ドイツ 世界遺産バンベルクの街並み

2017年の初頭、
フランクフルトに帰る途中に立ち寄ったバンベルク
レグニッツ川を町の中心が横切りに
そこを中心に広がるバイエルンの真珠と称えられている街。

第二次世界大戦の戦火を逃れ昔の儘の建物が残る
1000年以上の歴史がある街

1993年にはユネスコの世界遺産に登録された
美しい街です。

冒頭の写真はバンベルクのシンボル
旧市庁舎です。
レグニッツ川をまたぐように建てられています。

バンベルク ドイツの小ベネチア

レグニッツ川沿いには
かつての漁師たちが暮らした
家がまだ残っています。

こちらは旧屠畜場で
現在は大学一部になっているのだそうです。

バンベルク バンベルク大聖堂

レグニッツ川を渡って丘を登っていくと
立派なバンベルク大聖堂ファサードが見えてきます。

後記ロマネスク様式の建物で
棟の高さは81メートル

何度かの破壊などがあり、現在の建物は
13世紀に完成したもの。

この道をさらに丘を登っていくと
聖ミヒャエル修道院へ着くはず。

バンベルク 聖ミヒャエル修道院

生憎の改装中で中には入れませんでしたが
いい散歩になりました。

ここからの景色はなかなかのものです。

帰りは聖ミヒャエル修道院の裏側から
ブドウ畑を通って帰ります。

 

聖ミヒャエル修道院を下から見上げるのもなかなかいいですね。

さらに向こう側には新宮殿が見えます
立派な建物です。
ここのバラ園は有名だそうで、
季節には多くのバラが咲き乱れ
美しい景観を見せてくれるそうです。

そしてバンベルクといえばラオホビア(Rauchbier)

バンベルクの名物にラオホビア(Rauchbier)があります
ラオホとはドイツ語で煙。

麦芽を煙で燻すことで生まれる、独特の風味が特徴だそうで
バンベルクの名物になっています。

そして、お値段も結構します
他のビールの2~3倍くらいしていました。

お味の方はというと
普通の黒ビールよりもさらに香ばしい香りがして
独特の風味があります。好みが分かれれお味ですね。
こういうビールもあるんだなといい体験になりました。

世界遺産にも登録されている美しい街バンベルク
是非、ドイツにお越しの際は一度訪れてみてはいかがでしょう。

バンベルクの場所はここ



コメントを残す