ルフトハンザ ビジネスクラス FRA-KIX 搭乗記

IMG_1343
ルフトハンザ ビジネスクラス 搭乗記

この日は2週間のドイツとスイスの出張を終えて帰国の日
前日にスイスで飲みすぎてこの日の体調は最悪。

もう少しで朝寝坊してしまうような状態で
なんとかチューリッヒのホテルをチェックアウトして
チューリッヒ空港に向かうバスにギリギリ間に合う。

バスの中でも気分は最悪で
空港がもう少し遠かったらやばかったかも。。。
飲みすぎは注意しましょう。

チューリヒからフランクフトまではエコノミーで到着。
フランクフルトのラウンジで関空便までの乗り継ぎ時間を過ごしましたが
今までならビールを頂くのですが、気分が悪かったので
ヴァイツェンビールのグラスにスパークリングウォーターを入れていただきました。

飛行機に搭乗してすぐのウェルカムドリンクもパスしました
シャンパンを飲みたかったんですがね。。。

IMG_1344
ルフトハンザ ビジネスクラス 搭乗記




離陸後2時間くらいしたら食事のサービスが始まりました
まだ気分が悪かったのでお水で我慢。

IMG_1345
ルフトハンザ ビジネスクラス 搭乗記

この時は洋食を選択。

まず前菜にパンとごぼうとお肉のパテが出てきました
美味しかったです。

ビジネスクラスだと食器がキチンとした陶器のお皿で
出てくるのがいいですね。

IMG_1346
ルフトハンザ ビジネスクラス 搭乗記




そして、メインには豚肉をトマトソースで煮込んだもにサフランライスを添えたもの
お肉も柔らかくて美味しかったですよ。

IMG_1347
ルフトハンザ ビジネスクラス 搭乗記

そして、デザートにはパンナコッタが出てきました。
美味しかったです。

体調が良ければワインも合わせていただきたかったのですが
その余裕はなかったです。

せっかくのビジネスクラスを最大限満喫することができませんでした
ちょっと残念。

IMG_1348
ルフトハンザ ビジネスクラス 搭乗記

着陸2時間前に朝食が提供されました。
2週間ぶりに和食をいただきました。

前回の食事からずっと寝ていたので
体調は戻って、すっきりした状態で日本に到着することができました。

エコノミーではほとんど寝ることのできない私ですが
ビジネスではなんとか眠ることができました。

このルフトハンザの機材はライフラットで
フルフラットではなかったですが
エコノミーよりは全然マシでした。
次回、ビジネスに乗れるのはいつでしょうかね〜!
楽しみにしています。

早朝ラン@ライデン!オランダ Leiden 早朝ランニング とても綺麗で可愛らしい絵葉書のような町並み オススメです。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

2016年5月に取った休暇にオランダのキューケンホフ公園に行ってきました
その時に泊まった町がキューケンホフから車で30分くらいのところにある
Leidenと言う町。絵葉書になっても良いような綺麗な町でした。

私の日課はランニング、旅行中でもランニングの用意を持って行って
滞在した町を走っています。これが結構オススメです。
有名な観光地でも朝はあまり人がいないこと
昼間や夜とはまた違う景色を見せてくれます。

Hotel ibis Leiden Centreに滞在していた時の様子です。
お楽しみください。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

オランダと言えば運河と自転車ですね〜!
太陽が出てくるあたりが少し赤くなっていて
そこに飛行機雲があって、なかなか絵になりますね。
朝焼けが運河に写っているのもいい感じです。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

運河沿いの家たちが運河の水面に写っています。いい感じですね〜
はね橋もありました。オランダのいい雰囲気を演出しています。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

町中に運河が張り巡らされているので、
どこに行っても運河とオランダらしい家たちとの共演を見ることができます。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

旧市街の中心地あたりにあった建物も良い感じです。

  
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

オランダの街並みは結構私は気に入っています。
落書きも少なくて良いですね〜。

  
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

これは確かLeiden大学の建物。
Leidenは大学も街でもあります。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

運河にかかる赤煉瓦の橋も絵になりますね。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

やはりオランダと言えば風車と運河。
Leidenの旧市街にも複数風車がありました。
運河と風車と可愛らしい町並みの共演はいかにもオランダを堪能できます。

そして、オランダはチーズも有名なんですよねー!
この大きなチーズの塊をよく見かけました。
チーズも美味しいですよ。是非お試しアレ!

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

このお家は他の家とちがって
装飾が可愛らしかったです。
その前にあるいい感じの昔ながらの船と合わさって
いい雰囲気を作っています。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

風車とはね橋。いかにもオランダです。
朝の静けさを感じて頂けるでしょうか?

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

運河の水面も動きがなく鏡のようになっていて
街なみが運河に写っています。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

このあたりは旧市街の中心地あたりで
レストランなどがたくさんありました。
昼間は結構人がいましたが
朝はやはり静かです。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

風車。オランダに来たらこれは外せません。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

天気もすごく良かったのでとても気持ちいいランニングでした。

  
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

この門は中心地から結構離れたところにありました。
古い町並みが残っていて綺麗な街でした。
オランダに行く機会があれば是非立ち寄ってみてください。
絵葉書になりそうな可愛らしい町です。

Leidenの駅を降りてすぐのところに旧市街があり
町も小さいのでちょっとした観光に良い町だと思います。

 
オランダ Leiden 滞在記 ランニング

そして、最後にオランダと言えば自転車も有名。
この写真ではちょっとわかりにくいですが
カラフルに色が塗られています。
多分もともと黒い自転車だったものを
自分で塗ったように見えます。
自分の自転車がどれかすぐにわかるようにとの工夫なんでしょうね。

世界のパン屋巡り ルクセンブルク2軒目 サンドイッチなども美味しかったNamur 

先日伺ったのはルクセンブルクにある
La Belle Etoile Shopping Centerに入っている
パン屋さんNamur

このショッピングモールLa Belle Etoile Shopping Centerは
ルクセンブルクで一番大きいと言われているモールで
確かに結構の広さでZaraやH&Mなども入っています。
そして、大きな食料品店Cactusも入っています。

こちらのNamurさん、お持ち帰りのパンやケーキなどだけでなく
レストランもありランチタイムには結構多くのお客さんで賑わっています。
他のお客さんが食べている料理を見てみると
結構美味しそうです。

今回Namurで購入したのはもちろんクロワッサン。
こちらのクロワッサンもさすがフランス語圏のお国
バターの香りがふんわり香り良い感じ
ちょっと、側のサクサク感がもっと欲しかったのと
中身のふんわり感ももう少し欲しかったですね。
ま、でも美味しいクロワッサンでした。

この日は金曜日だったので、家族のために
夜ご飯用にサンドイッチなどを購入して帰りました。
これらも美味しかったですよ。
行く機会があれば是非試してみてください。

場所はここです。

世界のパン屋巡り ルクセンブルク1軒目 La Belle Etoile Shopping Centerの食堂のパン屋

今回紹介するのはルクセンブルクに行った時に立ち寄ったショッピングモールにあった
食堂に併設されていたパン屋さん。

このショッピングモール
Shopping Center la Belle Etoileは
ルクセンブルクで確か一番大きいショッピングモール。

フランス語を話す国の食べ物は美味しいというのが
私のこれまで経験から言えること。

ショッピングモールのパン屋さんなので
ストラスブールで行っていた店舗を構えているパン屋さんとは違い
外観は特段紹介すすほどのことではないですが
このような感じです。

そして、こちらが今回購入したクロワッサン。
やはり、フランス語を話す国のクロワッサンは美味しいです。
バターの香りがいい感じ。

側のサクサク感や中身のしっとり感などは
パーフェクトとは言えませんが、
ショッピングモールのパン屋さんなのでそこまでは期待できないでしょう。
手軽に食べる分には合格点でしょう。

場所はこちら

世界のパン屋巡り ストラスブール10軒目 ストラスブールの他のお店のクグロフとはちょっと違うMaison Alsacienne de biscuiterie

ストラスブールのパン屋さん巡りもこれで10軒目
この日伺ったのはストラスブールの大聖堂の奥の道を
いったところにある
Maison Alsacienne de biscuiterie

ここのお店はパン屋さんというよりは
アルザス特産のお菓子を販売している
お土産やさんという感じ。

でも、クグロフを売っていたので
伺ってみました。

お店に入ると、感じの良い店員さんが
試食のアルザス地方独特のココナッツの効いたマカロンを
くれました。これが美味しかったです。
是非こちらも試してみてください。

今回購入したのはクグロフ。
ここのクグロフはアルザス地方のパン屋さんのクグロフとはちょっと感じが違います。

アルザス地方で売られているクグロフはパンのように
発酵させて作っているのでパンのような感じですが。




ここのクグロフはスポンジケーキのような感じ
オーストリアで食べたクグロフと同じような感じでした。
多分、マリーアントワネットが食べていたのはこのようなクグロフだったのではないでしょうか

これまでストラスブールで食べてきたクグロフと違っていたので
新鮮で良かったです。




こちらのお店もおすすめで、ぜひ。

場所はこのあたり

世界のパン屋巡り ストラスブール 9軒目 ストラスブールでは知らない人はいない老舗有名店クリスティアン

世界のパン屋巡りストラスブール編も9軒目になりました
それでもまだまだ、ストラスブールにはパン屋さんがあります。
旧市街だけでもかなりの数があると思われます。

今回伺ったのはストラスブールでは
多分知らない人はいないと思われる
老舗のお店、クリスティアン。

1960年にChristian Meyerさんによって創業されたお店。

IMG_0234

お店は大聖堂のすぐ目の前にある最高の立地。
そしてもう1店舗クレベール広場のすぐ近くにもあります。

休憩時間中はテラス席は片付けられていました。
夏場はここでアイスクリームを販売しているようです。

今回こちらでいただいたのはミニクグロフ。
長年ストラスブールで有名店の地位を守っているだけあって
さすがのお味。

焼きたてではないので少しパサついていましたが
側の香ばしいい香りとバターの風味
さらにアーモンドとレーズンの香りとが合わさって
美味しいクグロフでした。是非。

場所はこちら

世界のパン屋巡り ストラスブール 8軒目 おしゃれで美味しいパン屋さんPains Westermann

世界のパン屋さん巡りストラスブールも8軒目になりました
これまでのパン屋さんたちも美味しかったです。
ストラスブールには旧市街だけでも多くのパン屋さんがあるので
これからも巡っていきます。

今回伺ったのはPains Westermann
以前記事にしているストラスブールの老舗のNaegelの並びにあるパン屋さん。

看板はそれほど凝ったものではないですが
通りに美味しそうなパンの匂いが漂っています。

建物は旧市街だけにいい感じの佇まいです。

ショウウィンドーには所狭しとパンが並んでいます
美味しそうですね〜!

お店の人たちも親切いい感じでした。

購入したのはミニクグロフ。
もう少ししっとり感とバターの風味が欲しかったですね。
ちょっとパサパサしていました。

他のパンも美味しそうなので
次回行く機会があれば是非他のものを食べてみたと思います。

場所はこの辺りです。

世界のパン屋巡り ストラスブール 7軒目 美味しいクルミキャラメルタルトをいただく@Salon de Thé Suzanne

この日訪れたのはストラスブールのクレベール広場の近く
Galeries Lafayetteストラスブールからもすぐのところにある
Suzanne

ここはレストランも併設しているので
食事もすることができます。

 

お店の外観はこのような感じ。
可愛らしい感じの良さげな店構えです。

お店の中のショウケースの中に所狭しとおいしそうなケーキ屋パンが並んでいます。

この日は暖かくなり始めて天気も良かったので
テラス席に座って、ちょっと休憩することにしました。

本当はクロワッサンかミニクグロフをいただきたかったのですが
どちらもなく、他にいただきたいパンがなかったので
クルミのキャラメルタルトにすることにしました。

これが当たりでした。
クルミたっぷりで、キャラメルも程よい甘さで私の味覚にぴったり
タルトもサクサクで、クルミのしっとりしたサクサク感と
キャラメルのねっとり感とタルトの軽いサクサク感を
一口で楽しめる美味しいタルトでした。

次回はクロワッサンを試してみたいですね。

場所はここ

世界のパン屋さん巡り ストラスブール 6軒目 素朴な懐かしいお味のクグロフ@Boulangerie Traditionelle

さて、ストラスブールのパン屋さん巡りも6軒目になりました
今回見つけたのは、あてもなくストラスブールの旧市街をぶらぶらしていた時に
たまたま見つけたお店に入ってみました。

外観は昔ながらの可愛らしい感じの佇まい。
外から見えるようにパンを飾ってあるのが
ストラスブールのパン屋さんのいい感じの雰囲気を出していますね。

これらのパンも食べれるもので
偽物ではないのです。

私が頼んだクグロフもこの外に見えるように
ディスプレイされているものから取ってくれました。

このお店の看板もレトロでいい感じですね〜。

それでは早速、購入したクグロフを頂いてみましょう。

こちらのクグロフもお店の感じのように
素朴で懐かしい味わいでした。
多分長年地元の人に愛されてきてお店なのでしょう。

また機会があれば立ち寄ってみたいと思います。

場所はこの辺り

ドイツのB級グルメといえばこれ!ドイツに来たら絶対試してほしいドイツのB級グルメ ケバブ Doner Kebap

ドイツで美味しいものといえばと言われて大抵の人が思いつくのが
ビール、ソーセージ、バウムクーヘンなどでしょうか
バウムクーヘンは日本のものの方が私は美味しいと思いますが。。。

これらの食べ物な日本でドイツといえばと言われて
大抵の人が思いつくものではないでしょうか。

そこで、次に旅行などでドイツに来られる方に是非オススメしたいのが
ケバブ Doner Kebap
ドイツだけでなくヨーロッパ各地に広まっている食べ物です。




元になっているのはトルコ料理
同名のトルコ料理をパンに挟んでいただきます。

ケバブ屋さんに必ずこのようにお肉の塊が
串に刺さって建ててあります。

ケバブを頼むとこのお肉の塊からスライスして
パンに挟んで提供してくれます。

ケバブの良いところはお肉だけでなく
大量の野菜も一緒に挟んでくれること。

旅行中は野菜不足になりがちなので
それを解消するためにもオススメです。

これはケバブではなくファラフェルと言われる
すったひよこ豆を団子状にしてあげてあるもので
ベジタリアンの方にオススメです。

ケバブの場合はこの団子がお肉になるので
見た感じはほぼ同じです。
ソースが違うかもしれません。

ソースはお店によって違います。
ヨーグルトベースのソースで提供しているところや
マヨネーズやケチャップだけのところなど
色々です。

そして、こちらは私のお気に入り。
トルコピザと言われている。
Lahmacunという食べ物。

この中にお肉とたっぷりに野菜が入っています。
ケバブサンドイッチを何度か食べたら
こちらも試してみてください。




ドイツ人のおおくはケバプが好きで
じぶんのお気に入りのケバブ屋を持っています。

ドイツ人にどこのケバブ屋がオススメと聞くと
そこがいいとか教えてくれると思います。
それだけドイツ社会に受け入れられているということでしょう。

ビールととても合うケバブですが
ビールを置いているところはほとんどありません
というか今まで見かけたことがありません
ビールと一緒に食したければ
お持ち帰りにしてください。

ドイツには本当に多くのケバブ屋があります
私が住んでいるランゲンという小さな町ですが
私が知っているだけでも7−8件くらいあります。
そして大抵町に中心地にあるので同じ通りの2キロくらいの間に
これらのお店が集まっています。

ドイツに来たら是非試してみてください。