ショパン好きは絶対に行きたい!ショパン生誕地ジェラゾヴァ・ヴォラへ格安でいく方法 Motobus

 

日本からポーランドに旅行に行くとういう人大抵ショパンが目当てなのではないでしょうか?
私の勝手な思い込みでしょうかね。。。

私はショパンの音楽が好きにならなければ
100%ポーランドに旅行することはなかったと思うのと
ポーランドという国のことさえほぼ知らずに過ごしていたと思います。

そんなショパン好きなら必ず行きたい
ショパン生誕地ジェラゾヴァ・ヴォラ
ワルシャワから格安で早くいく方法を紹介したいともいます。
是非、参考にしてください。

  

ガイドブックに載っている行き方は
電車とバスを乗り継いで行く行きかたが紹介されていますが
今回私が使ったのはMotoBusというバス。

このバスはワルシャワからsochaczewを結んでいバスで
このsochaczewに行く間にショパンの生誕地ジェラゾヴァ・ヴォラがあり
そこにあるショパンが生まれた家がある場所のすぐそばにバスが止まってくれます。
とても便利です。

バスはこのような感じで、ワルシャワのバス停は文化科学宮殿の目の前
スパーマーケットのMarks & Spencerの目の前にあります。

 

タイムテーブルです。
確か1時間おきくらいにバスが出ていたと思います。

切符は運転手さんのおじさんにお願いすると購入できます。
私が乗った時はおじさんいショパンの生誕地に行きたいと言ったら
切符を売ってくれて、降りる場所に来たら教えてくれました
結構親切に対応してくれました。

 

バスの中はこのような感じです。
結構、窮屈でした。乗り心地はお世辞にもいいとは言えませんでしたが
30−40分くらいの我慢です。

ショパンの生誕地に着くまでに結構な数のバス停に停まるので
もし車酔いしないのであれば後ろの方に座っておく方がいいかもしれません。

ショパンの生まれた家のすぐそばにあるバス停はこのような感じです。
ここから歩いて1−2分のところにショパンの生まれた家があります。

私がバス停を降りてこのあたりをうろうろしていると
地元の人っぽい人たちが声を何度もかけてくれて
ショパンの家はあっちだよと教えてくれました
親切な人たちです。

  

ショパンの家がある場所はこのように門があり
この門の横に建物があってそこに入り口があります。

ショパンの生まれた家の中は博物館になっているので
入場券を購入しなければなりません。
この入場券はこの建物の中で購入することができます。

博物館に入る予定のない方はチケットを買う必要はありません
庭を散歩して、ショパンが生まれて家を外から見るだけなら無料です。

  

  

 

 

緑が豊富で、とても広い庭です。
中には小さな川が流れていて
天気の良い日にはとても気持ちよく散歩できると思います。

夏場はコンサートもあるようなので
調べていかれたら良いと思います。

  

私は当然、博物館にも入りました。
庭に比べるといえはこじんまりして
当時の生活の様子が再現されています。

  

こんな感じでお茶を楽しんでいたんでしょうね。

 

これはショパンが弾いていたピアノではないようですが
ショパンがこの家に住んでいた時にはグランドピアノではなかったと思われます。
雰囲気ですね。

  

ショパンの銅像がいくつかあるので
ぜひ探してみてください。

 

広くて緑がいっぱいの気持ちの良い場所です。

 

敷地内にカフェがあって軽食や飲み物を楽しむこともできます。

 

帰りも当然MotoBusを利用しました。
帰りのバス停は来た時に降りたバス停の目の前にあります。

到着したら、帰りのバスの時間を見ておくことをお勧めします。
私が行った時は数分遅れましたが結構時間通りに動いているようです。
それでは良い旅を!!!




コメントを残す