パリでうなぎをいただく@野田岩 パリ

 

以前から気になっていたのがここパリにある鰻やさん
野田岩。ランチタイムに伺いました。

野田岩は東京にある鰻の有名店で
創業して200年が経つ老舗。

2013年にNHKのプロフェッショナル仕事の流儀で
5代目の金本兼次郎さんが取り上げられていたのを見て
パリに来たら行ってみようと思っていたのです。

このお店はルーブルやオペラ座から近い
日本のレストランがたくさん集まっている界隈にあります。

 

一歩お店に入るとそこは日本の佇まい。
店員さもほとんどが日本人で
一人フランス人の方がいましたが日本ごペラペラで
接客の対応も日本のレストランのようで
快適に食事ができます。

私が行った時の客層はフランス人や中国人が大半で
日本人はほとんどいませんでした。

  

とりあえず、お店でオススメになっていた赤ワインをいただきました
重すぎず、いい香りのワインで鰻の蒲焼によく合いました。

この付き出しもおいしかったです
これと赤ワインで何杯でもいけそうでした。

いつもパリに来たら食べ過ぎてしまうので、
うな重にしようか悩んだのですが
うな丼にして控えめにしておきました。

私にはこれでも十分な量で満足。
お味の方は海外でいただける日本食としては合格点と思います。

タレはやはり美味しかったです。
老舗の味がパリでもいただけます。

ただよくを言えば鰻がふわふわというより
パサパサでちょっとがっかりでした。
鰻のせいなのか、職人さんの技術なのかわかりませんが
改善の余地がありそでした。

また来るかと言われれば疑問ですが
値段もそれほど高くなく妥当な値段だったので
海外に長くいる日本の方が日本食が食べたくなったら
行ってみてもいいのではないでしょうか

世界のパン屋巡り パリ2軒目 Le Grenier a Pain美味しいクロワッサン。

 

今回パリで訪れた、2軒目のパン屋さんは
Le Grenier a Pain

とくにあてもなくウロウロしていた時に
たまたま見つけたパン屋さん。

場所はパリの北駅から歩いて10分くらいのところ。
帰ってきて調べてみると、結構な有名店のようで
パリにも10店舗支店があるようで、東京にも支店があるみたいです。

素材と手作りにこだわったパン作りを行っているようで
店先にトロフィーが飾ってありました、
何の賞を取ったのかは忘れてしまいましたが
確かバゲットだったような。

パリのパン屋さんで私が必ずいただくのが
クロワッサン。

こちらのクロワッサンは外はサクサク
中はしっとりで、私好みのクロワッサンでしたが
まだ、私の理想のクロワッサンではなかったです
まだまだ私の理想のクロワッサン探しは続きます。

お店のページ

世界のパン屋巡り パリ一軒目 Eric Kayser エリックカイザー

これまでパリには何度も来てパン屋さんもかなりの数回っていますが
記録を残していなかったのでこれからきちんと残していきたいと思います。

そして、パリのパン屋さんの第一弾は
誰でも知っているパリの超有名パン屋さん
Eric Kayser エリックカイザー

パリのパン屋さん巡りの第一弾としてふさわしい
お店ですね。

ちょうど今回パリで滞在したホテルの目の前にお店があり
訪れる前から楽しみにしていました。

さて、超有名店のパンはいかがだったでしょうか?

店内は白を基調とした明るいイメージのないそうで
いい感じです。

パンがところ狭しと並べられていて
いかにもフランスパン屋さんという感じです。

ここはイートインのコーナーもあって
買ったものを食べていくこともできます。

色あざやかなケーキ達も売られています。
どれもとても美味しそうで、いろいろと試したくなりますね。

一人で旅しているとこういう時にいろいろと試せないのが
難点ですね。。。
今回はケーキ達は諦めて。

私の一番の目的はクロワッサンです。
それではいただいてみましょう。

さすがにパリでこれだけの名声を上げているだけのことはあります
外はサクッと、中はしっとり。おいしかったです。
でも、まだ私の理想のクロワッサンではないですね
これからも色々なお店を探して、理想のクロワッサンを探し続けます。
まだまだ、旅は続きます。

パリのオススメホテルHotel Stendhal Place Vendome Paris – MGallery Collection 宿泊記

以前パリを訪れた時に滞在した
Hotel Stendhal Place Vendome Paris – MGallery Collection
パリのバンドーム広場から徒歩1分の最高の立地。
オペラ座へも徒歩10分かからないくらい、
ギャラリーラファイエットにもすぐ行くことができます。

そしてホテルの目の前にはパリの有名なパン屋さん
エリック・カイザーがあります。

周りにもたくさんレストランもあって
とても便利な場所です。

今回私が泊まったのは4階のお部屋。
部屋に入ると短い廊下があり、そして
入ってすぐのところにトイレがありました。

バスとトイレが別なのはいいですね
とく二人で泊まるときなどは重宝します。

ベッドはクイーンサイズ
とても寝心地の良いベットでした。

部屋も落ち着いた印象で、落ち着くことができました。

部屋の角のデスクが置いてありました
ちょっと狭いですが、ラップトップで作業する分には
十分な広さです。

デスクのすぐ上にテレビが設置してありました
ベットで寝転びながら見れるのにちょうど良い場所です。

デスクとバスルームと出口の廊下へつながるドアの
真ん中のライト。

最近よく見かかるネスプレッソはここにはありませんでした。
紅茶はDAMMANN Freresのものが置いてありました。
ここの紅茶が好きなのでいただいて帰りました。

ミニバーはなかなかのセレクションです。
私の大好きなジュースalain milliat(アラン・ミリア)があります
レベル高いですね〜。

img_3928.jpg

今回は利用しませんでしたが、ルームサービスもあります。

バスルームはバスタブ付きのタプでした
朝のジョギングの後、このバスタブにお湯をためて
シャンパンを飲みながら行くりしたのが至福の時でした。
朝シャンです。

ちょっと狭いバスルームでしたが
ゆっくり浸かることができたよかった〜

アメニティはClarinsです。
良い香りでした。

レインシャワーもついていました。
私はレインシャワー結構好きです。

バスローブ。

トイレはバスルームと別に設置してありましたが
トイレに手洗い場がないのが困りますね
どっちみちバスルームに手を洗いに行かなければならず
どうも不便でした。

どこまでも続きそうな螺旋階段。
いい感じだったので写真に収めてきました。

小さなバーもありました。
ここで軽くお酒などを飲むことができます。

パリのバンドーム広場のすぐそばといとても良い場所にあって
ホテルのスタッフも親切でよかったです。
パリでもオススメのホテルです。

パリで美味しくお手ごろに鴨料理を堪能するなら Canard & Champagne

1b45b9a4-d6a0-4096-93c5-6dbed1511523.jpg

私が必ずフランスに行った時に頂くものといえば
鴨料理とシャンパン、これは欠かせません。

その二つがお店の名前になっている
レストランを見つけてしまったので
訪問しないわけないはいきません。

そのお店の名前は
Canard&Champagne

Canardはフランス語で鴨
Champagneはシャンパンですね。

今回パリの行く機会があったので
早速訪問してきました。

お店の場所はパリの旧オペラ座界隈
ギャラリーラファイエットなどがあるところから
歩いて10分かからないくらいのところにある
Passage des Panoramasの中にあります。

パリのパッサージュは雰囲気が良くて
歩いているだけでもいい気分になれます。

このパッサージュにもたくさんレストランが並んでいて
他にもおいしそうな雰囲気のところもたくさんありました。

そのパッサージュにある古き良きパリの雰囲気を残した佇まいのレストランが
今回訪問したCanard&Champagne

店内はすっきりした雰囲気の落ち着いた内装。
ちょっと窮屈な感じはしますが、パリではましなほうでしょう。

 

壁の絵はウィットにとんだ感じで、おしゃれ。
堅苦しさがなくて良いですね。

ここのメニューはシンプルであまり迷うことがないのでいいです。
コースのみで、前菜とメイン、メインとデザート、前菜とメインとデザート
それにシャンパンをつけるかどうかです。

他の鴨料理やさんのようにたくさんの調理法の中から
選ばなくて良いのでシンプルです。
わけのわからないフランス語と格闘する必要があまりありません。

私は、デザートなしのシャンパン付きのコースに
まずはシャンパンが運ばれてきました。

お店のオリジナルのシャンパンで美味しかったです。

このフォアグラのパテがまた絶品
シャンパンととても合います。

そして、このアグレが最高に美味しかった!
ジュウシー肉汁があふれ出てくるのですが
脂っこくなくさっぱりしていて、
肉柔らかさも最高。焼き加減がとても良かったです。
これは多くの人に食べていただきたい一品です。

ぜひパリに行かれた際はこちらで鴨料理を堪能してください。

場所はこちら

ルフトハンザ搭乗記 フランクフルト-パリ

この日はフランクフルトからパリへ移動。
朝一のフランクフルト発の飛行機
1時間前にフランクフルト国際空港に到着

すると、

セキュリティーチェックに長蛇の列
間に合うか心配になった。。。
空港には余裕を持って到着しましょう!

なんとかギリギリセーフで飛行機に搭乗。
私が最後の乗客だったみたい。
でも、遅れていないので問題無し。

無事に離陸して、上空は快晴。
飛行機も特に揺れることなく
快適なフライトでした。

機内で提供されたのは飲み物とサンドウィッチ
パンがパサパサで特に美味しいものではなかったです。
アルコールも無料で提供されています。
エンターテイメントは何もありません。

この時はヨーロッパカップをちょうどやっていた時だったので
ナプキンが可愛らしいサッカーの絵柄になっていました。

フランクフルトーパリは1時間くらい
これくらいのフライトならエンターテイメント無しでも
全く問題ないですね。

コーヒーにうるさいイタリア人も認めた オランダ ユトレヒトのオススメカフェ Coffee Company

このカフェに来るのは確か三度目。
仕事の関係で何度かユトレヒトに来た時に
たまたま入ったカフェがここだった。

その時はイタリア人の同僚と一緒に来ていて
彼はここエスプレッソをえらく気にいっていた。
彼はコーヒーにはうるさいので、彼が認めたのはカフェは信頼できると思う。

そして、休暇でオランダに来た帰りの道中に
ユトレヒトに立ち寄った際に家族を連れて
ここで休憩。

可愛らしいチューリップをカプチーノに描いてくれた。

ここのケーキやマフィンなどの食べ物も美味しい!
甘さ控えめで、私の味覚にぴったり。

美味しいコーヒーと美味しいケーキがただける
こちらのカフェはオススメです。

ぜひユトレヒトに行った際には立ち寄ってみてください。

場所はユトレヒトのシンボルのドームからすぐのところの
運河沿いにあります。雰囲気もとても良いですよ。
店員さんもとても親切です。

博物館というより子供の遊び場!子連れに最適ミッフィー博物館

日本で大人気のキャラクター、ミッフィー。
このミッフィーはオランダのユトレヒト出身のアーティスト
ブルーナさんが生み出したキャラクター。

ミッフィーの大ファンの奥さんの要望で
ユトレヒトのミッフィー博物館に立ち寄ることに。

館内はさすがにミッフィーだらけ。
壁や天井、床、いたるところにミッフィーの絵が描かれています。

ここの良いところは絵や人形などが展示されているだけでなくて
それらに実際に触って遊べるようになっているところ

ミッフィーの絵が描かれたキッチンセットやミッフィー部屋、
ミッフィーと一緒に交通規則が学べるようになっている施設など
大人が楽しめるというより子供が楽しめるようになっている博物館。

館内はそれほど広くなく、見て回るだけなら15分もかからないでしょう
でも、うちの息子さんは2時間たっぷりここで遊びました。

子供たちの楽しそうな声が館内に響き渡っている
不思議な博物館なのです。
博物館というより本当に子供用の遊び場。

ここでミッフィーと一緒に交通規則を学べるようになっています。
事故は起こりまくっていましたけどね。。。

信号はミッフィーが描かれています。
ユトレヒトの街中には実際に使われている信号に
ミッフィーの絵が描かれているところがあります
訪れた際は探してみてくださいね。

子供料金の方が大人料金より高かった理由がわかりました。
堅苦しくなく楽しい博物館です。
ユトレヒトに来たら是非。

ユトレヒトの中央駅からちょっと離れているので
迷わないように気をつけてくださいね。

子供連れならオススメ、遊び場のあるカフェ Fonk@スヘフェニンゲン オランダ

5月の頭にオランダ旅行中に立ち寄った
スヘフェニンゲン。

北海に面したこの街にはオランダで人気の
ビーチが広がっています。

この日はとても天気も良くて暖かかったので
多くの人たちが水着に着替えてビーチで遊んでいました。

我々はここまで暖かくなるなんて予想していなかったので
水着を持ってきておらず。現地人のようには遊べなかったですが
ここで入ったカフェには子供ように遊具が用意してあったので
うちの息子さんは息抜き出来たようです。

この日は本当に快晴で、ビーチにあるこのカフェのテラス席にいるだけで
最高の気分でした。

ここに入る前に軽く食事をしていて
別にお腹は空いていなかったのになぜか頼んでしまった
クロワッサンのサンドウィッチ。
特に美味しかったわけではないので、オススメはしません。
普通でした。

この天気とこの雰囲気の中でいただくビールは格別です!
ずっとここにいてもいいかなという感覚に陥りました。

奥さんが頼んだのは最近彼女がはまっている
ラドラービール。

これはオランダのビールメーカーBavariaのもの
ドイツでは見かけないので、こういう時に珍しいものをいただけるのは
ありがたいですね。

このBavariaビールはオランダでもハイネケンに匹敵するほどのビール会社だとか
日本ではあまり見かけませんね。オランダに来られてたらこちらのビールも試してみてください。

そして、最後のカプチーノをいただいて
次の目的地ユトレヒトに向かいました。
ここに2時間くらいいたと思います。
本当に気持ちの良いひと時でした。

次にまた行く機会があれば
水着を持って行って1日ゆっくりしたいですね〜!

ここは絶対に行きましょう!オランダでニシンサンドとかにサンド

オランダのデン・ハーグに滞在した後
ドイツに帰る前に立ち寄ったのがスヘフェニンゲン
オランダの夏の大人気の観光地。

北海ぞいに砂浜が広がっています。気持ちいいです。
北海は海の幸も豊富なので新鮮な海のさちをいただきましょう。

漁船も停泊してる港町のすぐ横にあるこのお店
新鮮な海の幸がいただけることは容易に想像できますね。

お店の前にはメニューがあります。
そしてその横にあった日本語の表示。

大漁と言う日本食を専門にしている業者さんがいるみたいですね
その業者さんが作っているお寿司をしたのお店で売っているみたいです。

そのお店に入ってみるとこのように
いろいろな魚介類が売られてます。
テンション上がりますね〜

ドイツではほとんど魚介類を見かけることはないのでね
日本人としてはやはり新鮮そうな魚介類を見ると
心が弾みます。

今回購入したのはこの時期の名物
ニシンのサンド
そして、カニのサンド。

ニシンを生で食べたのは初めてですが
これがとても美味しい!
臭みもなく、身もプリプリ。

これはオランダに来たら是非食べていただきたい!
チューリップとならぶオランダの名物だと私は思っています。

カニのサンドも美味しかったですよ〜
でもニシンの衝撃の方が大きかったので
ニシンを絶対に頂いて欲しいですね。

こちらはタコの酢の物
日本のタコとは食感が違うので
私には物足りない感じでした。
ちょっとネッチョリしていたので
日本の新鮮なタコのコリコリ感は感じられません。
タコは日本の方が美味しいかな。

このお寿司はオススメしません。
多分結構な時間冷蔵庫に入っていたのでは内でしょうか
お米はパサパサで日本の本当の寿司を知っている人には
食べられる代物ではありませんね。残念!!!
お寿司はもう二度と買いません。

海外の人にはお米の大切さがわかっていないように思います。
これをきちんと伝えていかないと日本食の偽物が海外でたくさんできいくでしょうね
今でももうすでにアメリカを中心に出来てきていますがね。。。
どうにかして欲しいですね。