったので
バチカンに来た際によって行こうと考えていた場所。

到着したのは開店時間の5分まえくらい
もうすでに数人お店の前で待っています。

一組は観光客な感じ、もう一組は地元の人のよう
開店まえから人が待っているとは期待が高まります。

開店時間になってもお店が開きません
お店の中ではスタッフの方々は忙しそうに働いています
用意が間に合っていないのでしょうか?

ま、ヨーロッパでは開店時間にきっちしあくほうが珍しいので
これくらいは仕方ないでしょう、

待っている間になんと、お店から外で待っている我々に
アランチーニを出してくれました。ありがたい。

それから15分くらいして
お店が開店しました。
さてお目当てのピザを食べてみましょう。

お店はそんなに広くありません
お店の中にはテーブル席が2つと
外に確かテーブル席が4席だったと思います。

カウンターに並んでいるピザを選んで
自分の好きな大きさに切ってもらって
その量に応じて支払う仕組みです。
頼んだピザは焼き直して出してくれます。

こちらは我々が頼んだピザ。
親切に切ってだしてくれました。
ピッツァマルゲリータとちょっと忘れてしまいました。

先に美味しいパニーノをいただいているので
少なめにしておきました。

どちらも美味しかったです。
バチカンに来た際には是非。

PizzaZizzaのお店のFacebookページ

場所はここ

ローマバチカンに来たら絶対に食べてほしい絶品パニーノ@Panino Divino


ローマバチカン 絶品パニーノ Panino Divino

イタリアには美味しいものがたくさんあります。
その中でもイタリアのサンドイッチ パニーノはおすすめです。
時間がないときなどはお店で買って歩きながら食べることもできます。

今回のローマ旅行に当たり結構下調べした結果
このバチカンにあるPanino Divinoのパニーノが美味しいとのこと
これは行くしかありません。

我々が到着した時間は開店間もない時間だったので
お客さんは誰もいませんでした。

お店に入ると気のよさそうなおじさんとお兄さんが
「ボンジョルノ」と言ってくれました。

さっそくオーダーですが何を頼んでよいかわからないので
こういう時はお店のお薦めをいただくのが一番です。
このおじさんは英語もできるので安心です。


ローマバチカン 絶品パニーノ Panino Divino

そして、こちらがお願いして作っていただいたお薦めのパニーノとワイン
イタリアでワインは欠かせません。

このパニーノ私がいままで食べたなかで一番の美味しさでした
次にローマに行く事があれば必ずまたここに行きます
それくらい美味しかったです。

パンはフワフワで中に挟まれているプロシュートも新鮮
作るときに大きなプロシュートの塊から使う分だけ切って
パニーノに挟んでくれます。
大満足。絶対にお勧めです。是非。

PaninoDivinoのお店のサイト
場所はこの辺り

7年越しの願いがかなってバチカン美術館訪問 感動のシスティーナ礼拝堂

ローマに初めて来たのは2008年。
その時はドイツに出張にきた合間に週末が休みだったので
急遽思いつきでフライトとホテルをとて
ドイツからローマにとんだ都合で
ほとんど何も調べずに来てしまった。

真っ先にバチカンにきて美術館の前まできたが
入場を待つ観光客の長蛇の列をみて
「明日朝一で並びに来よう」と退散
それが土曜日。

次の日の日曜にきたら
なんと閉館日。

それ以来いつかはまたローマに来てバチカン美術館にと思い続け
2015年12月やっとその願いがかなった。

バチカン美術館に行く方は予約していくことをおすすめします。
余分に予約料を取られますがそれだけの価値があります
本当にほとんど待つことなく入場できました。
下記バチカン美術館のサイトから予約できます。
バチカン美術館公式サイト

今まで行った美術館のなかで一番豪華でした
さすがローマ教皇は力を持っていたんですね。

そして、システィーナチャペル。
もう言葉になりません。
写真では伝わらない、匂い、空間、雰囲気など
絶対に一度は実際に行って感じてみてください。

システィーナチャペルからそのままサンピエトロ大聖堂に
つながっている通ろうがあるので、それを通れば
再度、サンピエトロ大聖堂に入る際のセキュリティーを通る必要がありません。

サンピエトロ大聖堂に入る際のセキュリティーを長蛇の列ですので
お薦めはバチカン美術館鑑賞後、システィーナチャペルからそのままサンピエトロ大聖堂に行く事
サンピエトロ大聖堂にあるミケランジェロ作のピエタは必見です。

 

七年越しの思いがかなって本当に幸せな一日でした。

ローマベストカルボナーラ賞一位に輝いたカルボナーラを食す@ロショーリ(Roscioli)

2015年12月の年末のイタリアローマ旅行。
この旅行での目的の一つは美味しいカルボナーラをいただくこと。
ローマはカルボナーラの発祥地とされているから

ローマのカルボナーラは日本のもののように
生クリームを入れないシンプルなつくり
素材の味が重要ですね。

今回伺ったのはロショーリ(Roscioli)
グルメ雑誌である「ガンベロロッソ」誌が選んだ
「ローマベストカルボナーラ」部門で
一位に輝いたこともある名店。
高級食材店でもあるそうで期待が高まります。

12時に予約して店舗に10分くらいまえにつくと
もうすでに店舗の前にお客さんが待っています。
この日は予約でいっぱいのはずなので
みなさん予約のお客さん。

12時になりお店に入ると結構狭いです
我々はカウンターの席に
そして最初に出されたのが冒頭の写真

これが本当に美味しかった!
チーズなのですが何とも言えない食感
そんなに癖もなくとても食べやすい
ゆで卵の白みをもっとふわふわにした感じ。

写真を撮るのをわすれていますが
一緒に出されたパンもとても美味しかった。
さすが高級食材店、食材そのものが良いものを使っています。

一緒にワインも頼んでいるのですが
写真を撮っていない。ワインもとても美味しかった!

  

左が牛肉のカルパッチョ。
こちらもとても美味しかったんですね。
肉の臭みがなくすっきりしたお味。

右がプロシュートの盛り合わせ。
隣の人が頼んでいて美味しそうだったので
頼んでしまった。文句なく美味しい。
ワインが進みます。

イタリアはビールよりワインですね。
ワインが美味しいところはワインに合う料理が発達しています。

  

付き出しとパンとカルパッチョとプロシュートで結構おなか一杯になってきてました
そこに、左は確かラビオリだったような、そして本命のカルボナーラが

かなり期待していったので、期待が大きかったせいもあり
お味は我々の口にはありませんでした。

ちょっと塩加減が強すぎて、しょっぱ過ぎる
そして、一番残念だったのはパスタの湯で加減。
硬すぎ!

これはアルデンテとかではないです
明らかにゆで時間が足りてない。

それだけではなく湯で加減の違うパスタが混ざっていた感じ
わざとなのか不明ですが、期待していたカルボナーラは残念な結果。

〆にエスプレッソを頼みます。
このエスプレッソについてきたクッキーがとても美味しかった!
これをまた食べたい。

ここのお店は前菜とワインで十分ですね
食材はとてもいいものを使っていると思います。
そして最後の出てきたクッキー美味しかった。

今回はおなか一杯だったのでデザートを頼めなかったですが
次回行く機会があればデザートも試してみたい。

お店のホームページはこちら
予約は必須だと思います。

お店の場所はこちら

早朝ラン@ローマ!世界遺産の街をほぼ独り占め ローマの早朝の景色。ローマで早朝ランニング!

私の日課はランニング。
旅行に行っても欠かしません。
ランニングシューズとランニング用の服を必ず持参します。

そして、最近凝っているのが早朝の景色の撮影。
夜景も好きなのですが、最近は朝も良いことに気づきました。

夜景と違って、朝はほとんど人がいません。
昼間や夜には観光客でいっぱいの場所もほとんど誰もいないか
掃除をしている清掃スタッフの方々。朝からご苦労様です。

このコロッセオも人が誰もいません。
昼間にはこの辺りすごい人です。

  

コロッセオからヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂に続く道も
昼間は観光客でいっぱいですがここも誰もいません。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂の前のベネチア広場は
昼間は車通りが激しいですが、朝にはすっからかんです。

  

サンタロジェ城あたりも観光客とこの川沿いの道は車もすごいですが
やはり早朝となると穏やかなものです。

  

写真も自分な好きなように、他の観光客を機にすることなく撮れます。

  

こちらはバチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂の前
こちらも昼間にはすごい人ですが誰もいないですね。

  

ホテルからのコロッセオの眺めとどこかの路地。

コロッセオの反対側。まだクリスマスツリーが飾ってありました。

  
  
  

夜景や昼間の姿とは違う早朝もなかなかのものです。

地元客に愛されているアットホームなローマのレストラン Le Tavernelle

2015年の年末は旅行三昧でした。
日本に2週間弱帰国した後、ドイツに帰ってすぐにローマ旅行。

ローマに到着して、ホテルに荷物を置いた後
ランチに伺ったお店がこちらLe Tavernelle

実はこのお店に来るつもりはありませんでした
本当はこのお店の近くに有るカルボナーラの有名店
La Carbonaraに行くつもりでこの界隈に来たのですが
ショッキングなことにLa Carbonaraはお休み。( ̄◇ ̄;)

それは仕方がありませんちゃんと調べずに来た我々の責任です。
気を取り直して次を探さなければなりません
息子さんがお腹すいたとわめいていますから。

ということで、そこからは相当遠くへもう行けませんので
近くで探すことになり、たどり着いたのがこちらのお店。

店内は豪華ではありませんがアットホームな食堂という感じで
落ち着きます。店員さんもとてもフレンドリーで良かったです。

冒頭の写真は店員さんのお勧めのローマの定番サラダ
プンタレッレという野菜を使ったサラダ。

このプンタレッレという野菜初めて食べましたが
少し苦味がありシャキシャキしてなかなかのお味です。
ローマに来たら一度くらいはいただいてもいいかもしれないですね。

そして、サラダの次はパスタです。ボンゴレ。
ボンゴレ大好きなんですね私は。

パスタの茹で加減がやはり絶妙です。イタリアは
美味しかったです。

そして、本日の本命はこちら
カルボナーラ。

カルボナーラはローマが発祥の地とされています。
本場のカルボナーラを奥さんに食べてもらうのも今回の旅の目的でもあります。
チーズと胡椒の味が絶妙です。美味しいですね。

そして、締めは私が大好きなティラミスとエスプレッソで
ご馳走様でした。

行き当たりばったりで入ったお店にしてはあたりだったと思います。
お店の方も親切で色々と教えてくれました。
地元の常連さんのような方がたも来ていたので
地物と方々にも愛されているお店な感じでした。

場所はこちら
ホームページはこちら

感動の年末ローマ旅行2015年 ローマの景色

 

2015年の年末は旅行三昧でした。
日本に2週間弱帰国した後、ドイツに帰ってすぐにローマ旅行。

朝一のフライトを予約したので、朝5時起きで空港に向かいました。
私は2回目のローマ、奥さんと息子は初めてです。

まず、ホテルに荷物を預かってもらうために
コロッセオに向かいます。

今回はコロッセオをすぐ近くにホテルをたったので
観光にはとても便利でした。

  

今回のローマは滞在中ずっと晴れていてとても気持ちよい気候でした。
朝はさすがに寒かったですが、昼間になると結構あったかかったです。

コロッセオの横にある凱旋門。
フォノロマーノなどなど

  

フォノロマーノ。ローマはそこらじゅうにこんなん感じの遺跡を見ることができます。
特にお金を払って施設に入らなくても結構楽しめそうです。

 

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂。

 

本当に天気に恵まれて良かった。

  

  

トレビの泉は結構迫力があります。
そしてすごい人。

パンテオン。
ミケランジェロが天使の設計と絶賛した建造物ですが
こちらも閉まっていました。外観だけ。

ナボーナ広場の噴水。
ローマには本当に噴水がたくさんあります。
噴水好きの息子にはうってつけ。

料理の鉄人の体に優しい絶品中華料理@追立 大阪守口

2015年12月ドイツから日本への一時帰国。
その時に立ち寄った大阪守口にある中華料理の名店追立。

こちらのオーナーの奥さんとはあるきっかけで知り合い
時々メールのやり取りや近くに伺った際に
お店によらさせていただいている。

ここの中華料理は化学調味料を一切使わず
旬の野菜から下味をとり、食材の持ち味を生かすこと。
安心していただくことができます。

中華料理は脂っこいイメージがありますが
ここのお料理はすべてがあっさりしていて
食べ終わった後に胃が重くなりません。

冒頭の写真はスープです。
これもとても美味しかったです。
体に優しいお味。

 

左は奥さんが頼んだチキンと野菜のお料理。
チキンがとてもやわらかくて絶品。

右は私が頼んだ麻婆豆腐。この麻婆豆腐は絶品でした。
そこらのレストランで食べられるものとは一味も二味も違います。

そしてこちらは子供用に頼んだ大学いも。
イモがホクホクでイモからの甘さもあるので
周りの飴はそこまで甘くなく自然な甘さがたもたれて
美味しい大学いも。さすが追立さんです。

最後は杏仁豆腐で〆。
すべて美味しくいただきました。
御馳走様です。また必ず伺います。

今回は残念あがら奥さんにお会いすることはできませんでしたが
追立さんは去年大阪万博後に開業したららぽーとEXPOCITYに
新店舗を開業したそうでそちらで大忙しのようです。

その名も「チャーハンスタジアム追立」
こちらのチャーハンも是非食べてみたいですね。

守口のお店の場所はここ
追立ホームページ