金沢 海鮮三昧!豪快な刺身盛りに肉厚ウナギそして美味しい回転すし!


金沢 海鮮三昧 おすすめ居酒屋 田舎小屋 うなぎ

金沢はみなさんご存じのように
北海道に負けないくらいの海鮮天国です。

日本海側に面しているので
新鮮で美味しい海鮮が水揚げされているので
地元で毎日新鮮な魚介が手に入る
ドイツ生活で魚に飢えている
我々にはうってつけの場所なのです。

 

おすすめ居酒屋 田舎小屋

 
金沢 海鮮三昧 おすすめ居酒屋 田舎小屋 うなぎ

そして、初日に晩御飯に伺ったのは
こちらの田舎小屋

金沢の中心地からは少し離れていますが
地元ではとても有名な居酒屋屋さんだそうで
予約なしでは入れません。

数週間前にドイツから電話で
予約しようとしたのですが
無理でしたが、どうしてもあきらめられなかったので
前日に連絡したら開店直後は比較的席が空いているので
開店直後なら大丈夫ですよと言っていただきました。

店内は日本の典型的な居酒屋のつくり
カウンターのほかに座敷の席があります。
座席は4人掛けが全部で12テーブルほどでした。
我々が帰るころにはほぼ満席になっていました。
情報通りの人気店です。


金沢 海鮮三昧 おすすめ居酒屋 田舎小屋 うなぎ

このお通しのエビがもうぷりぷりなのです。
これをいただいた瞬間に人気店だと確信しました。


金沢 海鮮三昧 おすすめ居酒屋 田舎小屋 うなぎ

何かの天ぷらなのですが
忘れてしまいました。。。申し訳ない。


金沢 海鮮三昧 おすすめ居酒屋 田舎小屋 うなぎ

加能ガニ
この卵がプチプチで甘みがあって美味しい
身もほのかに甘みがありとても美味しいのです。
是非、本場で食べてみてください。

 
金沢 海鮮三昧 おすすめ居酒屋 田舎小屋 うなぎ

そして、この刺身盛りが食べたかったのです
それもこれも最高に新鮮で美味しい!
そして、お値段もそれほどしなかったはず
金沢の中心部で同じものを食べると結構なお値段になると思います。
これは是非食べてもらいたいですね。ちょっと足を延ばしていく価値があります。

 

田舎小屋への生き方

我々は滞在していたホテルからタクシーで向かいましたが
バスでも来ることができるようです。

タクシーでは3000円くらいで、30分ほどかかりました。

バスの場合だと
近江市場から41番の千代野ニュータウン行きで
大平寺駅で降りてください。30分くらいバスに乗ります。
または
44番バスで野々市車庫行にのって約30分
西野々市駅下車です。

場所はここ

 

近江市場のウナギはおすすめ

もう一つおすすめしたいのが
観光客の方はほとんど近江市場に行くと思うので
是非、ウナギを食べてください。

近江市場内に多くのウナギ屋さんがあります
どこでもいいのでウナギの串を食べてみてください
肉厚でジューシーなウナギがとても美味しかったので
これはおすすめしたいです。

 

金沢おすすめ回転すし「もりもり寿し金沢駅前店」

さらにお薦めの回転すし
金沢の回転寿司屋さんは北海道に並ぶくらい美味しと言われています。
それは日本海の新鮮な魚介が地元で手に入るから。
金沢にきたら回転すし屋さんにも必ず行ってください。

私がリサーチして、実際に行ったのは
金沢駅前にある「もりもり寿し金沢駅前店」

金沢の駅前にある商業施設
金沢フォーラスの飲食店が集まる階にあります。

ここは金沢の駅前にあってとても便利で
口コミや評判もいいので安心していただくことができます。

実際、お寿司のネタは新鮮で
美味しく、お値段もそこそこで
本格的なお寿司をいただくことができました。

難点は人気店なので、混むこと

我々は開店直後にお店に向かいましたが
もうすでに何組か並んでいました。

我々は30分程度の待ち時間で
席を確保できましたが
我々がお店を出る頃には
2時間待ちになっていました。

是非開店直後に行ってください。

場所はここ

是非、楽しい旅行を!



金沢 ついに実現!ずっと行って見たかった日本三名園の一つ兼六園 本当に名園だった!


金澤 兼六園 旅行記

2016年の年末に帰国した際に行った
日本三名園の一つ金澤の兼六園
ちなみに他の2つは水戸の偕楽園、岡山の後楽園

兼六園といえば灯篭の写真が有名ですが
確かにこの灯篭の景色を見たときは感動しましたが
特に素晴らしいの雪吊り

金沢の街のあちらこちらに
丁寧に雪吊りが施してありますが
兼六園のものはその頂点ではないでしょうか。

我々は雪景色の兼六園を見たかったのですが
あいにく、良い天気に恵まれて
雪景色は見れなかったですが
とても良い旅行になりました。

兼六園 入り口


金澤 兼六園 旅行記

兼六園までの行きかた

我々が滞在していたホテル
ホテルリソルトリニティ金沢からは
徒歩で10分程度で兼六園まで到着。

金沢城の敷地を通りぬけて
兼六園まで行く事が出来るので
お薦めです。

 

金沢おすすめホテル

ホテルリソルトリニティ金沢は
近江町市場のすぐ目の前で
コンビニやレストランもすぐ近くにあって
とても便利。お部屋もきれいで
とても快適な滞在でした。おすすめです。

予約は楽天トラベルからしました。
ホテルの予約は楽天トラベルからがお得で便利です。

ホテルリソルトリニティ金沢の場所:


金澤 兼六園 旅行記

兼六園の入り口の目の前からみた
金沢城の景色です。

ヨーロッパで色々なお城を見てきましたが
日本のお城もいいですね~
心が落ち着きます。

兼六園入園


金澤 兼六園 旅行記

それでは兼六園に入りましょう。
大人310円です。
クレジットカードや電子マネーもかなり使えます。

この苔の具合いい感じですね~
自然と人間の共同作業ですね。

雪吊り

 
金澤 兼六園 旅行記

これが有名な灯篭の景色ですが
天気が良すぎて、逆光で灯篭が良く見えてないですね
ちょっと残念。

この景色を見るためにここに来たので
感動です!

 
金澤 兼六園 旅行記

兼六園の敷地は結構広くて
歩いてすべて回るのに30分程度は必要でした。

それぞれの場所で写真を撮ったりしながら
ゆっくり回ると、ゆうに1時間くらいは必要だと思います。

 
金澤 兼六園 旅行記

せっかくなので、園内の隅々見ていってください
有名な灯篭はもちろんですが
それ以外にも見どころがたくさんある
日本が世界に誇れる素晴らしい庭園であることは間違いないです。


金澤 兼六園 旅行記

まだ、金沢は外国人観光客が少ないように感じました
金沢に来る前に行った北海道がもうほとんど
韓国人と中国人ばかりだったので
そう感じたのかもしれませんが

日本人の若いカップルの方々が
多かったのが印象に残っています。

 
金澤 兼六園 旅行記

私はこの雪吊りの素晴らしさが印象に残っています
この目の前の池の水面に映る雪吊り
素晴らしい景色です。

金沢での移動

我々は兼六園を後にした後
金沢の別の観光地にももちろんいきました
その時に利用した北鉄バス1日フリー乗車券が
とても便利でした。

主要な観光地を周遊しているバスで
ガイドブックなどに乗っている
場所に便利に行く事ができます。

主要観光地を周遊している
「城下まち金沢周遊バス」と「兼六園シャトル」に乗車できて
金沢市内中心部の指定エリア内の路線バスにも乗車できるので
効率よく金沢市内を観光することができます。

場所はここ



金沢は美味しいスイーツの宝庫!東山ひがし茶屋街 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

東山ひがし茶屋街 茶房一笑


金沢 おすすめスイーツ 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

加賀棒茶

金沢に来たら是非飲んでいただきたいのが
こちらの茶房一笑で提供されている加賀棒茶

加賀棒茶とは

加賀・金沢で普段のお茶といえば番茶(ほうじ茶)。
それはとくに茎を焙じあげた棒茶を意味しています。
茎の芯まで火を通すにはかなりの火力が必要となるため、表面が黒く焦げ、その焦げ香によって画一的な味になってしまうのが、一般的なほうじ茶でした。

弊社の「加賀棒茶」は、新茶である一番茶の茎の旨味を損なうことのないように、浅く焙じたもの。
そのおいしさは、芳ばしい香りと、すっきりとした飲みやすさにあります。

江戸時代の初期に生まれた加賀茶は、歴史と文化の中で育まれ、今日「加賀棒茶」として生き続けています。

 

献上加賀棒茶

そして、なぜこちら茶房一笑でいただくのがいいかと申しますと
こちらで生産されている献上加賀棒茶が最高級品だからです。

献上加賀棒茶とは

昭和天皇がご宿泊されるホテルから、最高のほうじ茶を納入してほしいとの依頼を受け、途方にくれながらも、納得のいく茎をさがしもとめて東奔西走し、たどり着いたのが鹿児島の一番摘みの良質な茎。そして芳ばしさと力強い味が一番良い状態で出せるように炒りあげる新しい方法の開発、最高の条件で味わっていただくための淹れかたの研究など、言うなればほうじ茶の出発点に戻る探求の末、献上加賀棒茶が誕生したのです。

 

店内

店内は落ち着いた雰囲気の装い
こじんまりしているのですが
狭く感じることがなく
心地よい空間が創造されています。

この日本風の中庭は風情があっていいですね


金沢 おすすめスイーツ 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

カウンター席は店員さんと真正面で
お茶の説明を受けながらお茶をいただくことができます。

この肌電球風の明かりが
とても優しい光で、優しい気持ちにさせてくれます。

 

お茶


金沢 おすすめスイーツ 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

奥さんと私で別々のお茶を頼んで
飲み比べて見ることにしました。

 
金沢 おすすめスイーツ 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

左の写真が献上加賀棒茶
右が加賀ほうじ茶

どちらもとても美味しいほうじ茶で
香ばしいとても良い香りが漂って来ます。

ですがやはり比べて飲むと
献上加賀棒茶の上品な後味と香ばしさは
やはり、通常の加賀ほうじ茶よりも
私の好みでした。

多分普通の人は比べないとわからないと思います
加賀ほうじ茶でも十分に美味しいです。

 

お菓子


金沢 おすすめスイーツ 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

お茶菓子もとても優しい上品なお味で
ほうじ茶に合うように作られています。

 
金沢 おすすめスイーツ 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

本当に久しぶりに和菓子をいただきました。
上質なほうじ茶とほんのりと甘い和菓子
目でも楽しませてくれる和菓子は
一種の芸術品ですね。

こちらの抹茶ロールももちろん美味しい!
押し付けがましい抹茶の香りではなく
上品な香りが一口食べると口の中に広がります
そして、クリームとの相性も抜群で
絶品の抹茶ロールです。

そして、お店のスタッフの方の対応も
穏やかで柔らかで気持ちよく時間を過ごすことができます。

東山ひがし茶屋街に来たらこちらの茶房一笑で
ぜひ、ゆっくり観光の合間の休憩を楽しんでください。

場所はこちら

金沢 おすすめスイーツ 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

 

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

ル ミュゼ ドゥ アッシュはカリスマパティシエの
辻口博啓氏が地元の金沢にオープンしたケーキ屋さん。

石川県立美術館のロビーの一角にあります。
大きな窓が目の前にある開放的な空間で
辻口博啓氏プロデュースの美味しいスイーツを楽しむことができます。

もちろん、彼プロデュースのお土産なども購入することができます。

さすがに人気パティシエのお店だけあって
人気店で、我々が伺った二時ごろにはもうすでに
行列ができていました。
我々も1時間弱並んだと思います。

我々が食べ終わって帰る頃にも
まだ行列は途切れることなく
常に人が待っている状態でした。


金沢 おすすめスイーツ 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

セラヴィ
ピスタチオの風味とベリーの酸味をホワイトチョコレートムースで包み込んだエレガントさを感じる逸品。

本当に商品の説明通りで、
ホワイトチョコレートとピスタチオの相性が抜群で
そこにベリーの酸味がキリッとしたアクセントになった
3つの要素の絶妙のハーモニーを楽しむことができます。


金沢 おすすめスイーツ 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

サンティエ
金沢産ハチミツのクリームを爽やかなブラッドオレンジのムースで閉じ込めました。

ブラッドオレンジの甘酸っぱさとハチミツの独特の香りが
ムースの中に閉じ込められていて、食べた瞬間に
それらが口の中いっぱいに広がります。


金沢 おすすめスイーツ 茶房一笑 & ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

辻口ロール[ハチミツ]【金沢限定】
能登の卵と能登のミルクをふんだんに使用した素材の味が楽しめるこだわりの逸品。

とてもシンプルなロールなので
素材の良さが光るとても美味しい一品でした。

さすがに日本が世界に誇るパティシエプロデュースのお店だけあって
どのスイーツもとてもレベルが高く美味しかったです。
ここでしかいただけないスイーツもあるので
彼のファンの方は金沢に来たらマストですね。

とても美味しい旅でした。
金沢とてもいいところです
是非、金沢に行かれる際は
これらのお店伺ってみてください。

場所はここ