世界を楽しむSKYブログ

当サイトにお越し頂きありがとうございます!管理人Yasuが体験した旅の素晴らしさをお届けします。参考になれば幸いです。

07 フランス旅行 07-10 アイ

【フランス シャンパーニュ旅行記7】英国・スペイン王室御用達シャンパンメゾンアヤラで試飲

更新日:

今回のフランス・シャンパーニュ地方の旅で
第二弾の試飲の場所として選んだのは
メゾン アヤラ。

1860年、外交官の息子エドモンド・ド・アヤラが設立したメゾンで
甘口主流の時代、英国市場にブリュットのカテゴリーにあたるタイプを輸出、
ブリュットタイプの先駆けをつくりました。
1980年には英国王室ご用達になりました。
2005年に同じアイ村にあるボランジェの傘下となりましたが
ファミリー企業としての形態をそのまま維持し
男性的なボランジェとは違う
メゾンのスタイル「フレッシュ&エレガンス&ドライ」を守っています。

こちらの試飲は事前にメールで担当の方とやりとして
予約しておきました。
アヤラのホームページよりメールで問い合わせして
試飲の予約をすることが可能です。
アヤラのホームページ

それでは向かいましょう!
門をくぐるとすぐに目に入ってきたのは
この立派な建物。雰囲気がいいですね。
この前に行ったアンリ・ジローとは趣が違います。

試飲の会場はこの隣にある建物
そこで担当の方と待ち合わせです。

 

受付で試飲の予約をしていることと名前を告げると
試飲の担当の方がその建物1階にある試飲部屋へ連れて行ってくれます。
アヤラグッズが飾ってありますね。テンション上がります。

まずはアヤラの顔
ノンビンテージシャンパン ブリュット・マジュールをいただきます。

これがアヤラのスタイルをもっともよく表現しているシャンパン
爽やかでエレガント。私も大好きなシャンパンです。
文句なしに美味しいですね。

 

そして次にいただいたのは
綺麗なサーモンピンクのロゼ。

ブリュット・マジュールをさらに女性ぽくしたような
こちらもエレガントで爽やかな味わい。美味しい。

そして、さらに
ブリュット・ナチュール
ノン・ドザージュのシャンパン。

これが私のノン・ドザージュ初体験。
これに一発で惚れ込んでしまいました。

これまでのものよりさらにドライになった印象で
甘みが少ない分よりブドウの味を堪能することができます。
後味もとてもすっきりで私の好み。
飲んだ瞬間、購入決定です。

そして、最後にほぼグランクリュだけで作られるビンテージ ミレジメの2006年
印象的だったのは、試飲を担当してくれた方

彼は瓶からコルクを抜いた後、
味を確認してから私に提供してくれるのですが
このミレジメの時はどうは納得行かなそうな感じでした
聞いてみると、

ビンテージはその時のブドウの味が強く出るので
彼の好きなアヤラのメゾンのスタイルとは違うからだそう。

確かにこれまでのシャンパンとは明らかに違う味わいでした。
好きか嫌いかはその人の嗜好によりますね。
私はビンテージよりもノン・ビンテージの方が好きな傾向があります。

ブリュット・ナチュールを購入して、
アヤラでの試飲体験はおしまいです。

親切に対応してくださった
担当の方にはとても感謝しています。



-07 フランス旅行, 07-10 アイ

Copyright© 世界を楽しむSKYブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.