【フランス シャンパーニュ旅行記9】世界最大のシャンパン会社モエ・エ・シャンドンカーブツアー

アイ村での試飲と昼食を楽しんだ後
エペルネ村に戻りました。

エペルネ村には世界で多分最も有名なシャンパン会社
モエ・エ・シャンドンのメゾンがあります。

モエ・エ・シャンドンは
LVHMグループに所属し、日本でも最も有名な
シャンパンのブランド通称「ドンペリ」のドン・ペリニオンを持つ
世界有数のシャンパンメゾンです。

冒頭の写真はモエ・エ・シャンドンのメゾンの入り口にあった
ドン・ペリニオンさんの銅像

ドン・ペリニオンさんはシャンパンを発明したと言われている僧侶で
盲目の僧侶でした。ただ実際にはシャンパンを本当に発明しかというと
その真偽は謎なようです。
とはいえシャンパン作りに大きな貢献をしたのは言うまでもないようです。

こちらがメゾンへの入り口。
モエ・エ・シャンドンのイメージに合う白を基調にしたエレガトな雰囲気。

中もいい感じですね、期待が高まります。
高級ホテルの待合室のような空間です。

これが、これまでの系譜。
270年の歴史が伺えます。

ナポレオンを始め多くの有名人が
モエ・エ・シャンドンのシャンパンを愛していたそうです。
そして、今では世界中で多くの人たちに飲まれています。

さて、ツアーが始まり、カーブのなんかに入ってきました。
この日ととても天気が良く暖かかったのですが
カーブの中はひんやりして、寒いくらいです。
一年を通してほとんど温度が変わらず
シャンパンの熟成に最適だそうです。

見学に行かれる方は夏場でも羽織るものを持って行った方がいいですね
そして、結構歩くの歩きやすい運動靴で行かれることをお勧めします。

シャンパンの製造工程を説明しながら
カーブの中を歩いていきます。

今ではほとんどこれらの作業は機械で行われているそうで
これらはツアー用の展示品だそうです。

ナポレオンから送られたポルトワインの樽。

一通りシャンパんの工程の説明が終わると
試飲会場に到着するようにツアーは構成されています。

そして、私の楽しみはこれです。
試飲会場に到着です。

我々をまず迎えてくれたのは
シャンパングラスのタワー。
心憎い演出ですね。期待が高まります。

シャンパンが注がれました。
この日始めてモエのビンテージをいただきました
私好みではなかったですが、世界中で飲まれるのがよくわかりました。
甘めで華やかな印象のお味で飲みやすい作りのシャンパン

そして、試飲会場を出ると
そこにも驚きが、シャンパングラスで作られたシャンデリアが
ゲストを迎えてくれます。

そして、この日ツアーを行ってくれたのは
偶然にも日本人の方。

モエ・エ・シャンドンで唯一の日本人ガイドさんだそうです
日本語のツワーは通常のツアーでは行われていなそうですが
団体での予約であれば特別に行ってくれるそうですよ
もし、日本語でモエ・エ・シャンドンのツアーを行って欲しければ
私からこのガイドさんにコンタクトすることが可能ですので
問い合わせフォームから連絡をください。

【フランス シャンパーニュ旅行記8】アイ村 アヤラのフランス人担当者の超オススメレストラン Rotisserie Henri Ⅳ

フランスシャンパーニュでの
シャンパン三昧の至福の時間を過ごした旅
今思い出してもこの感動が蘇ってきます。

さて、アヤラでの試飲が終わる頃には
ちょうどお昼の時間。

お腹がすいてきたので
アヤラで試飲の担当をしてくれた
フランス人の方に近くのオススメのレストランを伺いました。

 

そして、紹介してくれたのがこちらのレストラン
Rotisserie Henri Ⅳ
62 Boulevard Charles de Gaulle, 51160 Ay
マップのこの記事の最後に載せてあります。

外観は街の素朴なレストランという感じ

レストランに入るとすぐに
鳥の丸焼きを作り機械が置いてあって
丸焼きの香ばしいにおいがお店に広がっています。
食欲がそそられますね〜!

この時は暖かくて天気もとても良かったので
テラス席に案内してもらいました。
とても気持ちの良い日でした。

そして、この最高の日和の中で
やはり、シャンパンをいただきます。
シャンパーニュに来てシャンパンをいただかないなて
罪です。

いただいたのはRene Roger

もう、最高です!
ここで、シャンパンを飲んでいるということだけで
幸せになります。

私が一人でいたので、親切な店員さんが
アイ村の写真集を持ってきてくれました。
料理が出てくるまでの間の時間を演出してくれました。
ありがたかったです。

一人旅の時の困りごとと言ったら
レストランで一人で料理が出てくるまでの時間の過ごし方なんですよね。
ありがったかったです。

フォラグラが乗った鴨肉のお料理。
一番上に乗っているのはフォラグラで
その下にマッシュドポテトに鴨肉が挟まれています。
ソースもあっさりしていてとても美味しいお料理

さすがにシャンパーニュのレストラン
シャンパンにとても合いました。
美味しかったです。

こちらはその日のオススメのデザート
クリームブリュレ!
もちろんこちらもとても美味しかったです。
甘さもちょうどよくて、最高!

さすがにシャンパンを常にテイスティングして
味覚を常に使っているお仕事されている
アヤラの担当者の方がオススメしてくれたお店だけあって
とても美味しいお店でした。

料理が美味しいだけでなく店員さんもとても親切で
本当に良いレストランです。

是非、こちらのレストランにはまた行きたいですね〜!
アイ村に行かれる際にはここで食事をいただいてください。
本当にオススメのレストランです。

場所はこちら:

【フランス シャンパーニュ旅行記7】英国・スペイン王室御用達シャンパンメゾンアヤラで試飲

今回のフランス・シャンパーニュ地方の旅で
第二弾の試飲の場所として選んだのは
メゾン アヤラ。

1860年、外交官の息子エドモンド・ド・アヤラが設立したメゾンで
甘口主流の時代、英国市場にブリュットのカテゴリーにあたるタイプを輸出、
ブリュットタイプの先駆けをつくりました。
1980年には英国王室ご用達になりました。
2005年に同じアイ村にあるボランジェの傘下となりましたが
ファミリー企業としての形態をそのまま維持し
男性的なボランジェとは違う
メゾンのスタイル「フレッシュ&エレガンス&ドライ」を守っています。

こちらの試飲は事前にメールで担当の方とやりとして
予約しておきました。
アヤラのホームページよりメールで問い合わせして
試飲の予約をすることが可能です。
アヤラのホームページ

それでは向かいましょう!
門をくぐるとすぐに目に入ってきたのは
この立派な建物。雰囲気がいいですね。
この前に行ったアンリ・ジローとは趣が違います。

試飲の会場はこの隣にある建物
そこで担当の方と待ち合わせです。

 

受付で試飲の予約をしていることと名前を告げると
試飲の担当の方がその建物1階にある試飲部屋へ連れて行ってくれます。
アヤラグッズが飾ってありますね。テンション上がります。

まずはアヤラの顔
ノンビンテージシャンパン ブリュット・マジュールをいただきます。

これがアヤラのスタイルをもっともよく表現しているシャンパン
爽やかでエレガント。私も大好きなシャンパンです。
文句なしに美味しいですね。

 

そして次にいただいたのは
綺麗なサーモンピンクのロゼ。

ブリュット・マジュールをさらに女性ぽくしたような
こちらもエレガントで爽やかな味わい。美味しい。

そして、さらに
ブリュット・ナチュール
ノン・ドザージュのシャンパン。

これが私のノン・ドザージュ初体験。
これに一発で惚れ込んでしまいました。

これまでのものよりさらにドライになった印象で
甘みが少ない分よりブドウの味を堪能することができます。
後味もとてもすっきりで私の好み。
飲んだ瞬間、購入決定です。

そして、最後にほぼグランクリュだけで作られるビンテージ ミレジメの2006年
印象的だったのは、試飲を担当してくれた方

彼は瓶からコルクを抜いた後、
味を確認してから私に提供してくれるのですが
このミレジメの時はどうは納得行かなそうな感じでした
聞いてみると、

ビンテージはその時のブドウの味が強く出るので
彼の好きなアヤラのメゾンのスタイルとは違うからだそう。

確かにこれまでのシャンパンとは明らかに違う味わいでした。
好きか嫌いかはその人の嗜好によりますね。
私はビンテージよりもノン・ビンテージの方が好きな傾向があります。

ブリュット・ナチュールを購入して、
アヤラでの試飲体験はおしまいです。

親切に対応してくださった
担当の方にはとても感謝しています。

【フランス シャンパーニュ旅行記6】アイ村の”幻のシャンパーニュ”アンリ・ジローで試飲体験

今回のフランスのシャンパーニュを巡る旅は
私が以前から憧れていた旅!

そして、絶対にやりたいと思っていたことが
メゾンでの試飲。

その第一弾がこちら
アイ村の”幻のシャンパーニュ”と言われているアンリ・ジロー

アンリ・ジローは380年と言う歴史あるメゾンですが
少し前まで、王室やモナコ、イギリスの上流階級など
一部の人たちのみが手にすることができていたシャンパーニュで
それが幻のシャンパーニュと言われている所以です。

日本にも少ないながら輸入されているので
ネットなどで手にすることができます。

実はこちらに行く予定はなかったのですが
アイ村について散歩していると
たまたま見つけてしまった!

予約もしていなかったのですが
門をくぐって入って行ってみることにしました。

門を入ってところに飾ってあったオブジェ。
アンリジローのGですね。おしゃれです。

門をくくってすぐのところに
試飲会場のような場所があったので
入ってみました。

ここにも外にあったGのオブジェのミニチュア版がありました。
そして、リンゴをかじったオブジェなどそこに
たくさんのシャンパンの瓶が〜 テンション上がります。

アンリジローのこの独特の瓶のシェイプを
実際に見るのは実は今時が始めで感動!
それも、こんなに目の前にあってテンション上がりまくりです!!!

あちらこちらに高価なアンリジローのシャンパンが並んでいます。
マグナムボトルもありました〜

そうこうしているうちに
メゾンの方が出てきてくれました。

予約も何もしてなかったのですが
試飲したいと告げると、快く受け入れてくれました。

 

まず、最初にいただいたのは
アンリ・ジローの創始者フランソワ・エマールへのオマージュとして誕生したシャンパーニュ。
味のことはほとんど忘れてしまっていますが
感動です。

ずっと、憧れていたシャンパーニュのアンリ・ジローを
現地のアイ村でいただけるなんで、何と贅沢時間でしょう〜!
担当の方もとても親切に説明してくださいました。

アンリ・ジローが誇るプレステージ・シャンパーニュ”フュ・ド・シェーヌ(木樽の意)”
これが飲めるとは本当に幸せです。

これは自分ではなかなか手の出ない高価なシャンパンなので
この一杯でもバーなどで飲んだらいくらになることでしょう。。。

そして、最後に
アンリ・ジローのブラン・ド・ブラン
私はこちらが一番気にいったので
これを購入して帰ることにしました。

そして、建物内を案内していたもらっていると
日本語の掛け軸が飾ってありました。
最近では日本への輸出も増えているとか。

突然行ったのに快く迎えていただいて感謝です。
本当にありがとう、とても良い時間を過ごすことができました。
今この記事を書きながらまたあの時の感動が蘇ってきました。

【フランス シャンパーニュ旅行記5】有名メゾンが立ち並ぶアイ村の街並み

今回はフランスのシャンパーニュ地方を旅した時に訪れたアイ村の風景です。

アイ村には世界的に有名なシャンパンメゾンがあり
良質なシャンパンを世界に送り出しています。

その中でも有名なメゾンは
ボランジェ、ゴッセ、ドゥーツ、アンリ・ジロー、アヤラ
ボランジュは007のシャンパンとしても有名ですね。

アイ村は良質のピノ・ノワールを送り出していることで有名で
多くの有名メゾンがここに畑を持っています。

アイ村の丘に登っていくとブドウ畑が広がっています
その畑にメゾンの看板が立ててあります。
誰もが知っている有名メゾンの看板がたくさん立っていました。

ここからの景色も抜群です。

アンリジロー
ここで試飲しました。無料でした。
その記事は別の記事で書く予定です。

どこのメゾンか忘れてしまいましたが
有名なところのだったともいます。
立派な建物です。

こちらはドゥーツ。
ここのシャンパンもとても美味しですね〜!

アヤラ。
こちらでも試飲させていただきました。無料です。
美味しかったですね〜
思い出した他だけで、笑顔になってしまいます。

ボランジェとゴッセ。
とても小さな村の中にこれだけ有名なシャンパンメゾンがあるのは驚きです。
村を一周するだけなら30分くらいあれば十分な大きななんですが
シャンパン好きにはたまらない有名メゾンの数々
また行きたい!!!!

街の中心地もフランスといった感じの
石作の建物があり良い雰囲気です。

街からもブドウ畑の丘が見えて
とてもいい感じの村です。

   

ブドウ畑の反対側に来てもすぐにこのように
緑が広がっている。自然豊かな村から生み出される
シャンパンたちはとても美味しいものばかりで
これからもアイ村からは目が離せません。

車でないとちょっと来にくいですが
シャンパーニュ地方に来られたら是非
アイ村にも足を伸ばしてみてください。

【フランス シャンパーニュ旅行記4】世界のパン屋巡りエペルネ2 Patisserie-Chocolaterie Vincent Dallet

私が旅行中にやる楽しみといえば早朝のランニングと
滞在した町のパン屋さんを巡ること
特にフランスに来た時にはこれは外せません。

シャンパーニュ地方を巡っていた時
エペルネに滞在した時際も町のパン屋さんを巡りました。

2軒目に伺ったのはPatisserie-Chocolaterie Vincent Dallet
一軒目に伺ったお店のすぐ目の前にあったお店。

色鮮やかなマカロンがショーウィンドウから見えました。
美味しそうですね。

ヴィエノワズリーもあります。
どれも美味しそうです。

どれにしようか迷ってしまいますが
クロワッサンは外せないので、それ以外はいただけません。
クロワッサンだけでも結構お腹いっぱいになってしまいますからね。

最近フランスでは鉄瓶が流行っているようで
パリでもよく鉄瓶を扱っているお店を見ましたが
こちらのお店でも鉄瓶を扱っているようです。

日本の伝統のものがこうして海外で評価されるのは
嬉しいことですね。

こちらが購入したクロワッサン。
これまで色々なクロワッサンを頂いてきましたが
パティスリーで売られているクロワッサンの方が
サクサクふわふわの食感が楽しめるように思いますし
バターの香りもいいように思います。

こちらのクロワッサンも美味しかったです。
エペルネに来られたぜひ伺ってみてください。

ちなみに、シャンパンとクロワッサンもよく合いますので
シャンパンの産地でシャンパンとクロワッサン
おしゃれにどうでしょうか?

お店はこちら
シャンパーニュ通りから近いです。Moët & Chandonから歩いてすぐ。

【フランス シャンパーニュ旅行記3】世界のパン屋巡りエペルネ1Les Gourmandises d’Amaelle

私が旅行中にやる楽しみといえば早朝のランニングと
滞在した町のパン屋さんを巡ること
特にフランスに来た時にはこれは外せません。

シャンパーニュ地方を巡っていた時に
エペルネに滞在した時にも町のパン屋さんを巡りました。

まず1軒目はLes Gourmandises d’Amaelle

エペルネのシャンパーニュ通りからほど近い場所にあるパン屋さん
可愛らしい外観で店内の雰囲気も悪くなかったです。

  

 

この風景を見るとパン好きにはたまりませんね。
お店にはいった瞬間にパンの美味しそうな匂いが漂ってきます。

私が必ずいただくのはクロワッサン
フランスでは欠かすことはできません。
大好物なのです。

さてここのクロワッサンはいかがだったでしょうか?
外はサクサク、中がふわふわが私の大好物です。

購入したクロワッサンはこちら。
フランスのクロワッサンは日本でいただくものと違って
クロワッサンでも結構お腹にずしっときます。

日本のクロワッサンは軽くて
クロワッサンでお腹いっぱいになることはないですが
フランスのクロワッサンはお腹いっぱいになります
大きさも大きいのもありますけど。

こちらのクロワッサンも美味しかったです。
外はさっくり、中はふんわりとはいかなかったですが
いい線いっていました。

フランスでクロワッサンをいただくと
バターの香りがとても良いので
ぜひ、味わってみてください。

こちらのパン屋さんの場所は

【フランス シャンパーニュ旅行記2】旅行中の健康管理 早朝ラン@エペルネ シャンパーニュのシャトーたち

2016年5月 フランス エペルネ 快晴
シャンパンに心奪われてから
この地に旅することを夢見てきたので
夢が叶って最高に嬉しい時間でした。

とはいえ、健康は旅を続けるために必須
健康でなければ観光も美味しご飯やお酒も飲めないのです
だから私は旅行中でも朝早く起きてランニングしてます。
そして、早朝のランニングちゅうには通常の旅行者では
見ることのできない特別な景色を見ることができるので
今では本当に大切な時間になっているのです。

 

朝の街はとても静かなのです。
静寂が街を支配しています。

昼間は車で賑わっているroundaboutにも
全く車の姿はありません。
センターの飾りをよく見ることができます。

 

ここが、シャンパーニュ通りです。
この通りに世界的に有名なシャンパンメゾンが立ち並んでいます。
誰もが聞いたことのある超有名なメゾンもここにあります。

 

まず、シャンパーニュ通りに入ってすぐにあるのが
世界的に有名なこのメゾン、多分世界で一番有名なメゾンではないでしょうか
Moet & Chandon

日本で高級シャンパンの代名詞といえばこれ
ドンペリ

このドンペリはこのMoet & Chandoのプレステージシャンパン
ドンペリニオンなのです。

そして、このドンペリニオンは
シャンパンの誕生に大きな貢献をした僧侶から取られています。
それがMoet & Chandonの入り口に銅像があるこの僧侶ドンペリニオンなのです。

 

そして、こちらはペリエジュレ
エレガントな香りとテイストのシャンパンを作っている
有名メゾンです。

とても華やかなテイストのシャンパンは
私も大好きなシャンパンです。

英国王室御用達のシャンパンとして有名なポルロジェもあります。
シャンパン好きにとっては心躍るメゾンがこのシャンパン通りにはあるのです。

さらには日本ではそれほどなじみのないメゾンももちろんあります
新たな発見が必ずあると思います。

さらにこのシャンパン通りを走っていくと
Castellaneのタワーが見えてきます。

ここをさらに進んでいくとエペルネの境界までたどり着きました。

その境界にはシャンパンの樽が飾ってありました。
さすがにシャンパンの街

街全体がシャンパンに包まれています
シャンパン好きの方はぜったにこの地域に来るべきです。
私のこれまでの旅行でここでの滞在は最高に楽しい時間でした。

【フランス シャンパーニュ旅行記1】エペルネの観光に便利なホテル Hotel ibis Épernay Centre Ville

フランスのシャンパーニュ地方エペルネへ旅した際に滞在したホテル
Hotel ibis Épernay Centre Ville

こちらのホテルはフランスのホテルチェーン
Accor Hotelsのブランドibisになります。

私は結構Accor Hotels系列のホテルによく使っています
安めのホテルからハイクラスまでチョイスが多いの結構重宝します。
今回エペルネでもibisに滞在することになりました。

ibisはAccor Hotels系列でも
一番お手頃に泊まれるブランドでもあり
日本のビジネスホテルのような感じ。
本当に寝に帰るホテル、多くを期待してはなりません。

ホテルの入り口を入ると鏡張りで
赤いibisカラーの鉢植えが出迎えてくれます。
レセプションは二階です。

鍵を受けとり
部屋までの廊下はこのような感じです。
ibisという感じです。

それでは部屋に入りましょう。
本当にシンプルな作りになっています。
ibisにも結構泊まりましたが
大抵このような作りで、寝に帰るだけなら十分です。

ベットの寝心地も悪くなく
この価格帯のホテルでは良いと思います。

掃除もそれなりに行き届いているので
不満は全くありません。

狭いですがバスタブもあります。
これは驚きです。

バスルームも必要最低限できっちりおさめられています。
多くを望まず快適に眠れて、シャワーが浴びれれば言うことなしです。

それに、立地は最高です。
エペルネの街のシャンパーニュ通りまで5分くらいで行くことができ
観光には最適です。

Hotel ibis Épernay Centre Villeの場所はこちら

シャンパンが健康に良いらしい!その7つの理由

img_4205.jpg

私はシャンパンが大好きで、
これまでに2度フランスのシャンパーニュ地方のランスを訪れて
いろいろなメゾンを訪ねて試飲も行ってきました。

シャンパングラスに入ったシャンパンゴールドの液体に
泡が立ち上る姿を見るだけでゴージャスな雰囲気になりますよね。

そんなシャンパンですが一応お酒なので
いつも飲みすぎないようには気をつけています。

そこで、海外のサイトで私にとてってはとても良い記事を見つけたので
シェアします。

シャンパンが健康に良い理由1、空間記憶量力の向上

空間記憶能力とはあなたの周りの空間を認識する能力で、
複雑な計算や業務をこなすことができる能力です。

ある大学のリサーチ結果ではシャンパンを飲んだ後に
この能力が向上したとの結果が出ています。

この結果が出だすのは40代になってからのようで
毎週2−3杯のシャンパンを飲むのが良いようです。

シャンパンが健康に良い理由2、カロリーが少ない

赤白ワインの1杯のカロリーは約120カロリー
それに対してシャンパン1杯のカロリーは約80カロリー
ダイエットを気にされている方はシャンパンの方がいいですね。

シャンパンが健康に良い理由3、サーブされる量が少ない

シャンパンは1杯の量が少ないので、飲む量やカロリーなどを気にされているのであれば
シャンパンを選ぶのが良い選択といえるでしょう。

シャンパンが健康に良い理由4、泡の力

シャンパンのように泡が入っている飲み物の場合
飲むスピードが遅くなるため、がぶ飲みを防止できます。
そのため、程よい量を維持することができるでしょう。

シャンパンが健康に良い理由5、心臓病の予防に役立つ

シャンパンも赤ワインと同じようにポリフェノールとスベラトロールが含まれています
それは、シャンパンも赤ぶどうから造られているからです。

これらの物質は抗酸化作用が強く、悪玉コレステロールや血管の損傷を防ぎ
血液の循環を良くしてくれます。

シャンパンが健康に良い理由6、短期記憶能力の向上

3年かのリサーチの結果で、シャンパンを飲み続けた(適量を)被験者で
200%の短期記憶能力の向上が認められたそうです。

シャンパンが健康に良い理由7、フラボノイドの効果

フラボノイドとはポリフェノールの一種で、若さを保つ効果がるといわれています。
このフラボノイドがシャンパンには豊富に含まれています。

残念がら赤ワインに含まれている量にはかないませんが、
シャンパンにも豊富に含まれています。

シャンパンいいちごを一つ入れてみては如何でしょう?
見た目も美しく、これでフラボノイドの量も多くなります。
これらのベリーにはフラボノイドが豊富に含まれています。

赤ワインいいちごは入れられませんからね。

シャンパンを楽しみましょう!かんぱーい!