お薦め!ブリュッセルで美味しいムール貝をいただくならChez Léon(シェ レオン)で間違いなし!


ブリュッセル Chez Léon(シェ レオン)

2016年3月 ブリュッセル。
早朝にパリからThalysでブリュッセルに移動し
ブリュッセルのホテルに荷物を預けてブリュージュ移動
そして、ブリュッセルに戻ってくる。

ちょっと忙しい日であったが充実した一日
そして、その日のディナーに選んでのは
ブリュッセルといえばこのお店というくらい有名な
どのガイドブックにも乗っていると思われる
Chez Léon(シェ レオン)

これまで何度かブリュッセルに来ているが
あえて避けていたお店。今回初トライ
さて、どうだったでしょうか?

もっと早く来ておけばよかった思いました
美味しかったです。

ブリュッセルの観光地からも近いので便利。
お店はブリュッセルのレストラン街にあるので
呼び込みに引っかからないように頑張ってください。


ブリュッセル Chez Léon(シェ レオン)

我々がオーダーしたのはComplete Leonというセットメニュー
ムール貝、小エビのコロッケ、小エビのサラダ、フリッツとビールがセットになったものに
そしてビールを一つ追加します。

まずはビールで乾杯です。
ビールもChez Léon(シェ レオン)オリジナル。
美味しいです。


ブリュッセル Chez Léon(シェ レオン)

小エビのサラダ(Tomato mozzarella)運ばれてきました。
これが美味しいです。ベルギーに来たら是非食べてください。

上に載っているマヨネーズが美味しかった
多分自家製です。


ブリュッセル Chez Léon(シェ レオン)

そして、小エビのクリークコロッケ。(Shrimp croquettes 2 pcs)
これはベルギーにきたら必須です。必ずたべていただきたい。
ちょっと味が濃いですが、ビールにとてもよく合います。

添えてある素揚げしてあるサクサクのパセリがとても香ばしく美味しい。


ブリュッセル Chez Léon(シェ レオン)

そして、本日のメイン。ムール貝の白ワイン蒸。
白ワインベースのソースにムール貝の出汁がよくでて
そして、セロリがいいアクセントになっています。
美味しかったです。

フリッツもサクサクに揚げてあってとて美味しい〜!

ムール貝をフィニッシュした後、少し物足りなかったのでサラダとコロッケを再度オーダーしたのでした。ほんとオススメです。ベルギーに来たらぜひ試してください!

ブリュッセルでムール貝を食べるなら
まずはここがおすすめです。

さすがに長年ブリュッセルで人気店としてやってきてるだけのことはあります
このお店はベルギーだけでなくパリにも数件支店があるようです。

お店のホームページはこちら
お店の場所はこちら。

ブリュッセル ピエールマルコリーニの絶品シャンパントリュフ

先日ブリュッセルに立ち寄った際に
立ち寄ったブリュッセルのピエールマルコリーにのお店。

こちらには2015年の一月に一度来たことがあり
その時に購入したチョコレートがとても美味しかった。
その中でも一番美味しかったのげシャンパントリュフ。
今回これだけを購入して帰ることに。

私はシャンパントリュフが大好物。
これまでいろいろなお店のものを購入して食べてきたが
ピエールマルコリーのシャンパントリュフが
今のところ最高だと思う。世界一と思っている。

口に入れたときのチョコレートの香りと
シャンパンの香りが絶妙に絡まりあって
最高の香りのハーモニーを口のなかで奏でてくれます。

15個入り。

  

今回はお気に入りのシャンパン、
ルイロデレールといただくことに

シャンパントリュフとシャンパンのハーモニー
最高!本当に幸せはひと時。

一緒に同じものを購入してイタリア人は
これを相当気に入ったようで、
次の日にすぐ食べてしまったよう。
次イタリアに帰るときにお母さんに買って帰ると言っていた。

ピエールマルコリーのシャンパントリュフ
是非、ご賞味あれ。絶品です。

お店のホームページはこちら

場所はここ

ブリュッセルで美味しいおすすめのワッフル@メゾンダンドア Maison Dandoy

先日ブリュッセルに立ち寄った時に
以前から行きたいと思っていたワッフルのお店
メゾンダンドア Maison Dandoyで
美味しいワッフルをいただいてきました。

お店の場所は
小便小僧からブランプラスに向かう道沿いにあります。
グランプラスからは本当に数秒のところにあるので
グランプラスに立ち寄ったさいはこちらにも
行ってみてください。

店内の様子。
シャンデリアがあってなかなかいい感じの雰囲気。
お土産用のお菓子も売っています。

ワッフルをオーダーすると
こちらのワッフル焼き器で温めて出してくれます。

私がオーダーしてのはブリュッセルワッフル。
シンプルに砂糖だけ。これが一番お店の味がわかります。
色々のせてしまうと、ワッフル自体の味がわからなくなりますからね。

ブリュッセルワッフルは四角い形の外はさくっくり中はふんわりの
軽いタイプのワッフル。

メゾンダンドア Maison Dandoyのワッフルは
本当にその通りで外はさっくり中はふんわりの
一口食べると口の中にバターのいい香りが広がって
美味しい!

こちらのワッフルおすすめです。
大抵のブリュッセルのガイドブックには載っているので
ここには是非行ってみてください。

私はテイクアウトにしてグランプラスの絶景をみながら
美味しワッフルをいただきました。最高!

以前、ガイドブックに掲載されている別のお店にいってみましたが
そちらはあまりおすすめできないですが、こちらはおすすめです。
是非。

お店のホームページはこちら
場所はここ

ブリュッセル世界遺産の世界一美しい広場グランプラス

先日、立ち寄ったブリュッセル。
あまり時間がなかったのでグランプラスだけ見て帰ってきた。

駐車場に車を止めてそこからグランプラスに向かう際
小便小僧の前で馬車に遭遇。

ヨーロッパの街並みにはこういう風景に合いますね~!

いつ来ても人だかりができている小便小僧。
今日の衣装は赤いジャケット?

小便小僧から歩いてすぐのところに
グランプラスがあります。

  

いつ来ても美しい。

  

ヴィクトル・ユゴーが賛嘆した理由がわかります。
夜に来るとライトアップされているので
こちらもおすすめです。

この日はとても良い天気で本当に気持ちよかった。

ブリュッセルに来たら絶対試してほしい!ピエール・マルコリーニの絶品シャンパントリュフ

今年の1月のことになるのですが、
ベルギーのブリュッセルに行ってきました。

ベルギーといえばチョコレートですよね
ブリュッセルにはたくさんの有名なチョコレート屋さんがあります。

今回の訪問時にはほとんどの有名どころの
チョコレート屋は回ったともいます。

その中でも一番よかったのは
ピエール・マルコリーニでした。

ピエール・マルコリーニとは

Pierre Marcolini:1964年ベルギー生まれ
数々の名店で修業を重ねた後、1994年にショコラティエとして独立。95年にはクープ・デュ・モンド(菓子の世界大会)リヨン大会で優勝し、その後も数々の受賞歴を持つベルギーを代表するショコラティエです。

マルコリーニの最大の特徴はカカオへのこだわりです。通常、ショコラティエは、各チョコレートメーカーから液体状、固形状のチョコレートを仕入れて、自分なりの味付け、香付けなどのオリジナリティーを加えていきます。しかし、マルコリーニはこの型に収まらず、カカオ豆の仕入れルートの開拓、買付け、選別、調合、焙煎や精錬、すべてに至り自分の手で行っています。

という人です。公式サイトより。

ここが何がよかったかというと
お店に入ると、早速新作のチョコレートを試食させくれんです。

一粒、2ユーロくらいするチョコレート
大盤振る舞いです。




そして、ディスプレーの中のチョコレートも
店員さんに言うと結構試食させてくれんですね
これには驚きました。

私は、シャンパントリュフが大好きなので
ピエール・マルコリーニでももちろん購入しました。


写真が無いので、公式ホームページから。

とても美味しかったです。
なんともいえないシャンパンとチョコレートの絶妙のハーモニーです。




アルコール臭さが残ったりするところもあるのですが
ピエール・マルコリーニのものは
すっきりとふわっと消えていきます。

なんとも文章で説明するのは難しいですが
何粒でも食べれてしまう、絶品のシャンパントリュフでした。

是非、ピエール・マルコリーニ体験してみてください。

ピエール・マルコリーニのブリュッセルのお店の場所はこちら

ブリュッセルで滞在したホテルApartmentsApart

ブリュッセル

今年2015年の一月にブリュッセルに行った際に泊まったホテル
ApartmentsApartを紹介したいと思います。

結論から言うと、あまりお勧めできるようなホテルではありませんでした。
大きな理由は、掃除が行き届いていなく、床など様々なところが
ほこりまみれ、髪の毛が落ちていたりととても清潔とはいえないホテルでした。

特にお風呂場に髪の毛が多く落ちていたり
一番驚いたのが、バスマットがまったく洗濯されていなかったのか
毛まみれで、このバスマットで床掃除でもしたのかと思うような状態でした。

ここは名前にもあるようにホテルというより
アパートの一室を貸しているような感じです。

ですから、我々が予約した部屋は
とても広く自宅よりも広かったです。

部屋が本当に広かったので
3歳の息子は部屋で思う存分持っていったおもちゃで遊んでいました。

立地もそこそこ良かったです。
グランプラスまで歩いて10分かからないくらいで
行くことが出来る場所にありながら
夜も静かでゆっくりすごすことが出来ました。

ホテルからグランプラスまでいく間に
小便小僧やワッフルで有名なダンドワもあります。

後、気をつけないといけないのは
受付のある場所と滞在する部屋のある場所は結構離れています。
Booking.comに記載されているアドレスは
受付のある住所です。

我々は車で行っていたので、
受付の場所から滞在する場所までは5分程度でしたが
徒歩で行く場合は結構大変かと思います。
荷物もあるでしょうから、考えたほうが良いと思います。

部屋がもっと清潔に保たれていれば良いところだと思うのですが
やはり、疲れてたどり着いた場所が汚いと
ガッカリしてしまいますね。

我々は二度とここに泊まることはないと思います。
あなたの旅の参考になれば幸いです。