【ウィーンカフェ巡り五軒目】文化人たちに愛された歴史あるおすすめカフェ カフェセントラル(Café Central)@ウィーン

2016年3月 ウィーン。
この日はウィーンからドイツに戻る日。
ウィーン滞在の最後に朝食がてら立ち寄ったのは
ウィーンでも老舗のカフェの一つカフェセントラル(Café Central)

このカフェセントラルは今から約140年前の1876年創業
20世紀の初頭には多くの作家、アーティストや政治家などの文化人に愛され
文芸カフェとして人気を博した伝統あるカフェです。

場所はウィーンの一大観光地ホーフブルク宮殿のすぐそば
歩いて5分くらいの所にあります。
地下鉄だとU3のHerrengasseが最寄になります。

ホーフブルク宮殿の観光の前や後にお薦めのカフェです。

さてウィーンの文芸カフェの実力はいかがだったでしょうか?

やはり150年近く続いているカフェだけあってさすがと言えるカフェ体験でした。
みなさんもウィーンに行かれた日には是非こちらのカフェ立ち寄ってください。

 

お店に入るとこのカフェの常連だった作家のペーター・アルテンベルクが
我々を招きいれてくれます。

天井は高く、曲線を巧みに使った設計になっており
柱も多く、一見すると教会のようにも見えますね。
店内は結構広々としていて、テーブルとテーブルの間隔もひろく
とても落ち着いたいい雰囲気が醸し出されています。

 

まず、ドリンクをいただきます。

左はフワフワのミルクがかかったカプチーノ
右はエスプレッソです。

どちらも美味しかったですね。
ウィーンのカフェもどもコーヒーが美味しく
レベルが高かったと思います。

  

私はクロワッサンとデニッシュをいただきました
クロワッサンはサクサクで美味しかったですが
デニッシュのほうがおすすめです。
ほんのり上品な甘さはあなたを虜にすることでしょう。

  

ケーキは正面のショーウィンドウに選びに行きます。
ここのケーキはどれも美味しそうで
どれにするかかなり迷っていましたが
選ばれたケーキ達はこちら。

どのケーキも大きさがちょどよくとても上品な味わいで美味しかったです。
多分何も食べてもあなたを満足させてくれることでしょう。

そして、ここの店員さんはフレンドリーではないですが
きっちり仕事をする感じで、そつなく仕事をこなされていました。

カフェセントラルお薦めです。
あなたのウィーン滞在中に20世紀初頭に文化人たちが愛した
歴史あるカフェでひと時をすごしてみてはいかがでしょうか。

お店のホームページはこちら
場所はこちら

コメントを残す