必見!豪華絢爛ドイツ ヴュルツブルクのレジデンツ(Residenz)の鏡の間

IMG_0323

2015年01月 ドイツ ヴゥルツブルク(Würzburg)
この日はヴゥルツブルク(Würzburg)へ日帰り旅行
日本からドイツ訪問中の奥さんのお父さんと息子と一緒に出掛けることに。
お母さんの腰の調子が悪いので奥さんとお母さんはお留守番。

フランクフルトからだと
ヴゥルツブルク(Würzburg)へはドイツ鉄道(DB)のRBに乗って
約二時間で着きます。

この日はDarmstadtで乗り換えの電車が遅れたことによって
Aschaffenburgでの乗り換えに間に合わず一本ずれたため
3時間ほどかかってしまいましたが無事到着。

ICEに乗ると1時間程度で着きますが
交通費を抑えることができます。

ヴゥルツブルク(Würzburg)に来るのはこれで2回目
さて、今回の旅はどうだったでしょうか?

IMG_0325

まずはマリエンベルク要塞を目指します。
ちょっと雨模様で地面が滑りやすかったですが
息子は頑張って駅からちゃんとあるいてくれました。

IMG_0328

ここからの景色はやはり格別ですね
天気が悪いのがちょっと残念でしたが
これだけはどうしようもありません。

IMG_0330

Alte Mainbrückeここもいつも大勢の人で賑わっています
プラハのカレル橋とまでとはいきませんが
綺麗な橋です。

IMG_0331

そして、最後にレジデンスに立ち寄ります。
ここに来るのは2度目ですが一度目には見れなかった
というより存在を知らなかった部屋があったのです。

それは鏡の間

ここに入るにはツアーに参加しなければなりません
この部屋は必見です。豪華絢爛!

これまで色々なお城や宮殿を見てきましたが
ここには本当に驚きました。
是非、見学してください。

この日我々はツアーには参加してなかったのですが
本当にラッキーなことに、我々が鏡の間あたりをちょうど見学していたら
ツアーの人たちがちょうど鏡の間に入るところで
係り員の人が親切に我々も入れてくれました。
これは本当にラッキーでした。
そして、そのままそのツアーと一緒にいろいろと見せてもらいました。

写真の撮影は禁止でしたので写真はありません
実際に行って見学してもらうしかないです。

とてもいい経験になりました。
行ったところになども行くのもいいものですね。

ヴュルツブルクのレジデンスのページ

フランスの最も美しい村に登録されているRiquewihr(リクヴィールorリクヴィル)に行ってみた。

IMG_0242

2014年12月 フランス アルザス地方。
この日はストラスブールからコルマールに向かう途中に
フランスの最も美しい村に登録されているRiquewihr(リクヴィールorリクヴィル)に立ち寄った。

城壁に囲まれたとてもかわいらしい小さな村で
観光にも1時間くらいあれば十分な大きさです。

このリクヴィルはワイン街道の中心地に位置し
「ぶどう畑の真珠」と呼ばれるほど美しい村。

第二次世界大戦の戦火を間逃れて
16世紀から残る中世の木組みの建物が残る
数少ない村でもあるのです。

IMG_0243 IMG_0244

この日は天気があまり良くなく寒かったですが
「ぶどう畑の真珠」と呼ばれ
フランスの最も美しい村に登録されている
可愛らしい村を訪問できてとても良かったです。

IMG_0245

アルザス地方を旅行される方にはとてもオススメの
可愛らしい村です。

こちらでツアーなども遂行されているようです
もち興味のある方はどうぞ。
ツアー情報

コルマールからの公共の交通機関を使っての情報があります
こちら

楽しいご旅行を。

ルイ14世がヴェルサイユ宮殿を作るきっかけになた城ヴォー・ル・ヴィコント城のクリスマス

IMG_0284

結構前の訪問ですが、やっとブログに掲載することになりました。
ここに行ったのは2014年のクリスマスあたり。

レンタカーで行ったので公共の交通機関でどのようにして
こちらに向かうかはわかりませんが、結構郊外にあるので
かなり難しそうな印象です。

このヴォー・ル・ヴィコント城は
ルイ14世がヴェルサイユ宮殿を作るきっかけになた城として有名です。

ルイ14世の財務長官だったニコラ・フーケが巨額の建設費を投じて作った城で
王室建築家ル・ヴォー、造園家ル・ノートル、王室画家ル・ブランらを使って
建てたのがこちらのヴォー・ル・ヴィコント城

この3人はベルサイユ宮殿の建設の際にも中心となった
人物達なのは有名です。

そして税務長官ニコラ・フーケはこの城をルイ14世に見せた後
ルイ14世の不興を買い、失脚させられます。

この逸話を知ってからいつか行きたいと思っていたお城
ヴォー・ル・ヴィコント城

クリスマスの時期に行ったので場内はクリスマスの飾り付けがしてあり
一層美しい姿を見せてくれていました。

IMG_0285

庭園です。ベルサイユ宮殿のものに似ているような気がしますね。

DSC02495

場内はこのようにクリスマスの飾り付けが
すべての部屋で行われていました。

DSC02496

クリスマスツリーもいい感じです。
やはり本場の本当のお城の中で見ると
やはり良いですね。

DSC02497 DSC02498

部屋の装飾も豪華です。

DSC02499

それぞれの部屋でいろいろなクリスマスツリーが飾ってあります。

DSC02501 DSC02503

豪華な部屋に綺麗なクリスマスツリーがいくつもかざってあり
昔の貴族はこんな生活していたのでしょうね。
優雅です。

DSC02504 DSC02505

天井にも豪華な装飾が施してあります。

DSC02506 DSC02507

寝室も豪華に飾ってあります。

DSC02508

クリスマスの装飾がさらにお城の豪華さをアップさせていました。
ルイ14世が嫉妬したのもわかりますね。

DSC02510

ベルサイユ宮殿ほどは広くはありませんが
とてもいい感じのお城でした。

特にベルサイユ宮殿との逸話があったので
とても興味深く鑑賞することができました。

とてもオススメのお城です。

パリからのアクセス:
電車: 
«Paris Gare de Lyon» → «Gare de Meulun»
RER・D線 «Melun» (週末・休日のみシャトルバス有)

詳細はお城のホームページで

死ぬまでに絶対食べたい!ドイツ ランゲンのイタリア食材店で貴重なシチリア産の黒豚ハムをいただく。

2016年3月末。ドイツ ランゲン。
この日はいつもお世話になっている行きつけのイタリア食材店。
Il Gusto dell Etna 直訳すると「エトナの味」

エトナとはイタリアのシチリアにあるエトナ火山のことで
世界遺産にも登録されています。

ここを経営しているご家族がイタリアのシチリア島出身
ドイツにいながらシチリアの味が楽しめます。

この時期のヨーロッパはイースターの時期なので
イースターのイベントがいろいろあります。

そして、この日に店主から紹介されたのは
この黒豚のハムと生ハム。イタリアのシチリア島から取り寄せたそうな。

どちらもとても高価で、イースターやクリスマスなど
特別な日にだけ食べる食材だそうです。
これはいただくしありません。

まずは生ハム方からいただきます。
こちらは以前にもいただいているのですが
身がとろけるように口の中で溶けていきます。
ほとんど噛む必要がありません。

脂身にも甘みがあってクセがなく
とても美味しい。

これを食べたら他の生ハムは食べれません。

赤ワインと一緒にどうぞ。

 

そして、こちらの黒豚のハム。

ハム自体に肉の旨みが凝縮されていて
噛めば噛むほど美味しいさが口の中に広がります。
身もとても柔らかくてとても美味しい。
こんなハム食べたことありません!

ハムの上には豚のラードがかけられています。
このラードも全然脂っこくないのです
とてもあっさりしていて甘みがあるんです。
とても上質な油。

白ワインと一緒にどうぞ。

こちらは普段もいただくピザです。
息子が大好きなのでいつもいただくのですが
毎回あるわけではないので、ある日は必ずいただきます。

 

締めはティラミスとエスプレッソ。
ここのエスプレッソは最高です。
食事にしめには必ずいただきます。
ティラミスももちろん美味しです。

たくさんの人に行っていただきたいお店です。
ここを経営しているご家族がなんといってもとてもいい人達なのです。

お店のウェブサイトだけでも紹介しておきます。こちら

フランクフト空港で本格的なドイツ料理をいただく@パウラーナー

フランクフルト空港はヨーロッパで三番目に発着数のある空港で巨大な空港です。
日本からの旅行者の方も大勢この空港を利用されていると思います。
大抵の方は乗り継ぎで利用されているでしょうかね。

巨大な空港ですので、たくさんの飲食店が入っていますが
その中でおすすめしたいのが、ドイツの大手ビール会社で
ミュンヘンに本拠地がるビール醸造所パウラナ(Paulaner)が直営しているレストラン

ここはちょっと空港のターミナルから離れたところに最近できた「The Squaire」という
フランクフルト空港にあるショッピング&ビジネスエリアです。

フランクフルト空港のターミナル1からドイツ鉄道の長距離路線方面に歩いていくと
こちらの「The Squaire」に5分くらいで到着します。

そしてこのパウラナ(Paulaner)が直営しているレストランが
ターミナル1を背にして左に行ってエスカレーターを上がったところにあります。
天井が高く明るいモール内にドイツの田舎のビアレストランの雰囲気を醸し出した
一角があわられます。

 

 

フランクフルト空港にいながら、このドイツの典型的なビアレストランの雰囲気が楽しめるのは
ありがたいですね。

ミュンヘンに良くあるビアホールの雰囲気そのままです。
テンション上がります!

まずはビールを!お決まりです。
これはアルコールフリーのビールです。
車の運転があったのでアルコールは飲めません。

ドイツのアルコールフリービールは美味しいです。
私はこのヴァイツェンのアルコールフリービールは良くできているともいます。
お酒が飲めない方は是非こちらを試してみてください。
日本のビールが嫌いな方にも是非飲んでいただきたいですね。

ナイフやフォークがこんな感じで出されます。
これはドイツのビアホールでよく見かける光景です。
このカップのいい感じなんですよね。

  

2週間旅行詰めで、ドイツにほとんでいなかったので
この日、日本に帰国だった母親のために最後にドイツ料理を食べてもらいました。

子供ようのソーセージとポテト。
大人用にソセージの盛り合わせをお願いしました。

さすがにパウラナ(Paulaner)が直営しているレストランだけあって
料理もビールもとても美味しいです。

フランクフルト空港で時間があるのであれば
ターミナル1から少し足を伸ばしてこちらで
ゆっくり過ごすのも良いのではないでしょうか
ターミナルよりも人が少なく落ち着けると思います。

ドイツ ランゲン イタリア食材店の絶品シチリア産黒豚ハム

2週間旅行に出かけていたので
我が家の毎週土曜日恒例のイタリア食材店の訪問ができていなかったので
平日に行く事に。

この日出してくれたのは
シチリアでも特別な日にだけいただくという
シチリア産黒豚のハム

シチリア産の黒豚はかなり貴重らしく
なかなか食べることができないとか。

そんな貴重なシチリア産の黒豚をドイツのランゲンでいただけるなんて
とても幸せなことです。

そして、このハム、とても美味しいのです!!!
いままで食べたハムで一番かもと思うくらい美味しい。
身がとろけるような感触をハムで味わったのは初めて
油にかすかに甘さがあって、すっきりしていて
全然脂っこくないのです。

このハムは本当に美味しい!
是非、多くの人に味わってもらいたいです。

こちらはパニーノ。
いつも挟んでもらうものはお任せにしています
それが一番美味しいから。

こちらはフォカッチャのサンド。
こちらも中身もお任せ。

いつも本当に美味しい食べ物を提供してくれて
本当にありがたいです。
これからも通い続けます。

いつもお世話になっています。ドイツ ランゲンにあるアジアン料理店アジアキム

2016年3月 ドイツ ランゲン。
ウィーンからの長い道のりをドライブして
自宅にたどりついたのは午後8時過ぎ

我々が旅行から帰ってきていつも食事をいただきに行くのは
ランゲンの町に唯一のアジアンレストラン アジアキム。

このレストランはベトナム人のオーナーで
ベトナム料理はもちろんタイ、中華など
アジアの色々な国の料理をいただくことができます。

ヨーロッパで旅行をすると基本的に
お米が食べれなくなるので、帰ってくるとお米を提供してくれる
アジアキムの存在は貴重です。

ここは我々がドイツに移住してきたときから
定期的に通っているので、お店の方たちとも顔見知り
私がヴァイツェン(Weizen)ビアを気に入っているのを
知っているので、お願いする必要がもうありません。

こちらに住み始めた当初の約2か月間、自宅にキッチンがなかったので
2日に一回くらいはこちらで食事していたこともあったので
本当にお世話になりました。

今でも旅行に行った後はほぼ必ずこちらに伺っています。

グラスヌードルサラダ。エビがタップリ。
我が家の息子の大好物。ちょっと酸っぱくてさっぱりしたお味が
病みつきになります。

その奥に見えるグラスが私がいつも飲むヴァイツェン(Weizen)ビア
大抵2~3杯いただきます。

この日はウィーンからの長時間の運転の後だったので
格別に美味しかったですね~

奥は鴨肉の載ったカレーで手前は色々な具材を炒めたもの。
どちらもいつも頼むものです。どちらも美味しくいただきました。

大抵こちらにきて頼むものは決まっているので
店員さんたちも大体わかってくれています。ありがたい。

この日も美味しい料理を提供してくれてありがとう!
御馳走さまでした。

旅行者の方がここに来ることはまずないと思いますが
機会があれば是非どうぞ。

場所はこの辺り

チェスキークルムロフにあるイタリアンレストランPapa’s Living Restaurantでランチ

2016年3月 チェスキークルムロフ。

ウィーンからドイツに帰る際に立ち寄った
チェコにある美し町チェスキークルムロフ
ここに着いたのがちょうどランチの時間だったので
Papa’s Living Restaurantというイタリアンレストランで
ランチを取ることに。
場所はチェスキークルムロフ城のすぐ近く。

モルダウ川の川ぞいにあるのでレストランからの
景色は良いです。

もう少し温かくなれば川ぞいにテラス席があるようなので
モルダウ川とチェスキークルムロフの街並みを見ながら
気持ちよく食事ができそうです。

この日はまだまだ寒かったので室内で
ランチをいただくことに。

チェスキークルムロフにあるイタリアンレストランPapa’s Living Restaurantの
ランチはいかがだったでしょうか?
(さらに…)

iPhone5がリセットを繰り返すようになったので、自分でバッテリーを交換したら治った!

2週間くらい前から私のiPhone5の調子がちょっとおかしくなってきた。
夜中の充電中にどうも再起動を繰り返しているような感じ。
 

でも、昼間の通常使用時には何の問題もなかったので
普通に使っっていたのだが、
 

ちょど一週間くらい前に
通常使用が無理なほど常に再起動を繰り返すようになってしまった。
 

私はiPhone5が気に入っているのでこのまま使い続けたいので
色々試した後、何とか通常に使えるようになったので
同じような不具合になってしまった人のために
私が行ったことを記載しておこうと思う。
 

iPhone5が2〜3分おきにリセットを繰り返すようになった

 

まず、最初の症状は受電中に特にフルになるとリセットしていたよう
そして、画面右上の充電残量表示が全く機能しなくなった。
1日使っているのずっと100%状態。
 

なので、使い続けていると突然iPhoneが落ちてそのまま使えなくなる
電池がなくなってしまっているので。。。
 

その後、一週間くらい
受電がなくならないように気をつけながら使っていたのですが
 

突如
 

使用中にリセット
そして、自動的に再起動されて
また3分後くらいにリセット。
 

これの繰り返しをするようになった。
まともに使える状態でなくなってしまった。
 

アップルストアに行って聞いてみる

 

その時オランダにいたのでオランダのアップルストア行って
「このような症状なんだけど直し方知ってる?」と聞いてみたら。
 

「Restoreしてみて」と言われたので
とりあえずリストアしてみることに。
 

リストアしてみた

 

とりあえず言われた通りにパソコンにつないで
リストアしてみたが、症状は一向に収まる気配なし。
 

リストア中にもリセットしてしまったりして
まともにリセットを完了させるのにかなり時間がかかった。
 

バックアップデータを読み込むさにも
などもリセットしてしまって、かなりイライラ!!!
 

何度かやれば治るかもとの書き込みもあったので
何度かリストアを行ってみたが、一向に回復せず。
 

そして次に試したのが
 

リチウムイオン電池のリフレッシュ

 

iPhoneのリチウムイオン電池にはコンピューターチップが内蔵されいて
コンピューターの制御が誤差を生じ始めると残量表示が実際の電池の容量と合わなくなってくるそう。
 

そこでリチウムイオン電池のリフレッシュをすることで
その誤差をリセットできるのだそう。
 

やりかったはiPhoneをフル充電して、そのままある程度充電状態にしておき
次に電源ケーブルから外して、バッテリーが完全に0になるまで使い続けて
しばらくそのまま置いておき、再度充電するということ。
 

これを数ヶ月に一度行うと電池の持ちが長くなるそう。
 

ですが、これでも私の症状は回復せず。
 

これ以上どうしたものかと悩んでいたところ
バッテリーを交換してみたらどうだろうかと
思いつき。
 

料金を調べてみるとアップルにお願いすると9800円
他の業者だと大体5000円から6000円くらい。
 

ネットで調べてみると交換用のキット(バッテリー込み)が
1500円くらいであるではありませんか
早速アマゾンでオーダー。
 

自力でiPhone5のバッテリーを交換

 

参考にしたのはこのサイト
とても詳しく書かれています。
 

ここのサイトに書かれている通りに一つづつ行って
バッテリーを交換した結果。
 

なんと症状が起きなくなったのです。
これで、これまで通りiPhone5が使えるようになりました。
やったー!
 

もし、私と同じような症状を抱えているんのであれば
おためしあれ。

お薦め!チェコの世界一美しい街チェスキー・クルムロフの散歩風景

2016年3月 チェコ チェスキー・クルムロフ。
ウィーンからの帰りに少しだけ立ち寄った美しい街。

ウィーンから車で約一時間の場所にあり
世界遺産にも登録されている世界一美しい街と言われている
チェスキー・クルムロフ

チェコ・南ボヘミア州の小さな都市で、
クルムロフ城を含む優れた建築物と歴史的文化財で知られる。
クルムロフは「川の湾曲部の湿地帯」を意味し、
チェスキーは、チェコ語で「ボヘミアの」という意味

この町の一番の見どころ
チェスキー・クルムロフ城は13世紀この地を治めたヴィートコヴィツ家によって築かれ
その後城主が変わるたびに増改築が繰り返されて今の姿に。
そのためこの城は創建当初のゴシック様式から、ルネサンス様式、バロック様式など
様々様式が混在した城となり、チェコではプラハ城に次ぐ規模の大きさとなったということです。

産業革命、戦争、共産主義化などの影響でこの町は一時期無人と化して、荒廃しましたが
1989年の自由化により町は急速に復興し、今の美しい姿を取り戻し
1992年に世界遺産に登録されました。

  

ウィーンからこの町までの道中はほとんど何もなく
高速道路も通っていないので、田舎の何もない道をひたすら走ります。

そして、この町にたどりついて突如のお城と町の風景が目に飛び込んできたときの
感動は何事にも代えられません。

あまり時間がなかったのでじっくり見ることはできませんでしたが
街はとても小さく歩いてみて回るには十分。

街は中世の街並みを色濃く残しており
ぶらぶらするだけでも楽しい街

我々はガイドブックも持たずに気が向くまま
ぶらぶら歩きました。

多少迷ってもそんなに大きな町でもないので問題なしです
迷ったことで新たな発見があるのもいいことですからね。

世界一と言われているだけあって美し町でした。
ちなみにこの町の北30キロのところにBudwiseという町があります
ここは有名なバドワイザーの町です。

もし時間があればこちらの町に行って本場のバドワイザーをいただくのもいいですね。
アメリカのバドワイザーとは全然違いますよ。
絶対こっちの方が美味しいです。是非。