TOEICスコアアップのための名言 シュヴァイツァー

青色の信号を見る人、それは楽観主義者、赤の信号を見る人は悲観主義者、本当に賢い人は色盲です。
シュヴァイツァー

アルベルト・シュヴァイツァー(Albert Schweitzer, 1875年1月14日 – 1965年9月4日)は、ドイツ出身のアルザス人で、ドイツ系の神学者・哲学者・医者・オルガニスト・音楽学者。

名のAlbertは、ドイツ語の20世紀前半まで規範とされた舞台ドイツ語の発音では「アルベルト」だが(現代のドイツ語の発音では「アルベアト」ないしは「アルバート」)、フランス語では「アルベール」となる。姓のSchweitzerは、「シュヴァイツェル」「シュバイツァー」とも表記される。

ジャン=ポール・サルトルは伯父シャルル(1844年 – 1935年)の孫(いとこにあたるアン・マリ-の息子)にあたる。ルノーの前代表取締役のルイ・シュヴァイツァー(Louis Schweitzer)はいとこの孫に当たる。また、弟パウル・シュヴァイツァーは指揮者シャルル・ミュンシュの姉エマと結婚した。

TOEICスコアアップのための英語の名言 チャック・パラニューク

“We all die. The goal isn’t to live forever, the goal is to create something that will.”

— Chuck Palahniuk, Author

「死は必ず訪れる。我々が目指すべきことは永遠に生きることではなく、永遠に残るものを作り上げることなんだ。」
チャック・パラニューク 作家

チャック・パラニューク(Chuck Palahniuk, または Charles Michael “Chuck” Palahniuk, 1962年2月21日 – )は、アメリカの小説家。映画化もされた『ファイト・クラブ』がよく知られている。ネット上では彼の熱狂的なファンが多い。オレゴン大学でジャーナリズムを専攻。現在オレゴン州ポートランド在住。また、ブレット・イーストン・エリス、アーヴィン・ウェルシュ、ダグラス・クープランドといった、同じ1960年代前半生まれ、同じ傾向の小説家たちとともに、ジェネレーションXの代表的な作家としても見られている。

TOEICスコアアップのための名言 大橋巨泉

仕事がうまくいかなくなると、充電と称してアメリカへ行ったりするタレントがいるだろう。馬鹿なんだよね。だって、よく考えてごらん。電気カミソリの電気が切れてから充電しても間に合わないんだよね。
大橋巨泉

大橋 巨泉(おおはし きょせん、1934年3月22日 – )は、日本のタレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)、放送作家、エッセイスト、評論家(競馬評論家、音楽評論家、時事評論家)、馬主、元政治家(参議院議員)、実業家・芸能プロモーター(オーケープロダクション=旧:大橋巨泉事務所創業者・元取締役会長兼エグゼグティブタレント、オーケーギフトショップグループ取締役社長)。オーケーエンタープライズ所属。

本名:大橋 克巳(おおはし かつみ)。芸名の「巨泉」は元々は自身の俳号である。多くの芸能人や関係者が「巨泉」「巨泉さん」と呼び、「大橋(さん)」と呼ばれることは皆無に近い。MBS・TBS『世界まるごとHOWマッチ』では「巨ちゃん」と呼ばれたことがある。