コンシェルジュオススメのワルシャワイチのレストランでディナー@U Fukiera

  

この日のワルシャワでのディナーは
私が滞在していたホテル
Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsawの
コンシェルジュさんにお願いして予約してもらった
コンシェルジュオススメのレストランU Fukieraです。

このレストランはワルシャワの旧市街の旧市街広場にある
老舗のレストランで、ポーランドの伝統料理をいただくことができます。

入り口にはお花が満開に飾ってあり
メルヘンチックな雰囲気満開のお店です。

ホテルのコンシェルジュからは
入り口にお花が飾ってあるから
すぐわかるよと聞いていたのですが
これほどとは思っていませんでした。

  

お店の中は照明がほとんどなく
たくさんのロウソクで明かりを灯してあり
エレガントな雰囲気を演出しています。

ロウソクの光はやんわりしていて
落ち着きますね。
私は好きです。

  

席にあんないされてからまずはビールとお水をいただきました。
店員さんは老舗のレストランということで
きちんとトレイニングされている印象で
きっちりした対応でした。

ビールの後はワインをいただきます。

  

まずは、スープをいただきました。
ボルシチです。

濃厚で美味しかったです。
老舗の味で、上品なお味。
肉汁の油がいい感じで美味しかったです。

そして、鴨の胸肉をいただきました。
こちらは私が大好きな料理で
フランスに行くと必ずと言って良いほどいただきますが
ワルシャワのこのレストランのものも美味しかったです。

このソースが甘みがあって
鴨お肉によく合いました。

 

お店の雰囲気も店員さんの対応も良くて
良いレストランでした。
ワルシャワを訪れた際にはぜひ。

  

食事の後は、ちょっと夜のワルシャワ旧市街をお散歩。
ライトアップされていたいい感じです。

  

王宮や大統領官邸もライトアップされています。
朝や昼間とはまた違う雰囲気を醸し出しています。
ヨーロッパの街は夜も必見ですね。

そして、私が泊まっていたホテル
Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw
良いホテルです。ワルシャワでのお宿にオススメします。

レストランの場所はこちらです。

3000円以下でオペラ鑑賞できるワルシャワ大劇場はお勧め!旅の記念にどうぞ。

 

ポーランドの首都ワルシャワにも
ヨーロッパの大都市の例にもれず
立派なオペラハウスがあります。

さすがにショパンの生まれた国だけあって
連日連夜、コンサートが様々な場所で開かれています。

そして、このオペラハウスはポーランドでは最高峰
魅力的なプログラムが用意されています。

私がワルシャワに滞在していた時には
ヴェルディの代表作AIDAが上演されていました。

結構、ギリギリにチケットを取ったにしては
かなり良い席が取れたにもかかわらず
なんと、チケット代は3000円以下。
ワルシャワ国立劇場の公式サイトから取りました。
ワルシャワ国立劇場の公式サイト

日本でこの席を取ったら15000円はしてると思われるし
海外の劇団の公演だったら数万円はしていると思われるので
これはとてもお手ごろにオペラが楽しめるのは
本当にありがたいことです。

  

パリのオペラガルニエのようにキラキラした豪華な装飾はないですが
すっきりしていて、なかなか良い雰囲気だと思います。

オペラに来るお客さんたちは
結構着飾ってきているので
こういうところに来ると
テンションが上がりますね。

  

私の席からはオーケストラが見えるくらい
ステージに近い場所でした。

私がチケットを購入した時は
ほとんど売り切れ状態だったので
この席が取れてラッキーだったと思います。

やはりワルシャワでも
AIDAとか有名オペラは人気なんでしょうね
この日は満席でした。

  

休憩時間に劇場内をウロウロしてみました
ところどころに豪華なシャンデリアが飾ってあります。

当然、この劇場にもバーもあるので
軽食などもいたただくことができます。
すごい列ができていたので私は何もいただきませんでした。

ぜひ、ワルシャワに限らずヨーロッパの都市に来たら
本場のクラシック音楽に触れて見てはいかがでしょうか?

日本で見るより格安で見ることができます
特にワルシャワは私がこれまでに行った都市よりも
安く見ることができます。旅の記念にいかがでしょうか?
もっと安い席なら1000円くらいで見ることができます。

普段クラシックには興味はないけど
旅の記念にとと考えているのではあれば
うってつけだと思います。

おしゃれな雰囲気で料理もワインも絶品!ワルシャワでも屈指の品そろえワインバー「ブリストル」でランチ

  

今回紹介するのはワルシャワの最高級ホテル
ホテルブリストル,ラグジュアリーコレクションホテル,ワルシャワにある
ワインバー「ブリストル」

こちらの立地はワルシャワ観光に最高の大統領官邸のすぐ横
世界遺産に登録されている旧市街に徒歩5分くらいです。

そのホテルブリストルに入っている
ワインバー「ブリストル」は休憩や待ち合わせ
ランチなどにとてもオススメです。

ワインバーと名乗るだけあって、
ワインの品そろえはワルシャワでも屈指。

ワインがよく分からない方でも
知識豊富なスタッフに嗜好を伝えれば
それにあったワインを提案してくれます。

エントランスを入るとすぐにワインが入った棚が迎えてくれます
テンション上がりますね。とてもおしゃれな空間です。

  

まず私がいただいたのはシャンパン。
出されたのはDEUTZです。
私の好きなシャンパンです。
良い品揃えですね。期待が高まります。

暖かい季節ではテラス席もあるので
天気の良い日にはそちらでいただくのも悪くないと思います。
とても気持ち良いでしょうね。

 

ワインメニューはこのような感じでした。
どれも美味しそうでしたが、全て制覇するのは無理です。

 

店内にはお花も飾られていて、ゴージャスな雰囲気。
たくさんのワインに囲まれていただくワインは格別です。

 

こちらは、ワインのお供にいただいたお料理。
このゆで卵の中身が絶妙な半熟具合で
最高に美味しかったです。

これは私が訪れた時に季節限定メニューでした
もう今では提供されていないかもしれません。
でも、どのお料理もても美味しいと思います。
ワインに合うお料理が提供されているはずです。

盛り付けもいい感じで、美味しくないわけがないですね。
とても美味しくいただきました。

 

シャンパンの後は赤ワインをいただきました。
Quinta De Chocapalha 2013 の赤です。
ポルトガルのワインです。

スタッフさんのお勧めをいただきました。
美味しいワインでした。

ポルトガルのワインもとても美味しいので
ぜひ、多くの人に味わっていただきたいですね。

 

部屋に戻る前にもう一杯いただきました。
こちらもスタッフさんのお勧め。

Tenuta Rapitala, Nero D`aola 2014
イタリアのシチリアのワインです。

イタリアワインは間違いなく美味しいですね
シチリアの太陽の恵みが感じられる美味しいワインでした。

さすがにワルシャワの最高級ホテルの中に入っている
ワンバーだけ合って、期待を裏切りません。
自信を持ってお勧めできます。

スタッフさんの対応もとてもよく
気持ちよく食事することができました。
お勧めです。

ワルシャワを訪れたさいには是非。

黄色い外観が優美なヴィラヌフ宮殿@ワルシャワ 行き方も

2016年5月@ポーランドワルシャワ。
この日もとても天気が良く観光日和。

今回のポーランド旅行は特に計画を考えてこず
いきあたりばったりでの旅行。
毎日ゆったりと自由気ままに行動して
行きたい時に行きたいところに行く感じで動いていました。

そして、この日はヴィラヌフ宮殿に行くことにしました
朝起きてまずは散歩がてら、ワジェンキ公園まで歩き
ワジェンキ公園を散歩した後、ワジェンキ公園のすぐそばのバス停から
116番か180番のバスに乗ると30分くらいでヴィラヌフ宮殿に到着。
Wilanów行きです。終点なので、最後まで乗っていればいいです。

宮殿からバス停は大きな道を挟んだ向こう側にあります
バス停から5分くらい歩くと冒頭の写真の門が見えてきます。

この門をくぐると黄色い外観の可愛らしい宮殿が現れます。
フランスのベルサイユ宮殿のような迫力はないですが
私はこちらの方が好きですね。

これを立てた人の品の良さが伺えます。

正面の門を入って宮殿の外観を見るだけなら無料ですが
庭と宮殿内に入るには入場料を払わなければなりません。
宮殿内大人20zł、庭園5złです。

私は宮殿内には入らずに、庭だけ鑑賞することにしました。
この庭はこじんまりとしていて、可愛らしく
綺麗な庭でした、5で入れるのはオススメです。
ここまできたら是非庭には入ることをオススメします。

黄色い外観と緑の木の葉がとても良い感じで映えて美しです。
それに合うようにいろいろな花が植えれれており
天気の良い日にここを散歩するととても気持ち良いです。

オススメの時期はやはり暖かくなった頃から夏の間ですね。
この時期に天気の良い日にここにきたらとても気持ち良いでしょう。

ベルサイユ宮殿のようにバカでかくないので
気軽によって、さっと見学して、帰れます。

それに、それほど混んでいいないので
観光もしやすいです。
私は結構気に入ったので、オススメです。
是非、ワルシャワ観光の一部に加えてやってください。

ワルシャワ観光には外せません!ワジェンキ公園 天気がよくてとても気持ちいい〜!

ヨーロッパで最も美しい公園と言われている場所が
ポーランドのワルシャワにある。

それは、ワジェンキ公園。

この公園がそう呼ばれているのは、
公園内に水上に立つ優雅な宮殿があるからです。

ワルシャワに来たら絶対にこちらを訪れて
ゆっくり散歩をすることをお勧めします。
都会の喧騒から離れて本当に贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。

  

こちらは公園内にある彫刻美術館。
目の前の庭にも色々な彫刻が展示してあり
お花も咲いていてとても綺麗でした。
やはり天気がいいよと気持ちいいですね。

  

この彫刻美術館から少し歩くと
この公園の大体中心部あたりにある
水上宮殿が見えてきます。

こちらはワジェンキ宮殿と呼ばれ
王の夏の離宮として建てられたそうです。
水の上に立っていて、涼しげです。

  

この日はとても天気が良くて
この池の周りを歩くととても気持ちよかったです。

ボートに乗って優雅に池の上で過ごすこともできるようでした。
興味がある方は是非どうぞ。

 

遠目から見えても優雅な宮殿です。
現在は美術館として使われているそうです。

 

こちらはPałac Belwederski
こちらもワジェンキ公園の中にあります。
丘の上にあって、緑と白の対比が美しいですね。

  

そして、ポーランドといえばショパンです。
ワジェンキ公園には世界で一番有名なショパンの銅像があります。
これは見逃せません。

そして、そのすぐそばにあるベンチは
ワルシャワの街にいくつか設置されている
ショパンの音楽が流れるベンチ。
ワルシャワに来たらこのベンチも探してみてください。

  

そして、横から。

さらに、ショパンの大きな銅像のすぐ横に
小さくリストの銅像があるのにどれだけの人が気づいているでしょうか?
リストはショパンと同時代の偉大なピアニストで作曲家
二人は演奏スタイルは違っていましたが、互いに尊敬しあっていて
友達でもあったようです。

ブダペストはリストだらけだったので
ワルシャワではしょうがないですね。。。

私はショパンの方が好きなのでいいですかね。

 

そして、この日はショパンの銅像の前でコンサートが
開かれるということで、多くの人が集まってきていました。

夏場の季節の良い時に週末にコンサートが開かれているようです
もちろんショパンの曲ばかり弾いていました。

 

このような感じで、約1時間ほどの無料のコンサートが開かれています。
夏場にワルシャワを訪れたら、ぜひに観に行ってください。
良い思い出になると思います。

私はホテルから歩いて行きましたが
こうえんの前のバス停には旧市街や新市街から出ている
116,180,195などのバスが止まるようですので、
そちらを利用するのが便利でしょう。

世界のパン屋巡り@ワルシャワ!クロワッサンが絶品の可愛らしいカフェ Vincent Cafe

今回紹介するのはワルシャワに数店舗お店を構えている
Vincent Cafe

地元のお客さんにも愛されているようで
昼間には多くの人で賑わっていました。

私が伺ったのはレストランやお店が両脇に立ち並ぶ
ワルシャワの目貫通り、ノビ・シフィアト(Nowy Swiat)
にある支店。

ショパン博物館からも近いので、観光の途中に便利ですよ。

この時はまだ暖かかったのでテラス席も用意されていて
天気の良い日はこの席でお茶や軽食をいただいたら
とても気持ち良いと思います。

店内はこじんまりとしていた、ちょっと窮屈ですが
店員さんとの距離が近いので、注文がしやすくて
よかったです。

美味しそうなパンやケーキなどがたくさん
並べられていて、どれにしようか迷ってしまいます。

私が頼んだのは、いつもの決まりの
クロワッサンとカプチーノ。

ここのクロワッサンはかなりいけている方でした
側はサクサクで中はしっとりふわふわ
このレベルのクロワッサンはフランスでもなかなか出会えません。
そして、ポーランドは物価が安いのでかなりお手頃でした。

多分、他のパンやケーキなども美味しいのだと思います。
この手のカフェが近くにあれば便利でいいですね。

テーブルにチューリップが飾ってあって、
店員さんの対応もとてもよく、いい感じのカフェでした。

ワルシャワを訪れる際には是非
朝食や休憩などに利用してみてください。

場所はこのあたりでした。

早朝ラン@ワルシャワ!ワルシャワ早朝ランニング 旅行中の運動不足解消方法

 

旅行中に特に出張などの場合はどうしても運動不足になってしまいます。
観光で歩くといっても、旅行の楽しみの一つにその土地の美味しいものをいただくというのもあるので
なんだかんだで色々と食べてしまって、食べ過ぎ状態におちってしまいます。

ですから私は旅行中でも朝早くに起きてランニングするようにしています。
朝ランニングすることで良いことはというと
有名な観光地でも朝はほとんど誰もいないので
結構良い写真を撮ることができます。

そして、昼間に観光する場所への道も下調べすることもできます。

ですから私はiPhoneを持って走りに行くことにしています。
1つは写真を撮るため
もう一つは道に迷った時のためです。

さて今回はポーランドのワルシャワでの早朝ランニングの様子を
お伝えいたします。

冒頭の写真は王宮広場です。
ここも昼間や夜は多くの人たちでいっぱいですが
やはり朝はこのように誰もいません。
独り占めすることができます。

  

もう一枚王宮広場の写真と旧市街広場に人魚像。
この広場も昼間や夜にはレストランのテラス席や観光客で
多くの人たちで賑わいますが、朝だと写真取り放題です。

 

旧市街は昔城壁で囲まれていたのでしょうね
このように城壁がところどころ残っています。

夜はライトアップされて、綺麗でした。

 

そして、こちらはワルシャワのランドマーク的存在で
異様な威圧感を放っている文化科学宮殿。

 

この教会は多分日本のガイドブックには掲載されていなと思います
中心地から結構郊外の方に行ったとこにあった教会。

  

それから、ワジェンキ公園の方にも行きました。
ここには有名なショパンの銅像があります。

ワルシャワを訪れた観光客のほとんどが必ずここに立ち寄ると思います。
ショパンの銅像を撮ったのですが逆光すぎてまったくわかりません。

ちょっと横からも撮ってみましょうか
それでもダメですね。

そして、この有名なショパンの銅像のすぐ近くに
同時代を生きた同じくピアニストで作曲家のリストの銅像もあります
ぜひ、探してみてください。
ほぼ誰も気に留めていなさそうで、寂しそうでした
鳥の糞もたくさんかかっていて。。。。

 

もう少し、横からも撮ってみました、
今回はなんとかわかりますね。

そして、パダレフスキーさんの銅像。
ピアニストで作曲、そしてポーランドの首相も務めた方です。

そして、ワジェンキ公園の中には宮殿があります。
ワジェンキ宮殿。

水の上に立っている宮殿で優雅で綺麗です。
その前には孔雀が散歩していました。

宮殿と孔雀、とっても絵になりました。

このワジェンキ公園は広くて綺麗で
昼間に散歩してもともて気持ちよかったです。
ぜひ、訪れてください。

シャンパンが健康に良いらしい!その7つの理由

img_4205.jpg

私はシャンパンが大好きで、
これまでに2度フランスのシャンパーニュ地方のランスを訪れて
いろいろなメゾンを訪ねて試飲も行ってきました。

シャンパングラスに入ったシャンパンゴールドの液体に
泡が立ち上る姿を見るだけでゴージャスな雰囲気になりますよね。

そんなシャンパンですが一応お酒なので
いつも飲みすぎないようには気をつけています。

そこで、海外のサイトで私にとてってはとても良い記事を見つけたので
シェアします。

シャンパンが健康に良い理由1、空間記憶量力の向上

空間記憶能力とはあなたの周りの空間を認識する能力で、
複雑な計算や業務をこなすことができる能力です。

ある大学のリサーチ結果ではシャンパンを飲んだ後に
この能力が向上したとの結果が出ています。

この結果が出だすのは40代になってからのようで
毎週2−3杯のシャンパンを飲むのが良いようです。

シャンパンが健康に良い理由2、カロリーが少ない

赤白ワインの1杯のカロリーは約120カロリー
それに対してシャンパン1杯のカロリーは約80カロリー
ダイエットを気にされている方はシャンパンの方がいいですね。

シャンパンが健康に良い理由3、サーブされる量が少ない

シャンパンは1杯の量が少ないので、飲む量やカロリーなどを気にされているのであれば
シャンパンを選ぶのが良い選択といえるでしょう。

シャンパンが健康に良い理由4、泡の力

シャンパンのように泡が入っている飲み物の場合
飲むスピードが遅くなるため、がぶ飲みを防止できます。
そのため、程よい量を維持することができるでしょう。

シャンパンが健康に良い理由5、心臓病の予防に役立つ

シャンパンも赤ワインと同じようにポリフェノールとスベラトロールが含まれています
それは、シャンパンも赤ぶどうから造られているからです。

これらの物質は抗酸化作用が強く、悪玉コレステロールや血管の損傷を防ぎ
血液の循環を良くしてくれます。

シャンパンが健康に良い理由6、短期記憶能力の向上

3年かのリサーチの結果で、シャンパンを飲み続けた(適量を)被験者で
200%の短期記憶能力の向上が認められたそうです。

シャンパンが健康に良い理由7、フラボノイドの効果

フラボノイドとはポリフェノールの一種で、若さを保つ効果がるといわれています。
このフラボノイドがシャンパンには豊富に含まれています。

残念がら赤ワインに含まれている量にはかないませんが、
シャンパンにも豊富に含まれています。

シャンパンいいちごを一つ入れてみては如何でしょう?
見た目も美しく、これでフラボノイドの量も多くなります。
これらのベリーにはフラボノイドが豊富に含まれています。

赤ワインいいちごは入れられませんからね。

シャンパンを楽しみましょう!かんぱーい!

ワルシャワのお勧めレストラン!ワルシャワで美味しいディナーをいただく@マルコリーニ Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw

ワルシャワで雰囲気が良くて美味しいディナーをいただけるレストランをお探しなら
迷わずこちらをお勧めします。

レストランマルコリーニ@Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw
SPG系列のa Luxury Collection Hotelに加盟しているホテルで
ワルシャワの最高級ホテルでもあるHotel Bristolないにあるレストラン。

 

場所は旧市街の王宮からすぐの場所で
大統領官邸のとなりと、とても便利な場所にあります。

 

店内は落ち着いた雰囲気で、
ワルシャワでの観光の最高のひと時を演出してくれでしょう。

さすがにワルシャワ最高のホテルを自認しているだけあって
スタッフの方々の対応はさすがです。
ぜひ、ワルシャワでのお食事のさいに利用してみては如何でしょう
がっかりすることはまずないと思います。

それでは私が訪れた際のメニューを紹介します。

こちらがメニューです。
2コースのセットメニューで
前菜とメインを選ぶようになっていました。

私がどれにしようか選んでいる時に
ドリンクを聞きにくれたので
赤ワインをいただきました。

私が頼もうとしているメニューを伝えて
それに合うものをいただきました。

  

フランスのワインで軽い飲み口で
あっさりしていて、どのような料理にも合いそうでした。

そして、奥の緑の瓶はポーランドの高級ミネラルウオーター
他の国では見たことがありません。

 

前菜が出てくる前にパンが提供されました
こちらのパンも美味しかったです。
周りが硬くて中はしっとりふわふわ。

 

前菜にはビーツのカルパッチョをいただきました。
ビーツは甘くてシャキシャキして美味しかったです。
ビーツ好きの私にはたまらない一品でした。

  

鴨肉のコンフィと迷ったのですが
サーモンにすることにしました。

こちらのサーモンやき具合が最高でした
外側はサクサクで中は半生状態でとても美味しかったです。
ソースはとてもシンプルで本当に素材の味を引き出してある料理でした。

添え付けのマッシュドポテトのとの相性もバツングんで
是非もう一度いただきたい一品です。

 

コースメニューには含まれてませんでしたが
デザートにティラミスを頼むことにしました。
このティラミスも絶品でした。

これまで色々なところでティラミスを頂いていますが
ここのものはかなり高得点でした。
是非、デザートもいただいてください。

  

そして、レストランから出たすぐのところにはバーがありますが
こちらもとても良い雰囲気です。

カプルでワルシャワに来られた際には
こちらでおしゃれにお酒なんかをのだら
最高ではないでしょうか?

とても雰囲気の良いバーです。
今回は利用できなかったので
次回伺った際には是非飲みたいと思います。

ワルシャワのお勧めレストランマルコリーニの場所はこちら

ショパン好きは絶対に行きたい!ショパン生誕地ジェラゾヴァ・ヴォラへ格安でいく方法 Motobus

 

日本からポーランドに旅行に行くとういう人大抵ショパンが目当てなのではないでしょうか?
私の勝手な思い込みでしょうかね。。。

私はショパンの音楽が好きにならなければ
100%ポーランドに旅行することはなかったと思うのと
ポーランドという国のことさえほぼ知らずに過ごしていたと思います。

そんなショパン好きなら必ず行きたい
ショパン生誕地ジェラゾヴァ・ヴォラ
ワルシャワから格安で早くいく方法を紹介したいともいます。
是非、参考にしてください。

  

ガイドブックに載っている行き方は
電車とバスを乗り継いで行く行きかたが紹介されていますが
今回私が使ったのはMotoBusというバス。

このバスはワルシャワからsochaczewを結んでいバスで
このsochaczewに行く間にショパンの生誕地ジェラゾヴァ・ヴォラがあり
そこにあるショパンが生まれた家がある場所のすぐそばにバスが止まってくれます。
とても便利です。

バスはこのような感じで、ワルシャワのバス停は文化科学宮殿の目の前
スパーマーケットのMarks & Spencerの目の前にあります。

 

タイムテーブルです。
確か1時間おきくらいにバスが出ていたと思います。

切符は運転手さんのおじさんにお願いすると購入できます。
私が乗った時はおじさんいショパンの生誕地に行きたいと言ったら
切符を売ってくれて、降りる場所に来たら教えてくれました
結構親切に対応してくれました。

 

バスの中はこのような感じです。
結構、窮屈でした。乗り心地はお世辞にもいいとは言えませんでしたが
30−40分くらいの我慢です。

ショパンの生誕地に着くまでに結構な数のバス停に停まるので
もし車酔いしないのであれば後ろの方に座っておく方がいいかもしれません。

ショパンの生まれた家のすぐそばにあるバス停はこのような感じです。
ここから歩いて1−2分のところにショパンの生まれた家があります。

私がバス停を降りてこのあたりをうろうろしていると
地元の人っぽい人たちが声を何度もかけてくれて
ショパンの家はあっちだよと教えてくれました
親切な人たちです。

  

ショパンの家がある場所はこのように門があり
この門の横に建物があってそこに入り口があります。

ショパンの生まれた家の中は博物館になっているので
入場券を購入しなければなりません。
この入場券はこの建物の中で購入することができます。

博物館に入る予定のない方はチケットを買う必要はありません
庭を散歩して、ショパンが生まれて家を外から見るだけなら無料です。

  

  

 

 

緑が豊富で、とても広い庭です。
中には小さな川が流れていて
天気の良い日にはとても気持ちよく散歩できると思います。

夏場はコンサートもあるようなので
調べていかれたら良いと思います。

  

私は当然、博物館にも入りました。
庭に比べるといえはこじんまりして
当時の生活の様子が再現されています。

  

こんな感じでお茶を楽しんでいたんでしょうね。

 

これはショパンが弾いていたピアノではないようですが
ショパンがこの家に住んでいた時にはグランドピアノではなかったと思われます。
雰囲気ですね。

  

ショパンの銅像がいくつかあるので
ぜひ探してみてください。

 

広くて緑がいっぱいの気持ちの良い場所です。

 

敷地内にカフェがあって軽食や飲み物を楽しむこともできます。

 

帰りも当然MotoBusを利用しました。
帰りのバス停は来た時に降りたバス停の目の前にあります。

到着したら、帰りのバスの時間を見ておくことをお勧めします。
私が行った時は数分遅れましたが結構時間通りに動いているようです。
それでは良い旅を!!!