06 ドイツ生活

【まとめ】ヨーロッパのクリスマスを満喫!ドイツのクリスマスマルクトとフランスのマルシェ・ド・ノエルのまとめ

更新日:

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Langen

2017年の年末に行ったドイツのクリスマスマルクトとフランスのマルシェ・ド・ノエルまとめ

2018年の一月ももうすぐ終わろうとしています。一か月たつのも早いものですね。ヨーロッパの正月は日本ほど盛り上がりませんが、キリスト教の影響が強いのでクリスマスはとても盛り上がります。

その象徴が各地で開催されているクリスマスマルクト(ドイツ)やマルシェ・ド・ノエル(フランス)などではないでしょうか。2017年も幸運なことにいくつかのクリスマスマルクトに行く事ができました。もうクリスマスもだいぶ過ぎてしまいましたが、早めにまとめておこうと思います。今年は全部で4つのクリスマスマルクトに行くことができました。ドイツのクリスマスマルクト3箇所(Langen, Nürtingen, フランクフルト)、フランスのマルシェ・ド・ノエルに一箇所(ストラスブール)です。

クリスマス時期にヨーロッパへ旅行を計画されている方の参考になれば幸いです。ドイツ在住だけに、ガイドブックには絶対に載っていないクリスマスマルクトにも行っています。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Langen

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Langen
LangenはフランクフルトからS-bahnで30分ほど南に行ったところにある小さな街です。私はこの街に住んでいるので、ここのクリスマスマルクトには毎年行っています。

毎年ほとんど同じで、特に目新しいことはないですが、一度は行かずには年を越せない雰囲気になるので、一度は行きます。

この大聖堂もクリスマスツリーもなかなかいい雰囲気ですよね。結構好きなんですよね~!この日は雪が降ってホワイトクリスマスになりました。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Langen

教会の中は静寂な雰囲気が漂っています。シンプルな教会ですがみんなに愛されています。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Langen

小さな町のクリスマスマルクトなので、人もそれほどおらず歩きやすいです。来ているのはほとんど地元の人たちだけですね。うちの息子の後ろ姿もなかなかイカス―ですね!ほれぼれします。

ここでしか見つけることのできない地元の生産者さんの手作りのクリスマスグッツなどを売っているお店が並びます。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Langen

昼間よりも夜の方が人が集まります。夜の方がライトアップされて雰囲気がいいですからね。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Langen

これはパンチと呼ばれているアルコールフリーのグリューワインです。子供も飲むことができます。これでも十分体が温まります。クリスマスマルクトに来たらこれは必須ですね。

ドイツだとグリューワインのカップは陶器でできた毎年違うものが使われていて、そのまま持って帰ることも可能です。各地のクリスマスマルクトカップを集めるのも旅の思い出になっていいですね。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Langen

ドイツの定番カリーブルストと一緒にいただきます。

Langenのクリスマスマルクトの公式ホームページ

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Nürtingen

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Nürtingen
Nürtingenはシュツットガルトから電車で30分ほど南に行ったところにある街です。ここには会社の用事一晩滞在したので、ちょっと街を散策してみました。

ちょうどクリスマスの時期だったのでクリスマスマルクトをやっているかなと思って、町の教会の広場に来てみたのですが、見事にお店が閉まっていました。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Nürtingen

お店が開いていたらもっと賑わっていたのでしょうね。さすがにがらんとしています。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Nürtingen

今まで来たことのないクリスマスマルクトだったので、どのようなお店が出ているか気になったのですが、これでは何もわからないですね。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Nürtingen

まークリスマスマルクトの雰囲気だけ楽しむことができたので良しとしましょう!

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Nürtingen

教会の近くにあったレストランもいい感じです。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@フランクフルト

この建物もなかなかの雰囲気があっていい感じです。

Nurtingenのクリスマスマルクトの公式ホームページ

2017年ドイツのクリスマスマルクト@Frankfurt

2017年ドイツのクリスマスマルクト@フランクフルト

こちらはフランクフルトのクリスマスマルクトです。フランクフルトに関しては説明の必要はないと思います。

毎年このHauptwacheの駅の広場あたりからレーマー広場にかけてクリスマスマルクトのお店が立ち並びます。さすがに大都市だけあって、すごい人でした、観光客の方もたくさん見かけました。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@フランクフルト

こちらが一緒に行ったドイツに長年住むルーマニア人の友人にお薦めされたお店。長年毎年フランクフルトのクリスマスマルクトに出店しているそう。

2017年ドイツのクリスマスマルクト@フランクフルト

ハンガリーの食べ物らしいです。揚げパンのようなものに色々なトッピングを選んでいただきます。

写真のものはシナモンシュガー。これが外はさっくり中はもちもちして美味しい!他にもヌテラやチーズなどトッピングは甘いものだけではありませんでした。チーズもいただきましたが美味しかったです。結構の大きさがあるのですが、ペロッと行けてしまいます。これはおすすめです!

フランクフルトのクリスマスマルクトの公式ホームページ

2017年フランスのマルシェ・ド・ノエル@Strasbourg

2017年フランスのマルシェ・ド・ノエル@ストラスブール

こちらはストラスブールのマルシェ・ド・ノエル。ここは日本でも有名なのではないでしょうか。モミの木のクリスマスツリー発祥の地として有名ですね。フランス最古のマルシェ・ド・ノエルとも言われています。

ストラスブールの有名な世界遺産の大聖堂の前では所狭しとお店が出ていて普段の雰囲気とは全然違います。

2017年フランスのマルシェ・ド・ノエル@ストラスブール

お店とお店の間隔が結構狭いのと、多くの人で賑わっているので歩くのが大変ですね。さすがに世界的に有名なマルシェ・ド・ノエルです。

地元の手作りの小物やもちろんホットワイン、プレッツェルなども売られています。

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエルで残念なのはバンショー(フランス版ホットワイン)を飲んだ時のカップ。写真を撮るのを忘れてしまいましたが、プラスチックのコップでなんとも味気ないんですよね。持って帰る気には全くなりません。ドイツのような陶器でできた凝ったものにしてもらえたらいいんですけどね。

2017年フランスのマルシェ・ド・ノエル@ストラスブール

お土産屋さんもクリスマスの時期はクリスマスの装飾で華やかです。

2017年フランスのマルシェ・ド・ノエル@ストラスブール

こちらのレストランもいい感じですね。木組みの家にクリスマスの装飾とてもいい雰囲気ですね。アルザスに来たという感じがします。どことなくドイツは違う感じがします。

2017年フランスのマルシェ・ド・ノエル@ストラスブール

Kleber広場に立つクリスマスツリーは圧巻です。是非一度は見てみたいクリスマスツリーですね。これを毎年見れているのはとてもありがたいことです。感謝感謝!

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエルの公式ホームページ

まとめ

どこのクリスマスマルクトもそれぞれの雰囲気があってとてもいい感じですね。

毎年11月の終わり頃から12月のクリスマスの前あたりまでクリスマスマルクトは開催されています。もしこの時期にヨーロッパに来ることがあれば是非クリスマスマルクトに立ち寄ってみてください。温かいホットワインでも飲んで地元の人たちとゆっくり雰囲気を楽しむのもいいものです。

旅費稼ぎに最適!ネットで簡単に10万円稼ぐ方法!

これは基本的に日本に住んでいる方なら誰でもできる方法で インターネットが使えて、ある程度の継続的な収入がある方ならほぼ確実にできるはずです。 それでは、具体的にどうするか書いていきます。 それは、自己 ...

続きを見る

彼らがほぼ無料でファーストクラスに乗り、高級ホテルに泊まり続ける方法はこれ!

前回の記事で、新卒の大学生が200万円以上するシンガポール航空のスイートクラスでシンガポールニューヨーク間の旅をしたり、海外にはほぼ無料でファーストクラスに乗り、高級ホテルに泊まり続ける人たちがいるこ ...

続きを見る

お得!Booking.comからの予約でも楽天ポイントをためることができるんです!

海外ホテル予約の味方Booking.com 海外ホテルの予約の際にはどのホテル予約サイトをよく使いますか? 私がメインに使っているのはbooking.comです。 booking.comは世界中のホテ ...

続きを見る

ご存知ですか?エコノミークラスでも空港ラウンジで優雅に過ごす方法を!

エコノミークラスでも空港のラウンジを利用する方法 空港のラウンジといえばビジネスクラスやファーストクラスの乗客専用の豪華で高嶺の花、特別な人だけが入室できる空間だと思っていませんか?実はそんなことはな ...

続きを見る




-06 ドイツ生活
-,

Copyright© The World Traveler YASUのSKYブログ 〜空は繋がっている〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.