ドナウ川の上にあるオシャレで美味しい大人気のレストラン!Motto am Flussでディナー


ウィーン Motto am Fluss

2016年3月 ウィーン。
車でプラハから到着。ホテルにチェックインし
ウィーンの街を少し散策した後、ディナーに行く事に。

この日のディナーはどこにも予約をしていなかったので
ホテルまでの道から見えたドナウ川の上にある
船のような形をした建物が気になったので
調べてみたらレストランということで
ホテルからも近かったこともあり訪問してみることに。

Motto am Flussにはカフェとレストランがあり
この船のような建物の一番上の階はカフェになっており
そこから一つ下に行くとレストランがあります。

天気が良くて暖かくなればカフェにはテラス席もあるので
川の上で食事やドリンクが飲めて気持ちよさそう。

このひは天気もそんなによくなく、寒かったので
下のレストランに行く事に。


ウィーン Motto am Fluss

行ってみるとかなりの人気店のようです。
席はほぼ満席で、空いている席にも「Reservation」の札が置いてあります。
バーカウンターには洗い物がすでにすごい数並んでいるのですが
洗う暇もなさそうなくらい忙しそうに働いています。

「予約がないから無理かな」と思いながらレセプションの人に聞いてみると
予約席の予約の札をとって「20時までならこの席でどうぞ」といってくれ
席を用意してくれました。2時間弱あったの十分、ありがたい。

さてウィーン最初の食事、Motto am Flussは我々を楽しませてくれたでしょうか?
続きを読む

ヨーロッパの鉄道チケットをお得にゲットするための3つの心得

img_2901.jpg

鉄道の旅はとても楽しいですね。
私は電車の旅が好きです。乗ってしまえが気楽ですからね。
車窓からの景色もきれいですからね。

特にヨーロッパは大きな駅が町の中心地にあるので
すぐに観光に繰り出すことができます。

空港はやはり町の中心に作るのは難しので
空港から市内に出てくるのにも結構時間がかかったりします。

そこで私がこれまでヨーロッパを鉄道で旅して
気づいたヨーロッパの鉄道のチケットをお得に撮る方法を記事にしておきたいと思います。
続きを読む

早朝ラン@ウィーン!音楽の都ウィーンでも早朝ランニング 


ウィーン ランニング

2016年3月。ウィーン。
昨晩プラハから車でウィーンに到着。
初めてのウィーン、とても楽しみにしてきた。

クラシック音楽大好きな私にとってはずっと憧れの地だったウィーン
こうしてやってこれたことに感謝!

今回コンサートに行く事は出来なかったけれど
この町にいるだけでこの地で活躍した音楽家達の
息遣いの一部を感じとることができた気がする。
次来るときは絶対にコンサートに行きたい!!

そんなこんなで、私の日課であるランニングは
ウィーンでも欠かさずに早朝に行っていました。

3月になってくると朝でも結構日が出てきているので
ライトアップがあまりきれいに見れなくなってきましたが
それでも、昼間とは一味違う景色を見せてくれていました。

  
ウィーン ランニング

ウィーンで最もにぎやかな通り、ケルントナー通り
昼間は人でいっぱいになりますが、この時間はほとんど誰もいませんね。

  
ウィーン ランニング

左はオペラ座です。ここでオペラが観れたら最高でしょうね。
次回にとっておきましょう。

右はオペラ座のすぐ横にあるザッハトルテで有名な
高級ホテルザッハです。

この重圧なたたずまい歴史を感じさせます。
良いホテルにはオーラがありますね。一度泊まってみたいですね。

  
ウィーン ランニング

オペラ座のあたりから王宮(ホーフブルク宮殿)Hofburgへ向かっていく途中にあった建物

 
ウィーン ランニング

左は王宮(ホーフブルク宮殿)Hofburgです。
ここも昼間は多くの人で賑わっています。
このすぐ目の前にザッハトルテの商標をめぐり
ホテルザッハと裁判をしたデメル DEMELの本店があります。

右はペスト記念塔なのですがぶれてしまっていますね
暗かったのと走りながら撮ったので、残念。

  
ウィーン ランニング

そしてヨハン・シュトラウス記念像があるウィーンの市立公園シュタットパーク
朝焼けがいい感じになっていますね。

  
ウィーン ランニング

左はベートーベン、右はシューベルトです。

ベートーベンはドイツの作曲ですがウィーンで亡くなっています。
ウィーン生まれのシューベルトはベートーベンをずっと尊敬していたそうで
ベートーベンの葬儀に参列したということです。

   
ウィーン ランニング

右は作曲家のブルックナー。左はゲーテ。


ウィーン ランニング

そして、モーツァルト。目の前のト音記号が有名ですね。
モーツァルトの銅像がある公園はこの時間はしまっていました。

ウィーンはそこらじゅうにいろいろな人の銅像があって
お目当ての人のものを見つけるのにも一苦労でした。

  
ウィーン ランニング

左は国会議事堂、右はオペラ座あたりの通りです。


ウィーン ランニング

そしてウィーンの市庁舎。
ヨーロッパの大都市の市庁舎は見ごたえのある建物が多いですね。
こちらは立派です。

この市庁舎の前に公園があるので子連れの旅にはぴったりです。
子供が観光に飽きてきたらこちらで遊ばせて息抜きしてはどうでしょう。
うちの息子もこちらで2時間ほど遊ばせました。

水の遊び場があるので濡れないように気を付けた方がいいです
息子は水浸しになってしまって、ホテルに一度帰って着替えさせる羽目になりました。。。

ウィーンも走りごたえのある都市でした。