【フランス シャンパーニュ旅行記2】旅行中の健康管理 早朝ラン@エペルネ シャンパーニュのシャトーたち


2016年5月 フランス エペルネ 快晴
シャンパンに心奪われてから
この地に旅することを夢見てきたので
夢が叶って最高に嬉しい時間でした。

とはいえ、健康は旅を続けるために必須
健康でなければ観光も美味しご飯やお酒も飲めないのです
だから私は旅行中でも朝早く起きてランニングしてます。
そして、早朝のランニングちゅうには通常の旅行者では
見ることのできない特別な景色を見ることができるので
今では本当に大切な時間になっているのです。

 

朝の街はとても静かなのです。
静寂が街を支配しています。

昼間は車で賑わっているroundaboutにも
全く車の姿はありません。
センターの飾りをよく見ることができます。

 

ここが、シャンパーニュ通りです。
この通りに世界的に有名なシャンパンメゾンが立ち並んでいます。
誰もが聞いたことのある超有名なメゾンもここにあります。

 

まず、シャンパーニュ通りに入ってすぐにあるのが
世界的に有名なこのメゾン、多分世界で一番有名なメゾンではないでしょうか
Moet & Chandon

日本で高級シャンパンの代名詞といえばこれ
ドンペリ

このドンペリはこのMoet & Chandoのプレステージシャンパン
ドンペリニオンなのです。

そして、このドンペリニオンは
シャンパンの誕生に大きな貢献をした僧侶から取られています。
それがMoet & Chandonの入り口に銅像があるこの僧侶ドンペリニオンなのです。

 

そして、こちらはペリエジュレ
エレガントな香りとテイストのシャンパンを作っている
有名メゾンです。

とても華やかなテイストのシャンパンは
私も大好きなシャンパンです。

英国王室御用達のシャンパンとして有名なポルロジェもあります。
シャンパン好きにとっては心躍るメゾンがこのシャンパン通りにはあるのです。

さらには日本ではそれほどなじみのないメゾンももちろんあります
新たな発見が必ずあると思います。

さらにこのシャンパン通りを走っていくと
Castellaneのタワーが見えてきます。

ここをさらに進んでいくとエペルネの境界までたどり着きました。

その境界にはシャンパンの樽が飾ってありました。
さすがにシャンパンの街

街全体がシャンパンに包まれています
シャンパン好きの方はぜったにこの地域に来るべきです。
私のこれまでの旅行でここでの滞在は最高に楽しい時間でした。


コメントを残す