ワルシャワ観光の休憩にピッタリなエレガントな空間 カフェ ブリストル@Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw

今回紹介するのは私がワルシャワに滞在中にお世話になった
Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw
に併設されているカフェ
カフェ ブリストルです。

Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsawは
ワルシャワの観光にとても便利な首相官邸のすぐ隣で
王宮がある旧市街から徒歩5分くらいのところにあります
ショパンの心臓がおさめてある教会には徒歩3分くらいでくことができる
ワルシャワの観光にはぴったりのロケーションです。

その最高の立地の5つ星ホテルに併設されているカフェの紹介です。

私はワルシャワをたつ日のランチにこのカフェを訪れました。
さすがにワルシャワの最高級の5つ星ホテルに併設されているホテルだけあって
店員さの対応はさすがです。
それだけでも期待が膨らみます。

店内の雰囲気もとても落ち着くエレガントな雰囲気
歴史あるカフェというのが伝わってきます。

このカフェは1901年開業でもう100以上の歴史があるカフェで
ワルシャワの上流階級の人々に愛されていたようです。
とはいうもののカジュアルな雰囲気でとても入りやすいカフェです
ワルシャワの観光中にゆっくり落ち着いた空間で休憩するににぴったり。

まず、私が頂いたのはカプチーノ
このカプチーノはもちろん美味しかがったのですが
このサイドについてるお菓子がとても
上品な味で丁度良い甘さでおいしかったです。

そして、食事に頂いたのが
Niçoise Salad

ツナのたたきがのったサラダで
とてもおいしかったです。おすすめです。

Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw
滞在中にホテルに併設してあるレストランにほとんど伺いましたが
どこも素晴らしくおいしかったです。

そしてデザートに頂いたのは
Tort Bristol タルトブリストル

このカフェブリストルを代表するケーキです。
ここに来たら外せないですね。

もちろんおいしかったです。
ワルシャワに来たら是非頂いてください。

カフェブリストルの場所はここです。

気分転換にポーランドワルシャワの美味しいハンバーガー Beef’N’Roll,

 

ヨーロッパを旅行していると、最近よく見かけるのが
ハンバーガー屋さん。

マクドナルドやバーガーキングなどの
ファーストフード系のハンバーガーではなく
本気のハンバーガー屋さん。

素材にこだわっているので
ハンバーガーにしては高いものですが
美味しいです。

 

今回、ポーランドのワルシャワに滞在中に
どうしてもハンバーガーが食べたくなったしまい
ファーストフードは食べ何ので
どこか良いところがない方探していた時に
見つけたのがこちらのBeef’N’Roll

もう閉店間際だったのですが
快く迎え入れてくれて
私おのオーダーを提供してくれました。

 

こちらがそのハンバーガー。
結構な大きさだったのですが
この写真ではちょっとわからないですね。

挟んであるハンバーグのお肉がジュシーで
肉汁があふれ出てきました。
とても美味しかったす。

難点はパン。
このパンが硬めのパンを使っているので
食べるのがたへんでした。
噛みちぎるのに結構な力が必要で
中のソースやんら何やらが出てきて
食べ終わった頃には大変なことになってしまっていたのです。

そして、ワルシャワでよく見かけたのがこちらの
Bobby Burger

こちらはワルシャワで何件か展開しているようで
結構見かけました。

こちらではハンバーガーは頂いていませんが
人気店のようです。
ヨーロッパでもハンバーガーが
大人気のようです。

カジュアルにさっと食事を済ませたい時には
便利で良いと思います。
せっかく海外まで来てファーストフードだと
味気ないですからね。
ヨーロッパ発のハンバーガーも試してみては如何でしょう?

私が頂いたBeef’N’Rollの場所はこちら

ホテルブリストルワルシャワ 美味しいルームサービス

ワルシャワ滞在中に止まったいてホテル
ホテルブリストルワルシャワ。

この日は朝からクラクフに行って
ワルシャワに帰ってきたのが夜遅くなってしまったので
レストランには行かずにホテルのルームサービスをいただくことに
さてそのお味はどうだったでしょうか?

さすがにワルシャワの最高級ホテルを歌っているだけあって
ルームサービスもとても質の高いものが提供されました。

私はルームサービスがとても好きですね
特に一人で旅行している時や、子供といるときなどは
部屋で落ち着いて食事ができるルームサービスはとても重宝します。

まず、ポーランドを代表する郷土料理のスープ ジュレク
ちょっと酸っぱいスープでしたが美味しくいただけました。
ポーランドに来たら是非いただいてみてください。

そして、次にサラダ
ヨーロッパに来るとどうしても肉料理が中心になってしまうので
意識的に野菜を取っておかないと思い
サラダをいただきました。これも美味しかったです。

そしてワインをボトルでお願いしました。
ホテルのお勧めワインです。

CHEVAL NOIR
さすがにワインバーがホテル内にあるだけあって
とても美味しいワインでした。

クラクフ観光で歩き疲れて、5時間の電車での往復で
結構、この日は疲れたので、自室で食事をした後
そのまま寝てしまえるのはとても贅沢でいいですね〜。
また利用したいです。

ポーランド高速鉄道EIP ワルシャワ-クラクフ搭乗記

 

ワルシャワ滞在中にクラクフを訪問した際に
乗ったポーランド国鉄の高速列車EIP(Express Intercity Premium)のレポートです。

ワルシャワからクラクフまではこの電車で片道約2時間半
片道の値段は1500円くらいでした。
往復で3000円で乗る電車にしてはとても良かったともいます。
乗り心地も悪くなく、快適でした。

予約はポーランド国鉄のホームページから予約しました
早めに予約すれば安くなるようですので
予定が決まったらすぐに予約してしまいましょう。

 

シートはこんな感じでした
ジャケットをかける設備もあり
良かったです。

走行中も結構静かで快適でした。

 

シートピッチは私にはちょうど良かったです。
テーブルも大きめで問題なし。

そして、驚いたことに2等車でも機内サービスがあり
飲み物をタダでいただくことができました。
二等車でこの値段で飲み物まで出るなんて驚きでした。

ドイツのICEではファーストクラスでも何もなかったことを
考えるとポーランド国鉄なかなかやりますね。

ポーランド滞在ちゅにはポーランド国鉄にも
乗ってみてはいかがでしょうか。

ショパン好きは必見!日曜日は無料のショパン博物館@ワルシャワ ポーランド

ワルシャワと言ってすぐに思い浮かぶのがショパンなら
あなたはショパン好きな人ではないでしょうか?

そんなあなたにぴったりなのはショパン博物館
ワルシャワに来たら必ず行ってください。
特に日曜日にワルシャワに滞在している方はとてもラッキーです。
なんと、ショパン博物館は日曜日は入館料無料です。

私も最初は半信半疑だったのですが
実際に日曜日に行ったところ本当に無料でした。

チケット売り場はショパン博物館の入り口の
階段を降りたところにあります。

ここでチケットを購入するうと

このような真っ白のクレジットカードの大きさのカードをくれます
これおを、右の写真の黒いところにかざすと
このカードで館内のハイテク展示物で色々な音声や映像を楽しむことができます。

例えばこちらのような展示物
写真右側の赤く光っているところにカードをかざすと
映像が観れる仕組みになっています。

これも楽しかったですが、
ピアノの楽譜台に楽譜を置くとその曲を演奏してくれる仕組みになっていました。
ショパンの有名な曲が聴けて楽しかったです。

そして、こちらはショパンが生涯で旅行した地を
あなたも一緒に巡れるようになっていました。

ショパンが生まれてから亡くなるまで
どのよな場所でどのよな活動を行ったかを
見ることができます。

これは革命のエチュードの楽譜ですね。
結構綺麗な楽譜を書いていたようですね
さすがショパンですね。

ショパンがよく演奏していた言われている
サロンの風景が再現されています。

ショパンの生の演奏を聴けた人たちは
幸せだったでしょうね。

ショパンが弾いていたピアノだったかな?
忘れてしまいました。

ショパンがなくなった日ですね。
ご冥福をお祈りいたします。

素晴らしい曲を残してくれてありがとう!

ショパン博物館のすぐそばに
ショパン音楽大学があります。

ここで未来の音楽家を目指す若者が学んでいます
世界でも屈指の音大ですから、さぞ優秀な人たちがいることでしょう。

生徒さんの演奏家も開催されているようなので
時間があれば調べて行ってみるのいいでしょうね。

そして、この音大の中にももちろんショパンの銅像がありますので
写真を撮りに行ってください。

ショパン博物館とショパン音楽大学の場所はこの辺り

コンシェルジュオススメのワルシャワイチのレストランでディナー@U Fukiera

  

この日のワルシャワでのディナーは
私が滞在していたホテル
Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsawの
コンシェルジュさんにお願いして予約してもらった
コンシェルジュオススメのレストランU Fukieraです。

このレストランはワルシャワの旧市街の旧市街広場にある
老舗のレストランで、ポーランドの伝統料理をいただくことができます。

入り口にはお花が満開に飾ってあり
メルヘンチックな雰囲気満開のお店です。

ホテルのコンシェルジュからは
入り口にお花が飾ってあるから
すぐわかるよと聞いていたのですが
これほどとは思っていませんでした。

  

お店の中は照明がほとんどなく
たくさんのロウソクで明かりを灯してあり
エレガントな雰囲気を演出しています。

ロウソクの光はやんわりしていて
落ち着きますね。
私は好きです。

  

席にあんないされてからまずはビールとお水をいただきました。
店員さんは老舗のレストランということで
きちんとトレイニングされている印象で
きっちりした対応でした。

ビールの後はワインをいただきます。

  

まずは、スープをいただきました。
ボルシチです。

濃厚で美味しかったです。
老舗の味で、上品なお味。
肉汁の油がいい感じで美味しかったです。

そして、鴨の胸肉をいただきました。
こちらは私が大好きな料理で
フランスに行くと必ずと言って良いほどいただきますが
ワルシャワのこのレストランのものも美味しかったです。

このソースが甘みがあって
鴨お肉によく合いました。

 

お店の雰囲気も店員さんの対応も良くて
良いレストランでした。
ワルシャワを訪れた際にはぜひ。

  

食事の後は、ちょっと夜のワルシャワ旧市街をお散歩。
ライトアップされていたいい感じです。

  

王宮や大統領官邸もライトアップされています。
朝や昼間とはまた違う雰囲気を醸し出しています。
ヨーロッパの街は夜も必見ですね。

そして、私が泊まっていたホテル
Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw
良いホテルです。ワルシャワでのお宿にオススメします。

レストランの場所はこちらです。

3000円以下でオペラ鑑賞できるワルシャワ大劇場はお勧め!旅の記念にどうぞ。

 

ポーランドの首都ワルシャワにも
ヨーロッパの大都市の例にもれず
立派なオペラハウスがあります。

さすがにショパンの生まれた国だけあって
連日連夜、コンサートが様々な場所で開かれています。

そして、このオペラハウスはポーランドでは最高峰
魅力的なプログラムが用意されています。

私がワルシャワに滞在していた時には
ヴェルディの代表作AIDAが上演されていました。

結構、ギリギリにチケットを取ったにしては
かなり良い席が取れたにもかかわらず
なんと、チケット代は3000円以下。
ワルシャワ国立劇場の公式サイトから取りました。
ワルシャワ国立劇場の公式サイト

日本でこの席を取ったら15000円はしてると思われるし
海外の劇団の公演だったら数万円はしていると思われるので
これはとてもお手ごろにオペラが楽しめるのは
本当にありがたいことです。

  

パリのオペラガルニエのようにキラキラした豪華な装飾はないですが
すっきりしていて、なかなか良い雰囲気だと思います。

オペラに来るお客さんたちは
結構着飾ってきているので
こういうところに来ると
テンションが上がりますね。

  

私の席からはオーケストラが見えるくらい
ステージに近い場所でした。

私がチケットを購入した時は
ほとんど売り切れ状態だったので
この席が取れてラッキーだったと思います。

やはりワルシャワでも
AIDAとか有名オペラは人気なんでしょうね
この日は満席でした。

  

休憩時間に劇場内をウロウロしてみました
ところどころに豪華なシャンデリアが飾ってあります。

当然、この劇場にもバーもあるので
軽食などもいたただくことができます。
すごい列ができていたので私は何もいただきませんでした。

ぜひ、ワルシャワに限らずヨーロッパの都市に来たら
本場のクラシック音楽に触れて見てはいかがでしょうか?

日本で見るより格安で見ることができます
特にワルシャワは私がこれまでに行った都市よりも
安く見ることができます。旅の記念にいかがでしょうか?
もっと安い席なら1000円くらいで見ることができます。

普段クラシックには興味はないけど
旅の記念にとと考えているのではあれば
うってつけだと思います。

おしゃれな雰囲気で料理もワインも絶品!ワルシャワでも屈指の品そろえワインバー「ブリストル」でランチ

  

今回紹介するのはワルシャワの最高級ホテル
ホテルブリストル,ラグジュアリーコレクションホテル,ワルシャワにある
ワインバー「ブリストル」

こちらの立地はワルシャワ観光に最高の大統領官邸のすぐ横
世界遺産に登録されている旧市街に徒歩5分くらいです。

そのホテルブリストルに入っている
ワインバー「ブリストル」は休憩や待ち合わせ
ランチなどにとてもオススメです。

ワインバーと名乗るだけあって、
ワインの品そろえはワルシャワでも屈指。

ワインがよく分からない方でも
知識豊富なスタッフに嗜好を伝えれば
それにあったワインを提案してくれます。

エントランスを入るとすぐにワインが入った棚が迎えてくれます
テンション上がりますね。とてもおしゃれな空間です。

  

まず私がいただいたのはシャンパン。
出されたのはDEUTZです。
私の好きなシャンパンです。
良い品揃えですね。期待が高まります。

暖かい季節ではテラス席もあるので
天気の良い日にはそちらでいただくのも悪くないと思います。
とても気持ち良いでしょうね。

 

ワインメニューはこのような感じでした。
どれも美味しそうでしたが、全て制覇するのは無理です。

 

店内にはお花も飾られていて、ゴージャスな雰囲気。
たくさんのワインに囲まれていただくワインは格別です。

 

こちらは、ワインのお供にいただいたお料理。
このゆで卵の中身が絶妙な半熟具合で
最高に美味しかったです。

これは私が訪れた時に季節限定メニューでした
もう今では提供されていないかもしれません。
でも、どのお料理もても美味しいと思います。
ワインに合うお料理が提供されているはずです。

盛り付けもいい感じで、美味しくないわけがないですね。
とても美味しくいただきました。

 

シャンパンの後は赤ワインをいただきました。
Quinta De Chocapalha 2013 の赤です。
ポルトガルのワインです。

スタッフさんのお勧めをいただきました。
美味しいワインでした。

ポルトガルのワインもとても美味しいので
ぜひ、多くの人に味わっていただきたいですね。

 

部屋に戻る前にもう一杯いただきました。
こちらもスタッフさんのお勧め。

Tenuta Rapitala, Nero D`aola 2014
イタリアのシチリアのワインです。

イタリアワインは間違いなく美味しいですね
シチリアの太陽の恵みが感じられる美味しいワインでした。

さすがにワルシャワの最高級ホテルの中に入っている
ワンバーだけ合って、期待を裏切りません。
自信を持ってお勧めできます。

スタッフさんの対応もとてもよく
気持ちよく食事することができました。
お勧めです。

ワルシャワを訪れたさいには是非。

黄色い外観が優美なヴィラヌフ宮殿@ワルシャワ 行き方も

2016年5月@ポーランドワルシャワ。
この日もとても天気が良く観光日和。

今回のポーランド旅行は特に計画を考えてこず
いきあたりばったりでの旅行。
毎日ゆったりと自由気ままに行動して
行きたい時に行きたいところに行く感じで動いていました。

そして、この日はヴィラヌフ宮殿に行くことにしました
朝起きてまずは散歩がてら、ワジェンキ公園まで歩き
ワジェンキ公園を散歩した後、ワジェンキ公園のすぐそばのバス停から
116番か180番のバスに乗ると30分くらいでヴィラヌフ宮殿に到着。
Wilanów行きです。終点なので、最後まで乗っていればいいです。

宮殿からバス停は大きな道を挟んだ向こう側にあります
バス停から5分くらい歩くと冒頭の写真の門が見えてきます。

この門をくぐると黄色い外観の可愛らしい宮殿が現れます。
フランスのベルサイユ宮殿のような迫力はないですが
私はこちらの方が好きですね。

これを立てた人の品の良さが伺えます。

正面の門を入って宮殿の外観を見るだけなら無料ですが
庭と宮殿内に入るには入場料を払わなければなりません。
宮殿内大人20zł、庭園5złです。

私は宮殿内には入らずに、庭だけ鑑賞することにしました。
この庭はこじんまりとしていて、可愛らしく
綺麗な庭でした、5で入れるのはオススメです。
ここまできたら是非庭には入ることをオススメします。

黄色い外観と緑の木の葉がとても良い感じで映えて美しです。
それに合うようにいろいろな花が植えれれており
天気の良い日にここを散歩するととても気持ち良いです。

オススメの時期はやはり暖かくなった頃から夏の間ですね。
この時期に天気の良い日にここにきたらとても気持ち良いでしょう。

ベルサイユ宮殿のようにバカでかくないので
気軽によって、さっと見学して、帰れます。

それに、それほど混んでいいないので
観光もしやすいです。
私は結構気に入ったので、オススメです。
是非、ワルシャワ観光の一部に加えてやってください。

ワルシャワ観光には外せません!ワジェンキ公園 天気がよくてとても気持ちいい〜!

ヨーロッパで最も美しい公園と言われている場所が
ポーランドのワルシャワにある。

それは、ワジェンキ公園。

この公園がそう呼ばれているのは、
公園内に水上に立つ優雅な宮殿があるからです。

ワルシャワに来たら絶対にこちらを訪れて
ゆっくり散歩をすることをお勧めします。
都会の喧騒から離れて本当に贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。

  

こちらは公園内にある彫刻美術館。
目の前の庭にも色々な彫刻が展示してあり
お花も咲いていてとても綺麗でした。
やはり天気がいいよと気持ちいいですね。

  

この彫刻美術館から少し歩くと
この公園の大体中心部あたりにある
水上宮殿が見えてきます。

こちらはワジェンキ宮殿と呼ばれ
王の夏の離宮として建てられたそうです。
水の上に立っていて、涼しげです。

  

この日はとても天気が良くて
この池の周りを歩くととても気持ちよかったです。

ボートに乗って優雅に池の上で過ごすこともできるようでした。
興味がある方は是非どうぞ。

 

遠目から見えても優雅な宮殿です。
現在は美術館として使われているそうです。

 

こちらはPałac Belwederski
こちらもワジェンキ公園の中にあります。
丘の上にあって、緑と白の対比が美しいですね。

  

そして、ポーランドといえばショパンです。
ワジェンキ公園には世界で一番有名なショパンの銅像があります。
これは見逃せません。

そして、そのすぐそばにあるベンチは
ワルシャワの街にいくつか設置されている
ショパンの音楽が流れるベンチ。
ワルシャワに来たらこのベンチも探してみてください。

  

そして、横から。

さらに、ショパンの大きな銅像のすぐ横に
小さくリストの銅像があるのにどれだけの人が気づいているでしょうか?
リストはショパンと同時代の偉大なピアニストで作曲家
二人は演奏スタイルは違っていましたが、互いに尊敬しあっていて
友達でもあったようです。

ブダペストはリストだらけだったので
ワルシャワではしょうがないですね。。。

私はショパンの方が好きなのでいいですかね。

 

そして、この日はショパンの銅像の前でコンサートが
開かれるということで、多くの人が集まってきていました。

夏場の季節の良い時に週末にコンサートが開かれているようです
もちろんショパンの曲ばかり弾いていました。

 

このような感じで、約1時間ほどの無料のコンサートが開かれています。
夏場にワルシャワを訪れたら、ぜひに観に行ってください。
良い思い出になると思います。

私はホテルから歩いて行きましたが
こうえんの前のバス停には旧市街や新市街から出ている
116,180,195などのバスが止まるようですので、
そちらを利用するのが便利でしょう。