早朝ラン@アントワープ!ベルギー アントワープでの早朝ランニング中に撮った美しい朝の景色

IMG_0484
ベルギー アントワープ フランダースの犬の景色

2015年1月 ベルギー アントワープ。
この日でベルギーでの滞在を終えて、ドイツに帰る日です。
その前に私にはやることがあります。
それは朝のランニング。

ヨーロッパで二番目に大きな港を持ち
ルーベンスの故郷で「フランダースの犬」の舞台
他にも色々な言葉でこの町は表現されています。

アントワープには2つの世界遺産もあります。
・プランタン=モレトゥス博物館と
・ノートルダム大聖堂と市庁舎

博物館の方には行っていませんが
ノートルダム大聖堂と市庁舎はとても立派で
一見の価値があります。

冒頭の写真はその世界遺産に登録されている
ノートルダム大聖堂のライトアップされている写真。

1月頃だと朝の8時前くらいまで暗いので
私がランニングする時間だとまだライトアップされています。
だいたい誰もいないので人が映らなにいい写真が撮れます。

いるとすればだいたい市の清掃員の方々
朝からご苦労様です。

IMG_0485
ベルギー アントワープ フランダースの犬の景色

立派な大聖堂です。
ライトアップされるとまた感じが違います。

この景色を独り占めできるのは早朝だけです。
ありがたい!!!

IMG_0486
ベルギー アントワープ フランダースの犬の景色

大聖堂のすぐ横にあるマルクト広場からの景色。
ブラボーの像と大聖堂も絵になりますね。

IMG_0487
ベルギー アントワープ フランダースの犬の景色

横にして撮ってみました。
ブラボーの像の台座が入りきらなかったので
ちょっと物足りない感じになってしまっていますね。

IMG_0488
ベルギー アントワープ フランダースの犬の景色

そして、立派な市庁舎も忘れてはいけません。
アントワープのマルクト広場も豪華なギルドハウスに囲まれて立派です。
是非ベルギーに来たらアントワープまでも足を伸ばして見てください。
ブリュッセルから電車で一時間弱で行けると思います。
ちなみにアントワープの駅もとても立派です。

アントワープで一泊するのであれば
Apartments Coco-Matをお勧めします。
ホテルのサイトはこちら

冬場の朝は寒くて暗いので
起き上がって走りに行くのに躊躇うときもありますが
このような絶景を見せてくれるので、
早く起きて走りに行くかいがあります。

「フランダースの犬」の名場面に出てきた名画とご対面@アントワープ ベルギー

IMG_0464

2015年1月ベルギー アントワープ。
ブリュージュから車で移動して、
到着したのはお昼過ぎ。

アントワープを訪れた最大の理由は
「フランダースの犬」の感動的な最後の場面の舞台
聖母大聖堂にあるルーベンスの絵を見ること。

日本ではこれだけ国民的アニメになっている
「フランダースの犬」はあまり海外では有名ではないそう。

まずは車を止めて、ホテルに荷物を置いてから
観光に出かけます。

ホテルはアントワープの駅からすぐのところにあるとても便利な
Apartments Coco-Mat
アントワープで宿泊されるのであれば
こちらのホテルを強くお勧めします。

写真を撮っていないのがとても残念ですが
とても居心地がよく、広いお部屋でした
ホテル部屋といよりアパート。2LDKのお部屋でした。

Coco-Matという家具メーカーが運営しているホテルで
お部屋で使われている家具はもちろんここのもので
シンプルでセンスがよく私たちはとても気に入りました。

チェックインとチェクアウトの時間が下の家具やさんの時間帯となっているので
そこだけは気をつけなければなりません。
そしてチェックインとチェクアウトもその家具やさんで行います。
ホテル用のレセプションはないので家具やさんの店員さんい声をかければ
対応してくれます。
ホテルのサイトはこちら

IMG_0465

ホテルから歩いて約10分くらいでアントワープのシンボル
聖母大聖堂につきました。

聖母大聖堂の前には日本から送られた
フランダースの犬の石碑があります。
日本での人気の高さがわかります。

IMG_0466 IMG_0469

とても立派な大聖堂です。
高さ123メートルだそうです。
今でもアントワープで一番高い建造物です。

中央の祭壇にもルーベンスの絵が飾られています。
「聖母被昇天」

IMG_0468 IMG_0467

さらに左右にルーベンスの絵が飾られています。

左が「キリスト降架」そして右が「キリスト昇架」
この絵の前でネロとパトラッシュが最後を迎えて、
天使に連れられていきます。感動的ですね。
これを観に来れるとはとても幸せです。感謝!

IMG_0474 IMG_0475

聖母大聖堂からすぐにところにマルクト広場があり
ブラボーの像、市庁舎、ギルドハウスなどがあります。

立派な市庁舎とギルドハウスです。
この市庁舎と聖母大聖堂はユネスコの世界遺産に登録されています。

IMG_0476 IMG_0477

マルクト広場からの聖母大聖堂。
どこから見ても立派な大聖堂です。

IMG_0478 IMG_0479

日が落ちてきて、明かりが灯り始めるとまた
雰囲気が変わってきて、違った顔を見せてくれます。
ヨーロッパの街は夜景も是非楽しんでください。

IMG_0482

駅前の大通りの夜の風景です。
アントワープの駅の建物も立派で有名です
是非、見てください。
残念ながら写真がありません。

アントワープで泊まったApartments Coco-Matは本当にお勧めです。

アントワープ

2015年の一月に奥さんのご両親と一緒にベルギーを
レンタカーで回った際に立ち寄ったフランダースの犬で有名な
アントワープで一泊しました。

ここで宿泊したホテルが本当に良かったので紹介したいと思います。

このホテルの名前はApartments Coco-Mat
Booking.comのユーザー評価でも9.2と高得点になっていたので
予約して見ましたが、これが本当に当たりでした。

このApartments Coco-Matは
寝具などを中心に取り扱っている
家具屋さんが経営している宿泊施設で
部屋で使っている家具や寝具はもちろん
この取り扱っているものが使われていました。

部屋のデザインもシンプルでおしゃれに仕上げられており
非常に落ち着くつくりになっていました。

部屋も上の方の階だったので
眺めもよくて非常に満足でした。

さらに部屋はとてもきれいに掃除されており
快適に過ごすことが出来ました。

我々はファミリールームを予約したのですが
かなり広くて、寝具も快適、スタッフの対応もとても親切でよかったです。
全員大満足でした。

一泊しかしなかったのが本当に残念なくらい
快適な滞在でした。

立地はアントワープの中央駅から徒歩5分掛からないと思います
とても便利な場所にあります。

レストランやスパーなど
何でも近くに揃っています。

アントワープのシンボルでフランダースの犬のネロとパトラッシュの
最後の場面に登場する大聖堂までは徒歩で15分くらいです。

すべてにおいて良いホテルでしたが
一つだけ難点なのは受付が少し分かりにくいことですね
本当に家具屋さんなので、それを知らずに行くと
受付にたどり着けないと思います。

Coco-Matという家具屋さんの中に受付がありますので
このホテルに滞在する方は気をつけてください。

本当に快適な滞在をすることができ
うちの奥さんはここの家具をそろえてもいいかなとまで言ってました。

アントワープに再度行くことがあれば必ずここの泊まりたいと思いますし
他の都市にもあるようですので、そちらにも是非泊まってみたいですね。

あなたの旅の参考になれば幸いです。