必見!豪華絢爛ドイツ ヴュルツブルクのレジデンツ(Residenz)の鏡の間

IMG_0323

2015年01月 ドイツ ヴゥルツブルク(Würzburg)
この日はヴゥルツブルク(Würzburg)へ日帰り旅行
日本からドイツ訪問中の奥さんのお父さんと息子と一緒に出掛けることに。
お母さんの腰の調子が悪いので奥さんとお母さんはお留守番。

フランクフルトからだと
ヴゥルツブルク(Würzburg)へはドイツ鉄道(DB)のRBに乗って
約二時間で着きます。

この日はDarmstadtで乗り換えの電車が遅れたことによって
Aschaffenburgでの乗り換えに間に合わず一本ずれたため
3時間ほどかかってしまいましたが無事到着。

ICEに乗ると1時間程度で着きますが
交通費を抑えることができます。

ヴゥルツブルク(Würzburg)に来るのはこれで2回目
さて、今回の旅はどうだったでしょうか?

IMG_0325

まずはマリエンベルク要塞を目指します。
ちょっと雨模様で地面が滑りやすかったですが
息子は頑張って駅からちゃんとあるいてくれました。

IMG_0328

ここからの景色はやはり格別ですね
天気が悪いのがちょっと残念でしたが
これだけはどうしようもありません。

IMG_0330

Alte Mainbrückeここもいつも大勢の人で賑わっています
プラハのカレル橋とまでとはいきませんが
綺麗な橋です。

IMG_0331

そして、最後にレジデンスに立ち寄ります。
ここに来るのは2度目ですが一度目には見れなかった
というより存在を知らなかった部屋があったのです。

それは鏡の間

ここに入るにはツアーに参加しなければなりません
この部屋は必見です。豪華絢爛!

これまで色々なお城や宮殿を見てきましたが
ここには本当に驚きました。
是非、見学してください。

この日我々はツアーには参加してなかったのですが
本当にラッキーなことに、我々が鏡の間あたりをちょうど見学していたら
ツアーの人たちがちょうど鏡の間に入るところで
係り員の人が親切に我々も入れてくれました。
これは本当にラッキーでした。
そして、そのままそのツアーと一緒にいろいろと見せてもらいました。

写真の撮影は禁止でしたので写真はありません
実際に行って見学してもらうしかないです。

とてもいい経験になりました。
行ったところになども行くのもいいものですね。

ヴュルツブルクのレジデンスのページ



フランスの最も美しい村に登録されているRiquewihr(リクヴィールorリクヴィル)に行ってみた。

IMG_0242

2014年12月 フランス アルザス地方。
この日はストラスブールからコルマールに向かう途中に
フランスの最も美しい村に登録されているRiquewihr(リクヴィールorリクヴィル)に立ち寄った。

城壁に囲まれたとてもかわいらしい小さな村で
観光にも1時間くらいあれば十分な大きさです。

このリクヴィルはワイン街道の中心地に位置し
「ぶどう畑の真珠」と呼ばれるほど美しい村。

第二次世界大戦の戦火を間逃れて
16世紀から残る中世の木組みの建物が残る
数少ない村でもあるのです。

IMG_0243 IMG_0244

この日は天気があまり良くなく寒かったですが
「ぶどう畑の真珠」と呼ばれ
フランスの最も美しい村に登録されている
可愛らしい村を訪問できてとても良かったです。

IMG_0245

アルザス地方を旅行される方にはとてもオススメの
可愛らしい村です。

こちらでツアーなども遂行されているようです
もち興味のある方はどうぞ。
ツアー情報

コルマールからの公共の交通機関を使っての情報があります
こちら

楽しいご旅行を。



ルイ14世がヴェルサイユ宮殿を作るきっかけになた城ヴォー・ル・ヴィコント城のクリスマス

IMG_0284

結構前の訪問ですが、やっとブログに掲載することになりました。
ここに行ったのは2014年のクリスマスあたり。

レンタカーで行ったので公共の交通機関でどのようにして
こちらに向かうかはわかりませんが、結構郊外にあるので
かなり難しそうな印象です。

このヴォー・ル・ヴィコント城は
ルイ14世がヴェルサイユ宮殿を作るきっかけになた城として有名です。

ルイ14世の財務長官だったニコラ・フーケが巨額の建設費を投じて作った城で
王室建築家ル・ヴォー、造園家ル・ノートル、王室画家ル・ブランらを使って
建てたのがこちらのヴォー・ル・ヴィコント城

この3人はベルサイユ宮殿の建設の際にも中心となった
人物達なのは有名です。

そして税務長官ニコラ・フーケはこの城をルイ14世に見せた後
ルイ14世の不興を買い、失脚させられます。

この逸話を知ってからいつか行きたいと思っていたお城
ヴォー・ル・ヴィコント城

クリスマスの時期に行ったので場内はクリスマスの飾り付けがしてあり
一層美しい姿を見せてくれていました。

IMG_0285

庭園です。ベルサイユ宮殿のものに似ているような気がしますね。

DSC02495

場内はこのようにクリスマスの飾り付けが
すべての部屋で行われていました。

DSC02496

クリスマスツリーもいい感じです。
やはり本場の本当のお城の中で見ると
やはり良いですね。

DSC02497 DSC02498

部屋の装飾も豪華です。

DSC02499

それぞれの部屋でいろいろなクリスマスツリーが飾ってあります。

DSC02501 DSC02503

豪華な部屋に綺麗なクリスマスツリーがいくつもかざってあり
昔の貴族はこんな生活していたのでしょうね。
優雅です。

DSC02504 DSC02505

天井にも豪華な装飾が施してあります。

DSC02506 DSC02507

寝室も豪華に飾ってあります。

DSC02508

クリスマスの装飾がさらにお城の豪華さをアップさせていました。
ルイ14世が嫉妬したのもわかりますね。

DSC02510

ベルサイユ宮殿ほどは広くはありませんが
とてもいい感じのお城でした。

特にベルサイユ宮殿との逸話があったので
とても興味深く鑑賞することができました。

とてもオススメのお城です。

パリからのアクセス:
電車: 
«Paris Gare de Lyon» → «Gare de Meulun»
RER・D線 «Melun» (週末・休日のみシャトルバス有)

詳細はお城のホームページで