【フランス シャンパーニュ旅行記14】何かとおしゃれな空間ヴーヴ・クリコケーブツアー

この日の最初の予定は
ランスにあるヴーヴ・クリコケーブのツアー
ホームページから予約してあるので
ホテルから直接クリコのメゾンに向かいます。

受付は冒頭の写真
クリコカラーのイエローをふんだんに使ったインテリア
入った瞬間からクリコの雰囲気に包まれます。

受付で予約してあることと名前を告げると
待合室で待っておくように言われます。

 

待合室もモエ・エ・シャンドンのゴージャスとは違った
おしゃれで洗練された感じ

やはりこちらでも黄色がよく使われています。

シャンパンの瓶を傘のように仕立てることのできるグッズ。
おしゃれですね。

そうこうしている間にツアー開始の時間が来たので
出発します。

待合室から、道を渡った向かい側に
ケーブに入るための建物があります。

シャンパーニュ地方の地名が書かれた地図。
今回色々回ったつもりですが
まだまだ全然です。絶対にまた来たいですね。

 

それではカーブに入っていきます。
長い階段を下っていくのは
モエの時と同じです。

ユネスコの世界遺産に登録されたことが記載されてある看板

 

階段を下りきったところに
色々の展示物が飾ってあります。

シャンパンの醸造の工程を説明してくれます
これはどこのメゾンでも同じです。

 

シャンパンの醸造の工程の説明の合間に
そのメゾンの歴史を織り交ぜながらツアーは進んでいきます。

 

ちょっと忘れてしまいましたが
これは確かとても貴重なシャンパンが飾ってあったはず
かなり昔のシャンパンがどこかで偶然見つかったとかだったと思います。

 

そして、ツアーの最後に上がる階段には
これまでのビンテージを作った年が書かれています。

私の年がばれてしまいますが
私が生まれた年も良いブドウができてようで
ビンテージが作られたようです。

この階段を上がるとお待ちかねの試飲会場に到着。

 

この試飲会場もクリコクッズと
クリコの雰囲気が満載です。
どれもおしゃれで女性の方にはうってつけですね。

 

イエローラベルの瓶がたくさん並んでいる横に
クリコカラーのサッカーゲームがあります。
おしゃれです。

何かと可愛らしい雰囲気が満載の
クリコの試飲会場。

カーブ見学なしに試飲だけやってくれてたらいいのですが。。。

 

そして、お待ちかねの試飲です。

  

朝からシャンパンが飲めて本当に幸せです。



【フランス シャンパーニュ旅行記13】ランスに来たら是非ここでランチをしてください@Le Jardin

Veuve Clicquotのカーブの見学の後
ツアーのガイドさんに近くのオススメのレストランを聞いたところ
Veuve Clicquotから歩いていくことのできるこちらのレストラン
Le Jardinをオススメしてくれました。

実はこちらのレストラン私も
事前調査で行きたいレストランに入れていたので
Veuve Clicquotのツアーの後、次のTaittingerのツアーまで
ちょうどいい感じに時間が空いていたのでこちらに伺うことにしました。

こちらのレストランはシャトーホテルLes Crayèresないにあるレストランで
このホテルメインダイニングはLe Parcというミシュラン2つ星のレストランで
こちらはそのホテルのBrasserie Le Jardinと呼ばれているので
ま、レストランのもう一つしたのレベルということになりますね。
その分お値段がお手軽になっています。

店内は広々としていて、外の光がたくさん入る
大きな窓があり、暗くもなく明るくもなく
ちょうど良い明るさで、とても雰囲気が良いいい感じです。

さらにこのレストランはホテルLes Crayèresの広大な庭の中にあって
緑に囲まれとても気持ち良い雰囲気の中で食事ができます。
夏場にはテラス席も出されるようで、天気の良い日に
そこで食事ができればとても気持ちいでしょうね。

さて、席にあんなにしていただきました。
テーブルもきちんと整えてあります。
さすが超一流ホテルの中にあるレストランです。

こちらのコースメニューをいただくことにしました。

当然、シャンパンをいただきます。
銘柄を忘れてしまいましたが
美味しいシャンパンでした。

そして、こちらの日本でいう付き出しのこれ
木に葉っぱをイメージしたようにサクサクのクッキーのようなものが刺さっています
これがとても美味しかったです。シャンパンにぴったり。
これとシャンパンだけでも十分なくらいでした。

そして、前菜のサラダが運ばれてきました。
これも文句なしに美味しかったです。

ドレッシングがなんともセンスの良い味つけ
濃すぎず、薄すぎず、抜群でした。

そして、メインの白魚のムニエル
魚の身がホクホクふわふわで
シェフの腕前が素晴らしことがよくわかります。

そして、デザートにはレモンタルトをいただきました。
程よいレモンの酸味とレモンの香りが口の中いっぱいに広がります。
最後まで大満足の食事でした。

このお値段でこれだけのクオリティのお料理をいただければ
大満足です。周りの環境も本当にいいですからね
これだけのクオリティと雰囲気はなかなかないでしょうね。
ここは本当にオススメです。
ランスに来たら是非行ってきただきたいですね。

最後にコーヒーを頂いて終わりにしました。
名残美味しいですが、次の予定があるので
出かけることにします。
次にランスに来たら必ずここには立ち寄りたいと思います。

レストランの前のオブジェが手を振ってくれています。
また、来ます。ごちそうさまでした。

場所はこの辺りです。



【フランス シャンパーニュ旅行記13】ランスにきたら絶対に行ってほしいLes Crayeresのバー La Rotonde

私の旅行中の趣味の一つにその町の最高級ホテルのバーで
くつろぐというものがあります。

そこでこのランスで訪れたのは
ランスでも一二を争う最高級シャトーホテルLes Crayeres
そのホテルに併設されているバーがLa Rotonde
こちらでシャンパンカーブのツアーの合間の時間を過ごすことにしました。

まず入り口の門構えが威厳があります
人を寄せ付けないというか一般市民には入りづらい感じ
ここを勇気を出して入っていきます。

まず建物に入るとレセプションがあります
そこでバーに行きたいと告げると
バーまで案内してくれます。

この日はとても天気が良くて暖かかったので
もちろんテラス席でお願いしますが
内側もとても良い感じでです。
冬場や天気の悪い日はこちらで
ゆっくりするのも悪くないですね。

 

さて、テラス席にあんなにしていただきました。
見てくださいこの解放感!!!

目の前に広大な庭があります
そして、快晴何も言うことはありません。

 

建物の外観も素晴らしいですね。
この空間にこれただけでも最高の気分です。
テンションが上がります。

そして、席にあんなにしてもらいます。
とても落ち着く空間です。とても静か。
小鳥たちのさえずりと他のゲストの会話らいしか聞こえてきません。

 

そして、当然シャンパンをいただきます。
Noble Cuvee De Lanson, Bland de Blancs 2000
ランソンの2000年のビンテージのブランドブランです。

この空間でシャンパンをいただけるだけで
本当にありがたいことです。感謝感謝!!!

そして、こちらのサービスも最高
スタッフの方々の対応が何とも言えない満点です。

シャンパンとともに提供された
このサクサクの食べ物がまた最高に美味しかったです。

  

さらに、気分がとてもよくなったので
ロゼをいただくことにしました。
銘柄を忘れてしまいましたが
美味しいロゼでした。

そして、このプロシュートがまたたまらなく美味しかった
本当に最高のひと時でした。

こういうホテルのバーなどの
ドリンクの値段は一見すると高いかなと思いますが
スタッフの方々のサービスやドリンクと共に提供されるおつまみなどの質が全然違います。
これらを総合的にみるとやっぱり安いと思います。

ここは本当に良かったです
ランスを訪れる機会があれば是非。
とてもおすすめです。