挨拶

本日は当サイトにお越しいただきありがとうございます。
本日があなたにとって健康で良い1日になりますように!

下記文字は龍体文字といい日本古来の神代文字の一種です。下記の文字列は健康にご利益があると言われています。

ご興味がある方は下記本を読んでみてください。
とっても興味深いです。

07-03 パリ

La Table d'Akihiro フランス最高の魚料理が食べれる日本人シェフのレストラン

更新日:

La Table d'Akihiro

2年ぶりのパリ

今回楽しみにしてきたお店の一つがここ

La Table d'Akihiro

フランス料理店では珍しく

魚料理オンリー

肉料理なし

魚の扱いは日本が世界一です!

これだけ魚料理に命を掛けている国は他にはないです

だから、日本人シェフが魚を料理するのが最高でしょう!

La Table d'Akihiro

ここも内装などには全く豪華さはありませんが

私はこのような日本人の職人気質のやり方が好きです

見た目ばっかりに凝った豪華なレストランはあまり好きではありません

La Table d'Akihiro

前菜はアンチョビ

私がいままで食べたアンチョビではありません

生の新鮮なアンチョビ

こっちでアンチョビって言うと

便に入った塩っ辛い柔らかいものくらい

ですが、これは全然違います

プリプリのアンチョビ

これだけでワインが何杯でもいけますよ

La Table d'Akihiro

白ワインを頂きました

実際は、前菜のときにシャンパーンを頂いていたのですが

写真を撮るのを忘れてました

こちらのワインすごい美味しい

生産者さんから直接購入しているそうで

そこれへんのスーパーでは買えないそうです。

すっごく美味しくて

魚料理にピッタリです

La Table d'Akihiro

こちらのお魚料理も本当に美味しかった!

このソースにはミルクは使われていないので

とってもあっさりしているんです

そして、添え付けのナスがピッタリなんですね

もう完全にノックアウト!

La Table d'Akihiro

次のお料理ように赤ワインに変えます

こちらは先に飲んだ白ワインと同じ生産者さんのワイン

こちらの赤ワインもフルーティで美味しく

次に提供されたお魚料理ともピッタリ!

La Table d'Akihiro

更にノックアウトされたのが

こちらのお料理

もう、焼き具合が完璧で

もうこれ以上の魚の焼き方は望めないでしょう!

そして、驚きなのがお魚の下に添えられているのが

アーティチョークのマッシュポテトのようなもの

言われなければアーティチョークだなんて思いもよりません

ちょっともっちりした美味しいマッシュポテトだなと思うくらいでしょうが

この魚とソースとこのアーティチョークのハーモニーはもう至福の時!

La Table d'Akihiro

我々が最も驚いたのがこのデザート

このデザート

全く小麦粉を使わずにつくっているそうです

驚きです

食べたらさらに驚き

めちゃくちゃ軽い

もう、全てが口の中でとろけていくような感触

これを食べるためだけにここに来てもいいと思うくらいです。

La Table d'Akihiro

食後に頂いたポルトワイン

La Table d'Akihiro

奥さんが頂いたデザートワイン

スッキリあっさりした美味しいワインで

お口直しにピッタリ

La Table d'Akihiro

次に頂いたのがコニャック

1987年もの

かなり歴史を感じさせる

複雑な味わいのコニャック

La Table d'Akihiro

私があまり酔わないので

どんどんおすすめしてくれます

これは日本のウィスキー

これも美味しかったデス

La Table d'Akihiro

そして、コニャックの飲み比べになってしまいました。

やっぱり、古くなると味の複雑味がましていくんですね

飲み比べると本当によくわかります

本当に貴重な体験でした

最後に日本酒の獺祭を出してくれました

初めて飲みましたが

お米の甘みがとっても感じられる

とっても美味しい日本酒でした

-07-03 パリ

Copyright© The World Traveler YASUのSKYブログ 〜空は繋がっている〜 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.