美味しい日本の居酒屋創作メニューがいただけるT-style@フランクフルト

この日は仕事終わりに、フランクフルトでお食事をすることに
久しぶりに日本食料理屋さんに伺うことに
そこで伺ったのはT-Styleさん

フランクフルトの中心地からは少し離れた
SバーンのFrankfurt West駅から徒歩五分くらいの場所にあります。

 

お店の外観はスタイリッシュな都会の印象
ビストロと銘打っているだけあって、居酒屋というよりは
日本でなら洋食を出しているようなイメージです。

 

お店の中は、外観とはちょっと違って
寿司のカウンターがあったりと和の雰囲気が漂っています。
寿司を入れる桶があるので尚更そのような雰囲気。

おしぼりが出た来たりと
さすがに日本のお店ですね。

私は、ドイツにいると日本食屋さんに来ても
バイツェンビールを頼んでしまいます。
日本のビールよりドイツビールの方が好きなのです。

一緒に行った方々はやはり
日本食屋さんに来ると日本のビールが飲みたくなるみたいです。
キリン一番搾り。

日本食屋さんに来たら
やはり、日本酒は欠かせません。
久保田の原酒をいただきます。
スッキリ辛口でおいしかったです。

寿司にはやはり日本酒が合いますね〜!
この日は他にも色々と居酒屋メニューを頼んだのですが
写真を撮るのを忘れてしまいました。
でも、どれもとても美味しかったのを覚えています。
フランクフルト滞在中に日本食が恋しくなったらぜひこちらへどうぞ!
おすすめです。

この日も満席になっていたので、
予約は必須のようです。

お店のホームページ

場所はこのあたり

迷ったら迷わずここへドイツ中にある手軽なカフェCoffee fellows

今回は仕事で出かけていた時に
立ち寄ったレストエリアあったCoffee fellows
を紹介します。

こちらのCoffee fellowsはドイツ中に展開するカフェで
サンドイッチやベーグルなども出していて
結構美味しいので、ドイツ旅行中に発見したら
のぞいて見てください。

全国展開しているので、安定の味で安心できます。

 

どの店舗も同じようなインテリアで
Coffee fellowsに来たなという感じがします。
この木目調のインテリがとても落ち着きます。

座席もふかふかの椅子がよいされていて
落ち着いて食事とコーヒーを楽しむことができます。

この時はクロワッサンをいただきました
フランスでいただくようなクロワッサンではないですが
ドイツでいただくものの中ではまあまあの出来です。
オススメはできませんが。。。

クロワッサンをエスプレッソとともにいただきました
ま、やはりチェーン店なので、そこまでのクオリティーは期待できませんが
そこそこ安定のお味を出しているので安心して利用することができるのは確実です。

ドイツ旅行中に休憩場所を探している時に
見かけたら入って見てください。
がっかりすることはないと思います。

お店のホームページ

超高級グラッパをいただく!@イタリア食材店(Il Gusto dell Etna) in Langen, Germany

毎週土曜日に通っている、自宅近くにある
イタリア食材店(Il Gusto dell Etna)、
ここは本当に居心地が良くて、美味しいイタリアの食材を提供しているので
毎週土曜日が楽しみでたまりません。

大抵いつも頼むのが、カプチーノ
ここのものを飲んだら他では飲めなくなります。

 

そして、イタリアから取り寄せている
上質のプロシュートを乗せた自家製ピザ。
このプロシュートも提供される前にスライスしてくれるので
本当に美味しいいんですね。

そして、牛肉のカルパッチョ。
こちらも肉の臭みがなく、とても美味しい。
嫌な脂っぽさはありません。
上質な赤みは柔らかいのだと知らされます。
さしが入った脂っぽいお肉はもう不要です。

 

そして、こちらはブリオッシュとグラニータ
この組み合わせは最高です。
これはシチリアで朝食として夏場食べられるそうです。
夏の晴れた日にこの組み合わせで海辺のテラス席なんかで食べたら
最高に気持ちよい日になるでしょうね〜
シチリアに行きたい〜!

こちらはシチリアのB級グルメ
アランチーニ!揚げおにぎりとでもいいましょうか。
これが美味いんですね〜

団子にしたお米に衣をつけて揚げてあります
中には色々な具が入っていて、今回のものはほうれん草を
ゴルゴンゾーラチーズで和えてものにモッツァレラチーズが入っています。
他にも色々なバリエーションがあります。

  

そして、締めにはデザート
チョコレートムースとエスプレッソ!
ここのエスプレッソは豆にこだわっているので
いつも美味しいエスプレッソをいただくことができます。

大抵はエスプレッソで締めなのですが
この日は店主から驚きのオファーをいただき
イタリアでも最高級のグラッパをいただくことになりました。

グラッパとはイタリア産の蒸留酒で、ブランデーの一種
ワインのぶどうの絞りカスを蒸留して作る飲み物で
食後酒とよく飲まれています。

今回その中でも最高級と言われている
「ベルタ社」のグラッパをいただく機会に恵まれました。
こちらのグラッパは小タルで何年も熟成される
美しい琥珀色のグラッパ、イタリアの高級レストランなどに置かれています。

そして、こちらのグラッパ
楽天で検索すると1万円以上していました。
さすが最高級と言われるだけありますね。

そして、グラッパ用のグラスに入れて
いただきます〜!

このなんとも言えない深みと香りが
素晴らしい味わいを醸し出しています。
これまでに飲んだものの中でも最高に美味しかったです。
本当に素晴らしい体験でした。

ドイツ フランクフルトにできた新しいラーメン屋さん 「麺どころ匠」

最近ドイツのフランクフルトでもラーメンが流行っているようで
続々と新しいラーメン屋さんができてきています。

今回訪れたのは「麺どころ匠」
このお店はすでにデュッセルドルフとミュンヘンにお店があり
その姉妹店のようです。

 

お店の外観は日本のラーメン屋さんとはちょっと違って
ドイツのレストランのような感じですが

 

 

お店の中に入るとザ日本と言った感じ
おしゃれな雰囲気のお店になっています。

そしてこちらのワインセラー
何を寝かしていると思いますか?
ワインではないんですね。

実はラーメンの麺をワインセラーで寝かしているのです
こちらの麺は札幌からの直輸入で
西山製麺という北海道では名の知れた製麺所から
購入してるのだとか。
北海道札幌出身の友達に聞いたところとても有名な製麺所だそうです。

メニューはこのような感じで
色々な種類のラーメンが用意されています
迷ってしまいますね〜

こういうのを見ると日本を思い出しますね〜
いかにも日本にいるような感覚になってしまいます。

 

さてオーダーしたお料理が運ばれてきました
まずはらーめんの前に唐揚げと餃子をいただきます。
どちらも美味しかったです。

こういうのを食べると日本を思い出しますね〜

 

そして、私が頼んだチキン南蛮タンタン麺。
チキン南蛮を乗せるを忘れたようで、今回は別々に出てきました。
ちょっと私には辛すぎて辛かったです。

 

こちらは奥さんが頼んだ柚子鶏そば
こちらはまだ私のタンタン麺に比べればあっりしていて食べやすかったです。

全体的に濃厚な味付けになっていたので
食事後しばらくしてから、結構胃の方が重くなってきましたが
美味しいラーメンを提供しているお店でした
フランクフルトで日本の味が恋しくなったら
ぜひ行ってみてください!おすすめです!

場所はこちら
フランクフルトの日本領事館やメッセのすぐ近くです。
近くにラーメンジュンもあります。

イタリア人にも大好評 フランクフルトのラーメン屋さん ラーメン潤

この日はフランクフルトの旧オペラ座で
クラシックのコンサート鑑賞をした後
夕食に出かけることに。

そして、伺ったのは
フランクフルトのメッセ会場からすぐのところにある
ラーメン潤

ここは以前にうちの奥さんが伺って
美味しかったと聞いていたのと
一緒に働いているイタリア人からも美味しかったと聞いていたので
いつか行きたいと思っていたところ

閉店間際だったのですが、心よく入店させてくれました。

カウンター席の奥には立派なラーメン潤のネームプレートがあります。
店内はさすがにオープンしたばかりで綺麗でスッキリした感じでした。

メニューに記載されたあった
お店の説明。職人感が出ていますね。

 

まずはおつまみ
枝豆と餃子をいただきます。

やはり日本食は落ち着きますね〜

そして、店員さんオススメの私の大好物の豚の角煮
肉が柔らかくておいしかったです。
かなり煮込んであるはず。
味も濃すぎずいい感じです。

 

そして、メインのラーメン。
絶品です。美味しい!
スープがあっさりしていた私好みです。

うちにいるイタリア人たちがこぞって美味しいと言いているのがわかりました
彼らはパスタを食べるので、ラーメン文化に入りやすいのかも
何人かはすでに何度もここに通っている人もいて大好評なんですね。

予約できるようなので、行かれる方は
予約をお勧めします。

ラーメン潤の場所はこちら

Playmobil FunParkに便利なAccor Hotelsグループのホテル Fuerther Hotel Mercure Nuernberg West滞在記

2017年のイースター休暇中に訪問したPlaymobil FunPark
その際に滞在したホテルがAccor HotelsグループのMercureブラントの
Fuerther Hotel Mercure Nuernberg West

Playmobil FunParkは少し離れていますが
車であれば15分くらいで行けるので
問題ありませんでした。

今回我々はニュルンベルクには行っていませんが
ニュルンベルクまで10キロ足らずくらいで
アクセスはいいようです。

 

エントランスを入ると外観に比べて
結構カラフルなインテリアが置いてあり
Mercureブランドのイメージそのままです。

最近リノベーションしたばかりなのか
インテリアなどは綺麗した。

レセプションもスタイリッシュなおしゃれな感じです。
スタッフの方々も親切で英語も話せました。

お部屋もMercureブランドという感じの
木目調の家具をメインに使った
飽きのこないイメージの空間

追加のベットも用意してくれていました。

 

テレビ、そしてデスクの上にはなぜか扇風機が置いてありました。
我々がここに滞在した時は結構涼しかったので使う必要はなかったですが
もっと暖かくなると必要になるかもしれませんね。

 

私はAccor HotelsグループのポイントカードLe Clubのゴールドメンバーなので
ウェルカムフルーツがメッセージとともに置いてありました。
こういうのはありがたいですね。

 

そして、バスルーム。
なんとバスタブもあってよかったです。
お湯をためてつかれるのはありがたいですね。
もちろんドライヤーなどもあります。
チェーンホテルはこういう設備がキチンと整っているので
安心できます。

そして、それおほど大きはないですがフィットネスもついていて
運動する方には重宝するのではないでしょか。

私にはランニングマシンさえあれば十分なので
これでも十分でした。

ドイツ Furth 早朝ラン Playmobil FunParkの近くの町

2017年のイースター休暇中に行った
Playmobil FunParkを訪れた際に滞在したホテルが
このFurthという町にとりました。ニュルンベルクから6KMほど離れた町です。

旅行中はどうしても外食になってしまって
体調を壊してしまう可能性が高くなるので
私は旅行中も必ず運動するようにしています。
その一つが毎朝のランニング。

体調を壊してしまっては
せっかくの旅行が台無しですからね。

ホテルから旧市街のあたりまで行く途中には
結構広い公園や川があって、緑も多くありました。

旧市街のあたりは特にこれといった特徴があったわけではなく
ドイツの典型的な都市の中心部という感じ

市庁舎はそこそこ凝った作りになっていて
フィレンツェで見た建物に似た感じ

観光でわざわざここに来るほどの町ではないですね
なんども言いますがこれいとった特徴は特にありません

滞在したホテルのすぐそばにあった小学校にあった門
結構歴史がありそうな建物でした。

Furthでの早朝ランニングでした。

1時間早く園内に入れるPlaymobile FunPark 朝食バッフェはオススメ

今回のイースター休暇中に4日間
Playmobile FunParkに通ったのですが
そこで良かったのはPlaymobile FunParkが提供している朝食バッフェ

この朝食バッフェはPlaymobile FunParkが開園する1時間前の
8時から提供されており、Playmobile FunParkに1時間早く入園することができます。

ま、厳密に言うと入れるのは室内の遊び場の部分だけで
野外の遊び場には9時にならないと入れないのですが
それでも子供たちはプレイモビルのおもちゃや
室内のアスレチック施設で遊ぶことができます。

そして、1時間早く入れるので
この室内の施設の席を取っておけば
閉園までこの席を確保しておくことができて
待っているだけの大人にはとても良かったです。

バッフェ会場の入り口には
もちろんプレイモビルのおもちゃが飾ってあり
うちの息子は食べ物よりこちらに釘付けになっていました。

食べ物の種類も悪くないです
ハムにチーズはヨーロッパのホテルなどのバッフェでは珍しくないですが
これらもそれなりの種類があります。

パン類は結構豊富にあり
味も悪くなかったです。

ホテルで朝食を食べるよりはオススメです。

 

暖かい食事も普通にあります。
卵にベーコン、ソセージなど子供が喜びそうなものがたくさんです。

フルーツやナッツなどもあって
我々には十分な内容でした。

これで1時間早く園内に入れて
席を確保できるのであれば
文句なしです。

そして、驚きなのが毎朝PlayMobilのおもちゃ達が
綺麗に並べられているのです。

前日の散らかりようが嘘のように
朝にはこのように綺麗に並べられています。

お城や船などはもう元の姿がわからないくらいに
バラバラになってしまっているのですが
朝には綺麗に組み立てられています。
スタッフの方々の努力には感謝です。

PlayMobil FunParkの場所はこちら

ドイツ発世界展開するイタリアンカジュアルレストランVAPIANO

2017ねんのイースター休暇中に訪れたPlaymobil FunPark
この時に滞在したホテルの近くにあったのがこのレストランVAPIANO
今までにもこのレストラン自体は見た事あったが
食事はこれまでにした事がなかった。

ホテルのすぐ近くにレストランがここくらいしかないので
試しに行ってみる事にした。

建物の外観はガラス張りのメインに木があしらってあり
おしゃれな感じ。

入り口入ってすぐに
おしゃれなスクーターが飾ってあり
店内も木のぬくもりが感じられる
おしゃれな感じの空間が作られています。

店内は広々としていて快適
この日はすでに店内は結構なお客さんで賑わっていましたが
窮屈な感じは全くなく、快適に過ごすことができました。

ここは2階のバーエリア

ここの特徴といえば係りの人が席までオーダーを取りに来てくれるのではなく
客がカウンターに行って食べ物や飲み物をオーダーして取りに行くシステム。
カフェテリアのイメージですね。

食べ物はオーダーしてから調理されるので
ワーマーで温められてカリカリになったピザやパスタが出てくることはありません。
きちんと調理されたフレッシュな食べ物が提供されます。

この日は結構混んでいたので
オーダーした食べものが出来上がるまで
少し時間がかかりました。

その間にバーでワインを購入して
先に飲み始めます。

建物がガラス張りなので、店内は明るくて
とってもいい感じです。

こちらはジャガイモのスープ
結構あっさりしていておいしかったです。

そして、ピザとパスタ

ピザは薄めの生地がカリッと焼き上げられていて
シンプルにトマトソースとチーズにサラミがのっているだけのピザ
おいいしくいただくことができました。

そして、パスタは。。。
カルボナーラにサーモンがのっているパスタだったのですが
パスタが焼きそばの麺のような感じ
味自体はおいしかったですが、これをパスタと呼んでしまうと
パスタにうるさい人には受付られないでしょうね。
でも、別ものと思っていただけば全然大丈夫です。
麺がもちもちしていて美味しいのは美味しいです。
カルボナーラ風焼きそばと呼べば全然いけると思います。

調べてみると世界中にチェーン展開しているレストランで
日本にはまだないですが、そのうち進出してくるのではないでしょうか。

VAPIANOのサイト

我々が行った支店の場所はこちら

ドイツで大人気プレイモビルが運営する何日いても飽きないPlaymobile FunPark

2017年のイースター休暇に向かったのは
ドイツのニュルンベルクの近くにあるPlaymobile FunPark

プレイモビルとはドイツ発のおもちゃで
ドイツや世界中で人気の高いおもちゃなのです。

そのプレモビルでいっぱいのPlaymobile FunParkが
ニュルベルクのすぐ近くにある町Zirndorfにあり
この町にプレモビルを製造販売しているゲオブラ・ブランドシュテーター社もあります。

入り口からもう既にプレイモビルの世界に引きずり込まれます
プレイモビルのおもちゃの世界が実物大になっています。
子供のテンションはあがりまくりです。

Playmobile FunParkにはいるとすぐに
プレイモビルのおもちゃのシリーズを実物大にした
遊び場があります。ここは工事現場

 

園内を散策すると、
お城やパイレーツなど様々な世界が再現された遊び場があります。

ここはディズニーランドなどと違って、
乗り物に乗るというより、それぞれの世界観が実物大になった遊び場で
子供たちがその世界の登場人物になって遊ぶという感じで
乗り物に乗るために何時間もまったりすることはないです。
ここでは待ち疲れたなんてことはありません。

その中でも幾つか乗り物はあって
多少は待ちましたが、数分で乗ることができます。
何時間も待つということはありません。

乗り物もただ乗るだけというより
自分で漕いだり、動かしたりする必要があるものばかりで
本当に公園で遊んでいるかのように楽しめます。

そして、ここの良いところは
室内の遊び場も充実していること。
雨が降っていても大丈夫です。

 

この室内の遊び場にももちろん
プレイモビルの世界観が実物大になって再現されています。

そして、プレイモビルのおもちゃでも遊ぶことができます。
こともたちはもう必死になって遊んでいました。
ここなら何時間いても飽きないでしょうね〜

そして、室内にもこのようにアスレチック施設もあり
おもちゃで遊びつかれてもここで体を動かしながら楽しむこともできます。
これで1日9ユーロは安いと思います。

フランクフルトの市内にある室内遊び場では
1日7か8ユーロ取られた覚えあがあるので
それに比べるとここはとても良心的な価格設定だと思います。

 

この時はイースターだったので
ステージではイースターようのイベントが行われていました。
子供も大人も楽しめるPlaymobile FunParkはオススメです。