TOEICスコアアップのための名言 シュヴァイツァー

青色の信号を見る人、それは楽観主義者、赤の信号を見る人は悲観主義者、本当に賢い人は色盲です。
シュヴァイツァー

アルベルト・シュヴァイツァー(Albert Schweitzer, 1875年1月14日 – 1965年9月4日)は、ドイツ出身のアルザス人で、ドイツ系の神学者・哲学者・医者・オルガニスト・音楽学者。

名のAlbertは、ドイツ語の20世紀前半まで規範とされた舞台ドイツ語の発音では「アルベルト」だが(現代のドイツ語の発音では「アルベアト」ないしは「アルバート」)、フランス語では「アルベール」となる。姓のSchweitzerは、「シュヴァイツェル」「シュバイツァー」とも表記される。

ジャン=ポール・サルトルは伯父シャルル(1844年 – 1935年)の孫(いとこにあたるアン・マリ-の息子)にあたる。ルノーの前代表取締役のルイ・シュヴァイツァー(Louis Schweitzer)はいとこの孫に当たる。また、弟パウル・シュヴァイツァーは指揮者シャルル・ミュンシュの姉エマと結婚した。

TOEICスコアアップのための英語の名言 チャック・パラニューク

“We all die. The goal isn’t to live forever, the goal is to create something that will.”

— Chuck Palahniuk, Author

「死は必ず訪れる。我々が目指すべきことは永遠に生きることではなく、永遠に残るものを作り上げることなんだ。」
チャック・パラニューク 作家

チャック・パラニューク(Chuck Palahniuk, または Charles Michael “Chuck” Palahniuk, 1962年2月21日 – )は、アメリカの小説家。映画化もされた『ファイト・クラブ』がよく知られている。ネット上では彼の熱狂的なファンが多い。オレゴン大学でジャーナリズムを専攻。現在オレゴン州ポートランド在住。また、ブレット・イーストン・エリス、アーヴィン・ウェルシュ、ダグラス・クープランドといった、同じ1960年代前半生まれ、同じ傾向の小説家たちとともに、ジェネレーションXの代表的な作家としても見られている。

TOEICスコアアップのための名言 大橋巨泉

仕事がうまくいかなくなると、充電と称してアメリカへ行ったりするタレントがいるだろう。馬鹿なんだよね。だって、よく考えてごらん。電気カミソリの電気が切れてから充電しても間に合わないんだよね。
大橋巨泉

大橋 巨泉(おおはし きょせん、1934年3月22日 – )は、日本のタレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)、放送作家、エッセイスト、評論家(競馬評論家、音楽評論家、時事評論家)、馬主、元政治家(参議院議員)、実業家・芸能プロモーター(オーケープロダクション=旧:大橋巨泉事務所創業者・元取締役会長兼エグゼグティブタレント、オーケーギフトショップグループ取締役社長)。オーケーエンタープライズ所属。

本名:大橋 克巳(おおはし かつみ)。芸名の「巨泉」は元々は自身の俳号である。多くの芸能人や関係者が「巨泉」「巨泉さん」と呼び、「大橋(さん)」と呼ばれることは皆無に近い。MBS・TBS『世界まるごとHOWマッチ』では「巨ちゃん」と呼ばれたことがある。

TOEICスコアアップのための英語の名言 ソクラテス

“Knowing thyself is the height of wisdom.”

— Socrates

「自分自身を知ることが最高の叡智なのです。」
ソクラテス

ソクラテス(希:Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。

ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。

TOEICスコアアップのための名言 イチロー

『今自分にできること。頑張ればできそうなこと。
 そういうことを積み重ねていかないと、
 遠くの大きな目標は近づいてこない』
イチロー

イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 – )は、愛知県西春日井郡豊山町出身のプロ野球選手(外野手)。他表現では「Ichiro」「Ichiro Suzuki」「イチロー・スズキ」など。マイアミ・マーリンズ所属。

NPB・MLBの双方で多数の記録を保持している。MLBのシーズン最多安打記録や10年連続200安打などの記録がある。

夫人は元TBSアナウンサーの福島弓子。代理人は長年トニー・アタナシオが務め、現在はジョン・ボッグス。

日本での愛称は「イチ」「天才バッター」。アメリカでの愛称は「魔法使い(Wizard)」「安打製造機(Hit Machine/Hitting Machine)」など

TOEICスコアアップのための名言 パスカル

人間にとって、苦悩に負けることは恥ではない。快楽に負けることこそ恥である。
パスカル

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 – 1662年8月19日)は、フランスの哲学者、自然哲学者(近代的物理学の先駆)、思想家、数学者、キリスト教神学者である。

早熟の天才で、その才能は多分野に及んだ。ただし、短命であり、三十代で逝去している。死後『パンセ』として出版されることになる遺稿を自身の目標としていた書物にまとめることもかなわなかった。

「人間は考える葦である」などの多数の名文句やパスカルの賭けなどの多数の有名な思弁がある遺稿集『パンセ』は有名である。その他、パスカルの三角形、パスカルの原理、パスカルの定理などの発見で知られる。ポール・ロワヤル学派に属し、ジャンセニスムを代表する著作家の一人でもある。

かつてフランスで発行されていた500フラン紙幣に肖像が使用されていた。

TOEICスコアアップのための英語の名言 マザー・テレサ

“Kind words can be short and easy to speak, but their echoes are truly endless.”

— Mother Teresa, charity worker

「親切でやさしい言葉は短く、簡単ですが、その影響は計り知れないのです。」
マザー・テレサ 

マザー・テレサ(Mother Teresa、本名はアルーマニア語でアグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジ (Agnesa/Antigona Gongea Boiagi)、アルバニア語でアグネス・ゴンジャ・ボヤジュ (Agnesë Gonxhe Bojaxhiu)、1910年8月26日 -1997年9月5日)はカトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者である。

「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は修道名である。カトリック教会の福者。コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラ・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれている(アメリカ名誉市民はわずか7人しかいない)。2003年10月19日、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。

TOEICスコアアップのための英語の名言 ジャクリーン・コクラン

“I might have been born in a hovel, but I am determined to travel with the wind and the stars.”

— Jacqueline Cochran, aviator

「私は貧しい家に生まれたかもしれない、でも風と星とともに旅すると決意したわ。」
ジャクリーン・コクラン パイロット

ジャクリーン・コクラン(Jacqueline Cochran: 旧名 Bessie Lee Pittman, 1906年5月11日 – 1980年8月9日:ジャッキー・コクランとも)はアメリカの女性パイロットのパイオニアである。夫はアメリカの富豪でアトラスコーポレーションのオーナー、フロイド・オドラム。

数々のレースで活躍した他、友人でもあるテストパイロットのチャック・イェーガーに勇気づけられ、1953年5月18日には彼の随伴でカナダ軍のカナディアF-86 セイバーによって652.337 mph (1049.83 km/h) の記録を立て、女性パイロットとして初めて音の壁を破った。コクランは航空母艦に着艦、離艦した最初の女性パイロットでもある。

その年の男女の最優秀パイロットに贈られるハーモン・トロフィーを、5回受賞している。