07-12 シャンティイ(Chantilly)

シャンティイ(Chantilly)の美しいお城でホイップクリームの元祖をいただこう!パリから日帰り旅行におすすめ!

更新日:

Chantilly castle and whipped cream

パリの市内観光だけでなく、他にもパリから日帰りで行ける場所は無いかと探している人も多いことでしょう!

そんな方々におすすめしたいのがシャンティイ(Chantilly)

シャンティイ(Chantilly)はパリの北約50キロほどの所にある美しいシャンティイ城と競馬場、ホイップクリームで有名な街

パリの北駅から電車で約30分弱で行く事ができるパリからの日帰り旅行にぴったりの場所。

「ヴェルサイユには7回も連れていかれたのに、なんでココには1度も連れてきてくれなかったんだろう!!」

これはアメリカのニクソン大統領がシャンティイ城を訪れた時にこぼした言葉

私も個人的にはベルサイユ宮殿よりシャンティイ城の方がおすすめ!

それだけシャンティイ城は美しいお城です。

お城も素晴らしですが、シャンティイ城で見逃してはいけないのはChantilly

Chantillyはフランス語でホイップクリームの事。

実はホイップクリームはコンデ公ルイ2世につかえていた伝説の料理人ヴァテルが創作したものだと言われています。

これは食べないわけにはいきませんよ!

それではシャンティイの見どころを紹介します。

シャンティイのお薦めカフェCouleurs Café

Chantilly castle and whipped cream

この日、我々はランスから車で約1時間かけてシャンティイに到着

息子が到着して早々おなかすいたと言い出したので、お城の見学の前にカフェでちょっと休憩してから行く事に。

シャンティイのメイン通りRue du Connétableにあるカフェが評判がよさそうだったのでここに立ち寄ることに。

Chantilly castle and whipped cream

お姉さんが一人でやっているカフェ

親切に対応してくれて、好感度抜群

Chantilly castle and whipped cream

私はエスプレッソ。

豆にこだわった美味しいエスプレッソ。

Chantilly castle and whipped cream

奥さんはお茶をいただいていました。

最近フランスでは鉄瓶をよく見かけますね。お茶を頼むとこのように鉄瓶でお湯が出されることがよくあります。

Chantilly castle and whipped cream

息子のアップルジュース。

なかなかそこらへんでは見かけないメーカーですね。

Jean-Louis Bissardonはフランス南東部のローヌ=アルプ地域にあるジュースメーカー

無農薬での果物栽培にこだわり、昔ながらの製法にもこだわった、添加物なしの高品質のジュースを生産してます。

フランスの高級ホテルや食材店などで購入することができます。

フランスにはまだまだこのようなジュースメーカーがたくさんありそうですね~

昨晩行ったランスのBrasserie Le Jardinでもとっても美味しいジュースに出会いました。

シャンティイ観光の目玉シャンティイ城へ!

Chantilly castle and whipped cream

軽く腹ごしらえした後はついに私がずっと行きたかったシャンティイ城へ向かいます。

カフェからはRue du Connétableをひたすら行くだけなので簡単

途中シャンティイのもう一つの見どころ競馬場があります。

Chantilly castle and whipped cream

日本の競馬場と言えば、新聞片手に耳に鉛筆をさしたおじさんたちの集まる場所というイメージなんですが

ここは全然違いますね~

この貫録と高貴な感じ、日本の競馬場とは全然違います!

Chantilly castle and whipped cream

シャンティイ城のすぐ横の最高の立地にあるホテルAuberge du Jeu de Paume

ここにも一度泊まってみたいですね。

さすがにシャンティイの最高級ホテルだけあって泊まっている車がロールスロイスです。

次回はここに泊まるべし!

Chantilly castle and whipped cream

あちらに見えるのが『馬の生きた博物館MUSEE VIVANT DU CHEVAL』

こちらはシャンティイ城の大厩舎で、今でも馬が調教されており、馬術ショーや調教デモンストレーションを見ることができます。

18世紀のシャンティイ城主ブルボン公ルイ・アンリは「馬は人間の生まれ変わり」と信じていたので馬をとても大事にしたそう

これだけ広大な敷地で緑いっぱいなところで育てられたら馬も幸せかな~

Chantilly castle and whipped cream

しばらく歩くとついにシャンティイ城が見えてきます。

美しフォルムです。

私は、お城は内側より外観が好きなんです。

外観が見れればそれで満足!

豪華な内装ははっきり言ってもう見飽きてしまって。。。

Chantilly castle and whipped cream

この門の先に行こうと思うと、入場料が必要です。

我々はお城の中に入るつもりはなかったので、庭だけのチケットを買いました。

絵が好きな方はコンデ美術館は必見

古典コレクションの規模ではあのルーブルに次ぐフランス第二の規模

そして、何よりここに所蔵されている作品は一切貸し出しをおこなっておらず

ここでしか見ることができません。

Chantilly castle and whipped cream

お城のメインの入り口にはヨーロッパのお城にありがちな銅像

Chantilly castle and whipped cream

湖越しに見ると、水面で優雅に泳ぐ白鳥のようなお城

ル・ノートル設計の庭園

Chantilly castle and whipped cream

シャンティイ城の見どころの一つに庭園があります。

こちらはあのル・ノートル設計!

ル・ノートルはパリのテュイルリー庭園、ヴォー・ル・ヴィコント城の庭園、ヴェルサイユ宮殿の庭園などを手掛けて、フランス様式庭園の基礎築いた人物

ヴォー・ル・ヴィコント城はシャンティイ城にかかわった人物も結構かかわっていて面白い

ヴォー・ル・ヴィコント城を作った大蔵卿ニコラ・フーケはこの城をルイ14世に見せるために催した豪華な晩餐会とこの城によって、ルイ14世の反感を買い失脚させられます。

ニコラ・フーケがルイ14世をヴォー・ル・ヴィコント城に招待した際に催した祝賀会の料理を担当したのがヴァテルなんです。

それを機にルイ14世はヴォー・ル・ヴィコント城に携わった一流の人物達すべてを集めてベルサイユ宮殿を建造

そして、料理人達もベルサイユ宮殿で働かせることになります。

もちろんヴァテルも含まれていましたが、彼はそれを嫌って一時期イギリスに逃げていたようです。

そのほとぼりが冷めたころ帰国しシャンティイ城の宮廷料理人になります。

ヴォー・ル・ヴィコント城はこのようにいわくつきのお城なのです。

ヴォー・ル・ヴィコント城もきれいなお城なので是非。パリから日帰り旅行が可能です。

Chantilly castle and whipped cream

計算されつくした美しい庭

Chantilly castle and whipped cream

庭を歩いてるだけでも十分気持ちいい。

Chantilly castle and whipped cream

湖に浮かぶかの用に立てられた美しい城

Chantilly castle and whipped cream

城の裏口の庭も美しく整備されています。

伝説の料理人ヴァテルのキッチンでいただく元祖ホイップクリーム

Chantilly castle and whipped cream

シャンティイ城来たらここでホイップクリームをいただきましょう!

ヴァテルのレシピを再現したクレーム・シャンティイCREME CHANTILLY(ホイップクリーム)をいただくことができます。

お城内にある元ヴァテルのキッチンだった場所をレストランに改装したLa Capitainerie

Chantilly castle and whipped cream

当時の雰囲気を残して、キッチン用品などが置かれています。

ヴァテルはルイ14世をシャンティイ城に招いての3日3晩の大祝賀会の際の料理も担当しますが、

2日目の魚介の配達が送れたことによって、彼は食材が足りないと思い込み自殺してしまいます。

彼が自殺した後、予定通り食材は配達されて、祝賀会は大成功したのです。

なんとも悲しいお話。

ちなみにこの祝賀会に要したお金は5万エキュ、現在の価値に直すと約1億5千万円だそう。

3日で1億5千万円とはすごいですね~

Chantilly castle and whipped cream

庭を歩いて、小腹がすいたのと、外が熱かったので、さっぱりすっきりしようと頼んだのは

きゅうりの冷静スープ。

これがちょっと行けてなかった。。。

きゅうりの臭みが口の中に広がって、真ん中にあるサワークリームがないととっても食べれない。がっかり。

Chantilly castle and whipped cream

そして、ついにご対面!

本場のシャンティイでいただくシャンティイ(ホイップクリーム)感動!

そして、これが本当に美味しい!今までの日本で食べていたホイップクリームと全然違います!

濃厚で甘みはほとんどありません。これで私のホイップクリームのイメージが変わりました。

美味しいですよ!是非行って食べてください。

Chantilly castle and whipped cream

〆はエスプレッソ。特筆すべきものはあまりありません。

フランスはあまりコーヒーが美味しくないですしね。。。フランスではお茶を飲みましょう。

Chantilly castle and whipped cream

シャンティイ城さようなら~

また来たい!

まとめ

パリの北駅から電車で30分弱で来れるパリからの日帰り旅行にぴったりの場所です。

ベルサイユのように混雑しておらず、落ち着いて見学することができます。

ここは本当に穴場。

そして本場のシャンティイ(ホイップクリーム)は日本のホイップクリームとぜんぜん違います。

日本のはホイップクリームだけ出されてもあまりうれしくないですが、ここのはホイップクリームだけでぜんぜんいただけます。

そしておいしい!是非試していただきたい。

Chantillyのとっておきホテル

すぐ使えるフランス語表現5選 旅行ならこれだけで十分!とりあえずこれだけ覚えよう!

海外旅行に行く際の悩み事の一つとして、現地での言語の問題ではないでしょうか この記事では、私が実際に旅行中に使った、旅行の際にこれだけは知っておきたい利用頻度の高い便利なフランス語表現5つを紹介します ...

続きを見る

参考にしたガイドブック

パリで一度は泊まりたいホテル

- パリで実際に泊まった絶対に失敗しないお手頃おすすめホテル3選!

- シャネルが住んでいたパリの歴史あるホテル

- セリーヌ・ディオンがパリ滞在時に泊まるホテル

- パリ最高のおもてなしを体験するならこのホテル

- お忘れなく!Booking.comから海外ホテルの予約でANAマイルと楽天ポイントを貯める方法

彼らがほぼ無料でファーストクラスに乗り、高級ホテルに泊まり続ける方法はこれ!

前回の記事で、新卒の大学生が200万円以上するシンガポール航空のスイートクラスでシンガポールニューヨーク間の旅をしたり、海外にはほぼ無料でファーストクラスに乗り、高級ホテルに泊まり続ける人たちがいるこ ...

続きを見る

お得!Booking.comからの予約でも楽天ポイントをためることができるんです!

海外ホテル予約の味方Booking.com 海外ホテルの予約の際にはどのホテル予約サイトをよく使いますか? 私がメインに使っているのはbooking.comです。 booking.comは世界中のホテ ...

続きを見る

ご存知ですか?マイレージ上級会員でないエコノミークラスでも搭乗時間まで空港ラウンジで優雅に過ごす方法

エコノミークラスでも空港のラウンジを利用する方法 空港のラウンジといえばビジネスクラスやファーストクラスの乗客専用の豪華で高嶺の花、特別な人だけが入室できる空間だと思っていませんか?実はそんなことはな ...

続きを見る




-07-12 シャンティイ(Chantilly)
-, ,

Copyright© The World Traveler YASUのSKYブログ 〜空は繋がっている〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.