オーストリア 恐怖!ギネスに登録されている吊り橋を渡る!Highline179

2017年5月
日本から友人が来てくれたので
お供して色々と旅して来た時に立ち寄った
オーストリアの吊り橋。

国道の頭上に吊り橋が!

ノイシュバンシュタイン城の観光を終えた後に
スイスに向かう際に少しだけオーストリアを横切りのですが
その道を車で走っている時に突如頭上に吊り橋がかかっているではありませんか!

これは立ち寄るしかありません
予定にはなかったのですが
これが旅行の醍醐味!

ギネスに登録されている世界最長の吊り橋Highline179

急遽、国道を降りて車を駐車場に止めて
インフォメーションセンターでチケットを購入
大人8ユーロでした。

チケットセンターから吊り橋のかかっている
山の上まで歩いて登っていかなければなりません
だいたい三十分くらい歩いてでしょうか
すると山のてっぺんにお城が見て来ます
そのお城の目の前から吊り橋がかかっています。

この吊り橋は2014年11月に完成した比較的新しい橋で
チベットスタイルの歩道橋として世界最長の長さを誇り
ギネスブックに認定されています。
ギネスブックのページ

長さは406メートル
高さ114メートル

オーストリアのReutteにあるClaudiaの山とEhrenberg城がる山を結んでいます。

渡り始めるとこれが結構揺れて
足がすくんでしまうのです。

さらに足元はスケスケなので
下が丸見えで恐怖心をより煽ります。

高所恐怖症の方には絶対お勧めしません
私は高いところが好きなのですが
最初はちょっと怖かったです。
まあ、慣れてしまえばどうってことはないのですが
最初は結構怖かったです。

風でも揺れるのですが
人が歩くたびにも揺れるので
多くの人が歩いていると
結構揺れてスリス満点です。
勇気試しどうぞ!

なかなかいい体験になったのはいうまでもありません。

Claudia側に渡るとギネスレコードの証明書が飾ってありました。
吊り橋好きの方はぜひ。

Highline179の場所

車だとフェッセンから国道179号線に乗ってすぐなのですが
公共の交通機関を使ってだとかなり行きにくい場所にあると思います。
公共の交通機関を使ってまでいくほどではないと思いますね
車をお持ちのかたにお勧めします。

場所はここ



ドイツ ノイシュバンシュタイン城での早朝ラン

2017年5月
日本から友人が訪ねてきてくれたので
お供して色々と旅行してきました。

その時に言ったのがノイシュバンシュタイン城
誰もが憧れるドイツの名城ですね。

私が住む街から車で約4時間ほど走った
南ドイツのSchwangauという街にあります。
オーストリアとの国境沿いの町です。

前日にSchwangauまでの道沿いの観光地を回りながら
時間をかけてSchwangauに辿りつきホテルにチェックイン

ノイシュバンシュタイン城観光におすすめホテルHaus Alpenrose

この時滞在したホテルはHaus Alpenroseです。
こじんまりした家族経営のホテルで
清潔してあり、とても良い感じのホテルでした。
ノイシュバンシュタイン城にもとても近いので
観光にはとても便利です。

泊まったホテルの場所

ホーエンシュバンガウ城の景色

 

ホテルから出て目の前の道をお城の方に走っていくとすぐに
目の前にホーエンシュバンガウ城が

早朝のホーエンシュバンガウ城はライトアップしてあり
とても幻想的に姿を見せてくれていました。

これで朝の六時ごろのだったのですが
もうあたりは明るくなってきていて
ライトアップの効果がそれほど見れませんでした。

夜にはきれにライトアップされていたのでしょう。

ノイシュバンシュタイン城の景色

やはりノイシュバンシュタイン城の早朝の景色をみたいですよね
これはホーエンシュバンガウ城の目の前あたりから撮った写真です。

本当は坂を登って行って目の前まで行きたかったのですが
道が凍りついていて、滑って危険だったので
ここからの写真で我慢しました。

5月のGWの期間だったのですが
この辺りはまだまだ雪が残っていて
氷点下になっている状況でした。

それと不運なことにフマフォの電池が切れてしまって
これ以上写真を撮ることができなくなってしまったのです。

これはノイシュバンシュタイン城の目の前に広がる湖
ノイシュバンシュタイン城内の見学ツアーの後に
お城から見えるこの湖の景色は絶景なので
ぜひ楽しんでください。

 

そして、その後行ったノイシュバンシュタイン城
あいにくこの時は正面の門を改装中でした。
これは仕方ないですが、ちょっと残念。

よくこのようなお城を建てたものだと思いますね
当時の王の権力は絶大ですね。

そして、友人がノイシュバンシュタイン城のツアー参加中に食べた
シュパーゲルのクリームスープ
この寒さの中では身体中に染み渡って
暖かくなって本当に美味しかった!

春先にドイツに来られる方は
ぜひシュパーゲルのクリームスープ味わってくだあいね〜!
おすすめです!



ドイツ ノイシュバンシュタイン城に来たら是非行ってほしいレストランSchlossbrauhaus Schwangau

2017年の5月
日本から友人が訪ねてきてくれたので
同行させてもらって、色々と旅行に行ってきました。

その友人がどうしてもドイツで行きたいっと言っていたのが
ノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城近くのおすすめレストラン

今回紹介するはこのドイツの名城のそばにある
おすすめのビール醸造場が経営するレストラン
Schlossbrauhaus Schwangauです。

我々は以前にもここに来たことがあるので
是非友人を連れて行きたかったので
再訪となりました。

このレストランはノイシュバンシュタイン城の
すぐ近くの街Schwangauあるレストランで
天気の良い暖かい日などにテラス席で食事をすれば
ノイシュバンシュタイン城を目の前に食事やビールを
楽しむことができます。

我々が伺った日はまだ雪の降る寒い日だったので
室内でいただくことにしました。

Schlossbrauhaus Schwangau@ノイシュバンシュタイン城

 

brauhausとはドイツ語でビール醸造所のこと
ここでは醸造したての新鮮なビールをいただくことができます。

店内に入るすぐそこにビールカウンターと
醸造ダルが目の前に飛び込んできます。

美味しいビールと美味しい食事をいただくことができる
わくわく感でいっぱいになりますね~!
(現在はお酒は飲んでいませんがこの時はまだ飲んでいました)

そして、驚いたことに
ここにはボーリング場があるのです
ビールや食事をいただきながら
ボーリングを楽しむことができます。

ボーリング場と行っても
フルサイズのボーリングではなく
ミニサイズでした。

子供さんがいるご家庭にはぴったりです
うちの5歳の息子は食べるのもわすれて
大いに楽しんでいました。

ボーリングは人気なようで
予約がなければできない状況だったようです
我々はラッキーでちょうど空き時間に
入ることができました。

Schlossbrauhaus Schwangauのビール

こちらがSchlossbrauhaus Schwangauの自慢のビール
こちらはエールの香りが楽しめるビール

これの他にも色々と種類があるので
是非、全種類楽しんでください
ドイツのビールにかける情熱を感じることができるでしょう。

Schlossbrauhaus Schwangauの食事

 

まずはお野菜をいただきました。
サラダも野菜が新鮮でしゃきしゃきして
とても美味しい。

そして、ドイツと言えばビールの次にジャガイモ
ジャガイモの鉄板焼きです。
差とはカリッと中はふんわりの
美味しいジャガイモ料理
ドイツに来たら是非

 

そして、バイエルン地方の名物
バイスブルスト!白ソーセージ
こちらはブレッツエルいただきます。
文句なしの美味しさ。

こちらはシュバイネハクセイ
このお肉もとても美味しい!

外側の皮の部分はパリパリに焼き上げられていて香ばしっく
中の身はしっとり柔らか

そして、何より楽しんでほしいのは
皮と身の間にある脂身(コラーゲン)部分
ここが甘いがあって美味しいんですね~

バイエルン地方に来たらこの
バイスブルストとシュバイネハクセイは必須です
是非、楽しんでください。

このSchlossbrauhaus Schwangauは本当におすすめです
店員さの感じもとても良くて、ビールも料理も美味しい。

さらに、子供が楽しめる施設もあります。
外のビアガーデン部分には子供用の遊び場もあるので
美しいノイシュヴァンシュタイン城の景色を見ながら
子供たちは遊んで、大人はゆっくり食事を楽しむことができます。
ノイシュヴァンシュタイン城に来た際には是非こちらへ

Schlossbrauhaus Schwangauの場所

場所はここ