【フランス シャンパーニュ旅行記6】アイ村の”幻のシャンパーニュ”アンリ・ジローで試飲体験

今回のフランスのシャンパーニュを巡る旅は
私が以前から憧れていた旅!

そして、絶対にやりたいと思っていたことが
メゾンでの試飲。

その第一弾がこちら
アイ村の”幻のシャンパーニュ”と言われているアンリ・ジロー

アンリ・ジローは380年と言う歴史あるメゾンですが
少し前まで、王室やモナコ、イギリスの上流階級など
一部の人たちのみが手にすることができていたシャンパーニュで
それが幻のシャンパーニュと言われている所以です。

日本にも少ないながら輸入されているので
ネットなどで手にすることができます。

実はこちらに行く予定はなかったのですが
アイ村について散歩していると
たまたま見つけてしまった!

予約もしていなかったのですが
門をくぐって入って行ってみることにしました。

門を入ってところに飾ってあったオブジェ。
アンリジローのGですね。おしゃれです。

門をくくってすぐのところに
試飲会場のような場所があったので
入ってみました。

ここにも外にあったGのオブジェのミニチュア版がありました。
そして、リンゴをかじったオブジェなどそこに
たくさんのシャンパンの瓶が〜 テンション上がります。

アンリジローのこの独特の瓶のシェイプを
実際に見るのは実は今時が始めで感動!
それも、こんなに目の前にあってテンション上がりまくりです!!!

あちらこちらに高価なアンリジローのシャンパンが並んでいます。
マグナムボトルもありました〜

そうこうしているうちに
メゾンの方が出てきてくれました。

予約も何もしてなかったのですが
試飲したいと告げると、快く受け入れてくれました。

 

まず、最初にいただいたのは
アンリ・ジローの創始者フランソワ・エマールへのオマージュとして誕生したシャンパーニュ。
味のことはほとんど忘れてしまっていますが
感動です。

ずっと、憧れていたシャンパーニュのアンリ・ジローを
現地のアイ村でいただけるなんで、何と贅沢時間でしょう〜!
担当の方もとても親切に説明してくださいました。

アンリ・ジローが誇るプレステージ・シャンパーニュ”フュ・ド・シェーヌ(木樽の意)”
これが飲めるとは本当に幸せです。

これは自分ではなかなか手の出ない高価なシャンパンなので
この一杯でもバーなどで飲んだらいくらになることでしょう。。。

そして、最後に
アンリ・ジローのブラン・ド・ブラン
私はこちらが一番気にいったので
これを購入して帰ることにしました。

そして、建物内を案内していたもらっていると
日本語の掛け軸が飾ってありました。
最近では日本への輸出も増えているとか。

突然行ったのに快く迎えていただいて感謝です。
本当にありがとう、とても良い時間を過ごすことができました。
今この記事を書きながらまたあの時の感動が蘇ってきました。

【フランス シャンパーニュ旅行記5】有名メゾンが立ち並ぶアイ村の街並み

今回はフランスのシャンパーニュ地方を旅した時に訪れたアイ村の風景です。

アイ村には世界的に有名なシャンパンメゾンがあり
良質なシャンパンを世界に送り出しています。

その中でも有名なメゾンは
ボランジェ、ゴッセ、ドゥーツ、アンリ・ジロー、アヤラ
ボランジュは007のシャンパンとしても有名ですね。

アイ村は良質のピノ・ノワールを送り出していることで有名で
多くの有名メゾンがここに畑を持っています。

アイ村の丘に登っていくとブドウ畑が広がっています
その畑にメゾンの看板が立ててあります。
誰もが知っている有名メゾンの看板がたくさん立っていました。

ここからの景色も抜群です。

アンリジロー
ここで試飲しました。無料でした。
その記事は別の記事で書く予定です。

どこのメゾンか忘れてしまいましたが
有名なところのだったともいます。
立派な建物です。

こちらはドゥーツ。
ここのシャンパンもとても美味しですね〜!

アヤラ。
こちらでも試飲させていただきました。無料です。
美味しかったですね〜
思い出した他だけで、笑顔になってしまいます。

ボランジェとゴッセ。
とても小さな村の中にこれだけ有名なシャンパンメゾンがあるのは驚きです。
村を一周するだけなら30分くらいあれば十分な大きななんですが
シャンパン好きにはたまらない有名メゾンの数々
また行きたい!!!!

街の中心地もフランスといった感じの
石作の建物があり良い雰囲気です。

街からもブドウ畑の丘が見えて
とてもいい感じの村です。

   

ブドウ畑の反対側に来てもすぐにこのように
緑が広がっている。自然豊かな村から生み出される
シャンパンたちはとても美味しいものばかりで
これからもアイ村からは目が離せません。

車でないとちょっと来にくいですが
シャンパーニュ地方に来られたら是非
アイ村にも足を伸ばしてみてください。

【フランス シャンパーニュ旅行記4】世界のパン屋巡りエペルネ2 Patisserie-Chocolaterie Vincent Dallet

私が旅行中にやる楽しみといえば早朝のランニングと
滞在した町のパン屋さんを巡ること
特にフランスに来た時にはこれは外せません。

シャンパーニュ地方を巡っていた時
エペルネに滞在した時際も町のパン屋さんを巡りました。

2軒目に伺ったのはPatisserie-Chocolaterie Vincent Dallet
一軒目に伺ったお店のすぐ目の前にあったお店。

色鮮やかなマカロンがショーウィンドウから見えました。
美味しそうですね。

ヴィエノワズリーもあります。
どれも美味しそうです。

どれにしようか迷ってしまいますが
クロワッサンは外せないので、それ以外はいただけません。
クロワッサンだけでも結構お腹いっぱいになってしまいますからね。

最近フランスでは鉄瓶が流行っているようで
パリでもよく鉄瓶を扱っているお店を見ましたが
こちらのお店でも鉄瓶を扱っているようです。

日本の伝統のものがこうして海外で評価されるのは
嬉しいことですね。

こちらが購入したクロワッサン。
これまで色々なクロワッサンを頂いてきましたが
パティスリーで売られているクロワッサンの方が
サクサクふわふわの食感が楽しめるように思いますし
バターの香りもいいように思います。

こちらのクロワッサンも美味しかったです。
エペルネに来られたぜひ伺ってみてください。

ちなみに、シャンパンとクロワッサンもよく合いますので
シャンパンの産地でシャンパンとクロワッサン
おしゃれにどうでしょうか?

お店はこちら
シャンパーニュ通りから近いです。Moët & Chandonから歩いてすぐ。

【フランス シャンパーニュ旅行記3】世界のパン屋巡りエペルネ1Les Gourmandises d’Amaelle

私が旅行中にやる楽しみといえば早朝のランニングと
滞在した町のパン屋さんを巡ること
特にフランスに来た時にはこれは外せません。

シャンパーニュ地方を巡っていた時に
エペルネに滞在した時にも町のパン屋さんを巡りました。

まず1軒目はLes Gourmandises d’Amaelle

エペルネのシャンパーニュ通りからほど近い場所にあるパン屋さん
可愛らしい外観で店内の雰囲気も悪くなかったです。

  

 

この風景を見るとパン好きにはたまりませんね。
お店にはいった瞬間にパンの美味しそうな匂いが漂ってきます。

私が必ずいただくのはクロワッサン
フランスでは欠かすことはできません。
大好物なのです。

さてここのクロワッサンはいかがだったでしょうか?
外はサクサク、中がふわふわが私の大好物です。

購入したクロワッサンはこちら。
フランスのクロワッサンは日本でいただくものと違って
クロワッサンでも結構お腹にずしっときます。

日本のクロワッサンは軽くて
クロワッサンでお腹いっぱいになることはないですが
フランスのクロワッサンはお腹いっぱいになります
大きさも大きいのもありますけど。

こちらのクロワッサンも美味しかったです。
外はさっくり、中はふんわりとはいかなかったですが
いい線いっていました。

フランスでクロワッサンをいただくと
バターの香りがとても良いので
ぜひ、味わってみてください。

こちらのパン屋さんの場所は