料理の鉄人の体に優しい絶品中華料理@追立 大阪守口

2015年12月ドイツから日本への一時帰国。
その時に立ち寄った大阪守口にある中華料理の名店追立。

こちらのオーナーの奥さんとはあるきっかけで知り合い
時々メールのやり取りや近くに伺った際に
お店によらさせていただいている。

ここの中華料理は化学調味料を一切使わず
旬の野菜から下味をとり、食材の持ち味を生かすこと。
安心していただくことができます。

中華料理は脂っこいイメージがありますが
ここのお料理はすべてがあっさりしていて
食べ終わった後に胃が重くなりません。

冒頭の写真はスープです。
これもとても美味しかったです。
体に優しいお味。

 

左は奥さんが頼んだチキンと野菜のお料理。
チキンがとてもやわらかくて絶品。

右は私が頼んだ麻婆豆腐。この麻婆豆腐は絶品でした。
そこらのレストランで食べられるものとは一味も二味も違います。

そしてこちらは子供用に頼んだ大学いも。
イモがホクホクでイモからの甘さもあるので
周りの飴はそこまで甘くなく自然な甘さがたもたれて
美味しい大学いも。さすが追立さんです。

最後は杏仁豆腐で〆。
すべて美味しくいただきました。
御馳走様です。また必ず伺います。

今回は残念あがら奥さんにお会いすることはできませんでしたが
追立さんは去年大阪万博後に開業したららぽーとEXPOCITYに
新店舗を開業したそうでそちらで大忙しのようです。

その名も「チャーハンスタジアム追立」
こちらのチャーハンも是非食べてみたいですね。

守口のお店の場所はここ
追立ホームページ

オススメの美味しい回転寿司屋さん「にぎり長次郎」

2015年12月の一時帰国の際に真っ先に思いついたのが「寿司」
寿司と言えば我が家のお気に入りはこちらの回転寿司屋さん
近畿圏でメインに店舗展開している「にぎり長次郎」

ちょっとお値段ははりますが美味しいお寿司がいただけます。
スシローやくら寿司とは一味違うお寿司がいただけます。

冒頭の写真は本マグロ三昧。
赤身、中トロ、大トロの盛り合わせです。
こちらは三人前。
美味しいです。

  

こちらはハマチと北海三昧。

北海三昧はウニ、いくら、ボタンエビの盛り合わせ。
こちらも三人前のものです。

ウニも臭みがなく甘くて美味しいし、いくらはプチプチ、ボタンエビはプリプリ。
もう幸せですね。

そして、こちらはロブスター巻き。
確か期間限定のメニューだったと思います。

 

そして、炙りトロサーモンとホタテ。

炙りサーモンは脂がのっていて美味しかったです。
ホタテはちょっと残念な感じでした、多分冷凍ですね
身がムニュムニュになっていて美味しくなかったです。

 

そしての私のお気に入りはこちらです。
泳がし鯵一匹にぎり。

こちらは注文してから鯵をいけすから取り出して調理してくれるので
新鮮な鯵をいただくことができます。

そして、にぎりがテーブルに届いた時にはまだ
飾りに添えてある頭や尾がピクピク動いているんですね
美味しいですよ。

そして、にぎりを食べ終わった後には
残った骨をカリカリに揚げてせんべいにしてくれます。
こちらもサクサクカリカリで美味しいです。

高級店にはなかなか行けないので、安い回転寿司に行くのを数回我慢して
こちらに来てプチ贅沢する方がいいですね。
やっぱりいいものを食べないと。

大阪を中心に近畿圏には結構店舗があります。
他の地域ではほとんど見かけないかもしれないですね。

にぎり長次郎のホームページ

大阪で本格的なエスプレッソを楽しめるカフェ@大丸4F カフェラ

ドイツに移住してから
日本で飲んでいたコーヒーを飲まなくなった。

その原因はこちらに来てからなぜかイタリア人との付き合いが多い
ドイツ人よりイタリア人との付き合いが多い。なぜかわからないが。。。

そして、彼らはロングコーヒー(日本でいうコーヒー)を飲まない
彼らが飲むのはエスプレッソ。

その結果、私もエスプレッソを飲むようになった
エスプレッソになれるとロングコーヒーを飲もうと思わなくなる。

以前はエスプレッソは濃すぎてあまり好きではなかったが
彼らにいろいろと教わるうちに美味しいエスプレッソを飲むようになると
これがたまらなく美味しく感じるようになった。

2015年の12月に一時帰国した時にも
梅田で知人との待ち合わせ時間までに
1時間半くらい時間が空いてしまったので
エスプレッソを飲めそうなカフェを探したが
なかなか見つからず。

何とか見つけたのがここ
大丸4Fにあるカフェラ。Caffera di Italia

お店にたどりつき、エスプレッソをオーダー。
その時にウェイトレスさんに
「濃いコーヒーで、量が少ないですがよろしいですか?」と聞かれた。
まだ日本にはエスプレッソはそこまで浸透していないなと感じた。

出されたエスプレッソは本格的で
結構泡立ちも良くて美味しかった。
次回帰国した際もまた行きたいな。

イタリア人によると
美味しいエスプレッソとは泡立ちが良くて
砂糖を入れてもその泡のせいで砂糖がエスプレッソの中に
吸い込まれていかないもの、砂糖がしばらく泡の上に残っていないとダメ。
そして芳醇な香り。

私は砂糖をいれて飲まないので、それは確かめられなかったが
この泡なら多分砂糖はエスプレッソの中に吸い込まれていると思うが
日本で本格的なエスプレッソが飲めて良かった。

そして、ここは居心地がとてもよかった
天井がとても高い。

4Fにありますが、4Fから6Fの吹き抜けになっているので
贅沢に4Fから6Fの空間を使っている。
窓も大きくて外の景色が良く見えるので
なかなかの解放感が楽しめます。
お薦めのカフェです。是非。

Caffera di Italiaのホームページ

大阪一番の夜景を楽しめる大人のバーadee@インターコンチネンタル大阪

美味しいお寿司をいただいた後に連れてきていいただいたのは
グランフロント大阪に入っているインターコンチネンタルの20階にあるバー「adee」

すごく雰囲気の良いバーで
この日は金曜の夜だったのでデートのカップルがたくさんいました。

中でも、このバーの特等席は人気のようで
バーの角にあるカップル席
ここから梅田の夜景がすごく綺麗に見えます。

こんなんおしゃれなバーでふたりできてこの席に座って
酒を飲めばテンション上がるに決まっていますね。

この日私がいただいたのはシャンパン クリスタル。
クリスタルは私の憧れのシャンパン。
ルイロデレールが大好きな私がクリスタルに憧れるのは必然。

クリスタルとはシャンパンメソンルイ・ロデレールが
優良年にのみ造るプレステージ・キュヴェ。
セラーにて6年熟成させ、デゴルマンジュで澱を取り除いた後更に8ヶ月安置しておく。

NVのルイ・ロデレールが3年熟成と6ヶ月の安置なので
やはりクリスタルはその点でも手間暇がかけられています。

そして、このシャンパンが生まれたきっかけがさらにプレミア感を高めています。
1876年にロシア皇帝アレクサンドル2世の味覚を満たすために生まれました。
ロデレールの愛好家であった皇帝は毎年、自分専用のメゾン最高キュヴェを造るように依頼してきたのです。
このキュヴェの高貴さを強調するため、出来上がった素晴らしいシャンパーニュを平底のクリスタル・ガラスのボトルに詰めました。
そして生まれた新しいワインは、その透明で輝いたボトル素材からクリスタルと名づけられました。

とっても高貴な味がして、上品で、NVのルイロデレールとは味わいが全く違いました。
やはりぶどうの出来が良かった年のそのぶどうだけで作るので
そのぶどうの味が全面に出ているんでしょうね。
本当に良い経験になりました。美味しかった。また飲みたい。

大阪 肥後橋で絶品お鮨@む田

2015年12月1年半ぶりの日本で
いつもお世話になっているかたとのお食事。

何が食べたいとの質問に「美味しいお魚を」とお願いしたところ
大阪肥後橋にあるお鮨屋さん「む田」さんに連れてきてもらいました。

場所は靭公園のすぐ横にあり
お店は半地下のような感じになっていて
ちょっとわかりにくい隠れ家的な感じのお店。

 

お店の入り口は地上から階段を数段降りたところにあります。
ちょっとわかりにくい作りになっています。

 

まず最初に出てきたのは付きだしの盛り合わせ。
どれも上品なお味で本当においしかったです。
この付き出しだけでもお酒が何杯も飲めますね。

  

そして、次はお待ちかねの魚介類に入っていきます。
ドイツでは魚介類をほとんどいただいていないので
本当に美味しい魚介類に飢えていますから。

まずはエビです。そしてウニをタイで巻いてあるもの。
どちらも新鮮で美味しくないわけがありません。
そしてこのウニとタイがここまでグットマリアージュするとは
素晴らしい。

  

干瓢巻きです。

実は私干瓢巻きが苦ってだったのですが
この干瓢巻きで干瓢巻きのイメージが変わりました。
とても美味しい、絶品干瓢巻き是非食べてみてください。

そして、牛肉の握り。うまし。
ここまでにビールと日本酒を何合か飲んでしまっています。
日本食には日本酒が合いますね。
美味しいからお酒が進む進む。

  

そして、こちらも初めて食べた絶品巻。わさび巻です。
わさびを刻んだものを巻いているんですが
この鼻にツンときたとにかすかに甘みがあるんですね
これがたまらなく美味しい!絶品でした。

そして、このアナゴの握り最高!
私はアナゴが大好きなのですが、これは今までの最高のアナゴの握りです。
絶品!

  

エビの握りとタコの握り。
当然美味しいですね。ゴタゴタ言葉を並べるのアホらしくなります。
多くの人に食べていただきたい。

  

タマゴと甘エビの握り。
タマゴがうまい鮨屋は間違いないとよく言われていますが
このタマゴは絶品でした。

大将の研究の賜物なんですね、
普通の寿司屋のタマゴには絶対に入っていないと思うものが
隠し味で入っています。秘密を大将に教えていただきました。
それが入っているから食感が普通の寿司屋のタマゴとはぜんぜん違います。
是非、味わっていただきたいですね。

  

つぶ貝とトロの刺身。
美味しくないわけがないですね。

もうこの辺りでかなり飲んでしまっています。
結構いいお酒を出していただいたのですが
銘柄を全て忘れてしまっているから困ったものです。

こちらなんだったか忘れてしまっています。

全てが本当においしかったです。
大将の丁寧な仕事ぶりが全て出されたお料理に生かされていて
素材を活かした芸術作品に仕上がっていました。
御馳走様でした。

場所はこのあたり

セントレジスホテル大阪でアフタヌーンティー

2015年12月に1年半ぶりにドイツから日本に一時帰国した際に
実家の母親を連れて、大阪の本町にあるホテルセントレジスホテル大阪に
アフタヌーンティーをいただきに行ってきた。

この日は母親が黒門市場に行きたいということで
午前中は黒門市場に立ちよった。

黒門市場に行くのは私も初めて、驚いたのは
あちらこちらで中国語
中国人の観光客の多さに驚いた。

黒門市場では特に何も購入することなく
タクシーでホテルセントレジスホテル大阪へ

タクシーの運転手さんによると
大阪で一番高いホテルらしい。

ま、我々は泊まるわけではないですけどね。

タクシーからホテルに入るとホテルのスタッフの方が
実家のお泊りの後でスーツケースを持ち歩いていた我々に近寄ってきて
泊まるわけでもないのに、そのスーツケースを預かってくれた。
ここでかなり好印象。本当にありがたい。

そして、身軽になってセントレジスバーのある12階へ
かなり良さげな感じのホテル。

バーの受付の方にアフタヌーンティーをいただきたいと告げると
あいにく満席で、そのあとも予約でいっぱいとのこと
残念。予約しておけばよかった。

仕方なく、同じセントレジスホテル大阪の一階にある
レストラン フレンチビストロ 「ル ドール」
でもアフタヌーンティーをやってるとのことだったので
そちらでいただくことに。

ここのアフタヌーンティーは3段トレーではでてこないので
ちょっと雰囲気的には残念な感じですが、
ケーキなどは美味しかったらしく満足してもらえた。

カプチーノもなかなかのお味。

こちらは私が頼んだストロベリーのミルフィーユ。
これがかなり巨大で驚いた。

非常に食べるの苦労したが
美味しかった。

次回は予約して、セントレジスバーでのアフタヌーンティーをいただこう。