オランダ キューケンホフ観光に便利なHotel ibis Leiden Centre滞在記 朝食バッフェ


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

2016年5月の休暇を利用してオランダのキューケンホフに行った際に
滞在したホテルHotel ibis Leiden Centreの朝食バッフェを紹介します。

冒頭の花の写真は朝食会場に飾ってあったお花

「Every Morning is a blank canvas
It is whatever you make out of it !」

「朝とは真っ白なキャンバスです
そこに何を描くかはあなた次第です。」

朝食会場にぴったりのお言葉。
ありがとう!


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

Hotel ibis Leiden Centreの朝食会場は明るくて新鮮な感じ
清潔でスッキリした印象です。

明るくて広々していて、イビスの雰囲気にピッタリな作りですね。


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

普段は夕飯しか食べない私ですが
ホテルにプランに朝食がついてる時は
朝食もいただきます。

飲み物はコーヒー、オレンジジュースなど
お水はSpaが置いてありました
十分な品揃えです。


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

パンもこのクラスのホテルでは十分な品揃え
なんの不満もありません。
お味も十分。

ナッツやドライフルーツなどもあります。


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

ハムやチーズもそこそこ揃っています。
スモークサーモンがあれば最高なんですけどね
オランダはチーズが美味しいのでオランダ産のチーズを
いただけるのは嬉しいですね。

ジャムや蜂蜜などもたくさん揃っています。
選ぶのが楽しくなりますね。


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

暖かい食べ物はソーセージ、スクランブルエッグ、ゆで卵です
暖かい食べ物はちょっと物足りないですね。

生野菜やカットフルーツ、ヨーグルトもあります。

このクラスのホテルではこれだけ揃っていれば
十分だと思います。

キューケンホフ公園が開いている時期にはオススメのホテルです。

オランダ キューケンホフ観光に便利なHotel ibis Leiden Centre宿泊記


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

2016年5月 オランダ ライデン。
イースターの休暇を利用してオランダ旅行。

今回のオランダ旅行の目的はキューケンホフ公園訪問
このキューケンホフ公園は世界最大の花の公園として有名で
毎年3月から5月の間のみオープン、チューリップを中心に
約700万株の球根が植えられた花の景色は一見のかちがあります。
チューリップを見るならこの公園は見逃せないでしょう。

そしてライデンの街はこのキューケンホフ公園まで約30分くらいで行けるところに位置し
キューケンホフ公園までのバスも出ています。

ライデンの駅のすぐ目の前に位置して駅まで本当にすぐです。
旧市街もすぐそこなのでライデンの街の散策にもピッタリです。
レストランなども周りにたくさんあるので食事に困ることはないでしょう。
駅の中にスーパーがありここが結構遅くまで開いていたので重宝しました。

今回、このHotel ibis Leiden Centreを選択した理由は
このホテルがキューケンホフプランというお得なプランを出していたから
このプランは大人2人分のキューケンホフ公園の入場券と
宿泊二泊、朝食、ウェルカムドリンク付きのプラン。

普通にこのホテルに宿泊する値段と比べてもかなりお得でした。

ibisホテルはAccor Hotelsグループのバジェットホテル
ヨーロッパの多くの都市で見かけます。
値段もお手頃で安く旅するにはうってつけですね。

 
Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

ロービーはこのような感じ。
ibisカラーの赤をふんだんに使ったお洒落な感じ
リノベーションしたばかりらしく綺麗です。

そして、早速ウェルカムドリンクをいただきます。
オランダと言えばハイネケン。

私はAccor Hotelsのポイント会員のシルバーレベルになっているので
さらにもう一杯ウェルカムドリンクをいただくことができました
二日連続で無料でハイネケンをいただきました。


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

エレベーターホールにはオランダ国王の写真が飾られていました。


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

階段と廊下。
階段からはライデンの新市街側の夜景が見えました。
廊下は明るくて広々として好印象。


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

お部屋の中はこのような感じ。

これまでにも何度がibisに止まっていますが
ここはこれまでのibisホテルに比べて綺麗で部屋も広いです。
2つ日間快適に過ごすことができました。


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

テレビは薄型テレビ。
日本語のチャンネルはありませんでしたが
いろいろな言語のチャンネルを見ることができます。


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

バスタブはなくシャワーだけです。
これだけでも十分です。
あまり多くを求めても仕方ありません。


Hotel ibis Leiden Centre 滞在記

これはホテル部屋からの早朝の眺め。
部屋が5階だったので結構良い眺めでした。

清潔で立地も良いので、Hotel ibis Leiden Centre
オススメです。是非。

世界のパン屋巡り ルクセンブルク2軒目 サンドイッチなども美味しかったNamur 

先日伺ったのはルクセンブルクにある
La Belle Etoile Shopping Centerに入っている
パン屋さんNamur

このショッピングモールLa Belle Etoile Shopping Centerは
ルクセンブルクで一番大きいと言われているモールで
確かに結構の広さでZaraやH&Mなども入っています。
そして、大きな食料品店Cactusも入っています。

こちらのNamurさん、お持ち帰りのパンやケーキなどだけでなく
レストランもありランチタイムには結構多くのお客さんで賑わっています。
他のお客さんが食べている料理を見てみると
結構美味しそうです。

今回Namurで購入したのはもちろんクロワッサン。
こちらのクロワッサンもさすがフランス語圏のお国
バターの香りがふんわり香り良い感じ
ちょっと、側のサクサク感がもっと欲しかったのと
中身のふんわり感ももう少し欲しかったですね。
ま、でも美味しいクロワッサンでした。

この日は金曜日だったので、家族のために
夜ご飯用にサンドイッチなどを購入して帰りました。
これらも美味しかったですよ。
行く機会があれば是非試してみてください。

場所はここです。

世界のパン屋巡り ルクセンブルク1軒目 La Belle Etoile Shopping Centerの食堂のパン屋

今回紹介するのはルクセンブルクに行った時に立ち寄ったショッピングモールにあった
食堂に併設されていたパン屋さん。

このショッピングモール
Shopping Center la Belle Etoileは
ルクセンブルクで確か一番大きいショッピングモール。

フランス語を話す国の食べ物は美味しいというのが
私のこれまで経験から言えること。

ショッピングモールのパン屋さんなので
ストラスブールで行っていた店舗を構えているパン屋さんとは違い
外観は特段紹介すすほどのことではないですが
このような感じです。

そして、こちらが今回購入したクロワッサン。
やはり、フランス語を話す国のクロワッサンは美味しいです。
バターの香りがいい感じ。

側のサクサク感や中身のしっとり感などは
パーフェクトとは言えませんが、
ショッピングモールのパン屋さんなのでそこまでは期待できないでしょう。
手軽に食べる分には合格点でしょう。

場所はこちら

世界のパン屋巡り ストラスブール10軒目 ストラスブールの他のお店のクグロフとはちょっと違うMaison Alsacienne de biscuiterie

ストラスブールのパン屋さん巡りもこれで10軒目
この日伺ったのはストラスブールの大聖堂の奥の道を
いったところにある
Maison Alsacienne de biscuiterie

ここのお店はパン屋さんというよりは
アルザス特産のお菓子を販売している
お土産やさんという感じ。

でも、クグロフを売っていたので
伺ってみました。

お店に入ると、感じの良い店員さんが
試食のアルザス地方独特のココナッツの効いたマカロンを
くれました。これが美味しかったです。
是非こちらも試してみてください。

今回購入したのはクグロフ。
ここのクグロフはアルザス地方のパン屋さんのクグロフとはちょっと感じが違います。

アルザス地方で売られているクグロフはパンのように
発酵させて作っているのでパンのような感じですが。




ここのクグロフはスポンジケーキのような感じ
オーストリアで食べたクグロフと同じような感じでした。
多分、マリーアントワネットが食べていたのはこのようなクグロフだったのではないでしょうか

これまでストラスブールで食べてきたクグロフと違っていたので
新鮮で良かったです。




こちらのお店もおすすめで、ぜひ。

場所はこのあたり

世界のパン屋巡り ストラスブール 9軒目 ストラスブールでは知らない人はいない老舗有名店クリスティアン

世界のパン屋巡りストラスブール編も9軒目になりました
それでもまだまだ、ストラスブールにはパン屋さんがあります。
旧市街だけでもかなりの数があると思われます。

今回伺ったのはストラスブールでは
多分知らない人はいないと思われる
老舗のお店、クリスティアン。

1960年にChristian Meyerさんによって創業されたお店。

IMG_0234

お店は大聖堂のすぐ目の前にある最高の立地。
そしてもう1店舗クレベール広場のすぐ近くにもあります。

休憩時間中はテラス席は片付けられていました。
夏場はここでアイスクリームを販売しているようです。

今回こちらでいただいたのはミニクグロフ。
長年ストラスブールで有名店の地位を守っているだけあって
さすがのお味。

焼きたてではないので少しパサついていましたが
側の香ばしいい香りとバターの風味
さらにアーモンドとレーズンの香りとが合わさって
美味しいクグロフでした。是非。

場所はこちら

世界のパン屋巡り ストラスブール 8軒目 おしゃれで美味しいパン屋さんPains Westermann

世界のパン屋さん巡りストラスブールも8軒目になりました
これまでのパン屋さんたちも美味しかったです。
ストラスブールには旧市街だけでも多くのパン屋さんがあるので
これからも巡っていきます。

今回伺ったのはPains Westermann
以前記事にしているストラスブールの老舗のNaegelの並びにあるパン屋さん。

看板はそれほど凝ったものではないですが
通りに美味しそうなパンの匂いが漂っています。

建物は旧市街だけにいい感じの佇まいです。

ショウウィンドーには所狭しとパンが並んでいます
美味しそうですね〜!

お店の人たちも親切いい感じでした。

購入したのはミニクグロフ。
もう少ししっとり感とバターの風味が欲しかったですね。
ちょっとパサパサしていました。

他のパンも美味しそうなので
次回行く機会があれば是非他のものを食べてみたと思います。

場所はこの辺りです。

世界のパン屋巡り ストラスブール 7軒目 美味しいクルミキャラメルタルトをいただく@Salon de Thé Suzanne

この日訪れたのはストラスブールのクレベール広場の近く
Galeries Lafayetteストラスブールからもすぐのところにある
Suzanne

ここはレストランも併設しているので
食事もすることができます。

 

お店の外観はこのような感じ。
可愛らしい感じの良さげな店構えです。

お店の中のショウケースの中に所狭しとおいしそうなケーキ屋パンが並んでいます。

この日は暖かくなり始めて天気も良かったので
テラス席に座って、ちょっと休憩することにしました。

本当はクロワッサンかミニクグロフをいただきたかったのですが
どちらもなく、他にいただきたいパンがなかったので
クルミのキャラメルタルトにすることにしました。

これが当たりでした。
クルミたっぷりで、キャラメルも程よい甘さで私の味覚にぴったり
タルトもサクサクで、クルミのしっとりしたサクサク感と
キャラメルのねっとり感とタルトの軽いサクサク感を
一口で楽しめる美味しいタルトでした。

次回はクロワッサンを試してみたいですね。

場所はここ

世界のパン屋さん巡り ストラスブール 6軒目 素朴な懐かしいお味のクグロフ@Boulangerie Traditionelle

さて、ストラスブールのパン屋さん巡りも6軒目になりました
今回見つけたのは、あてもなくストラスブールの旧市街をぶらぶらしていた時に
たまたま見つけたお店に入ってみました。

外観は昔ながらの可愛らしい感じの佇まい。
外から見えるようにパンを飾ってあるのが
ストラスブールのパン屋さんのいい感じの雰囲気を出していますね。

これらのパンも食べれるもので
偽物ではないのです。

私が頼んだクグロフもこの外に見えるように
ディスプレイされているものから取ってくれました。

このお店の看板もレトロでいい感じですね〜。

それでは早速、購入したクグロフを頂いてみましょう。

こちらのクグロフもお店の感じのように
素朴で懐かしい味わいでした。
多分長年地元の人に愛されてきてお店なのでしょう。

また機会があれば立ち寄ってみたいと思います。

場所はこの辺り

ストラスブールでもピエール・エルメのマカロンやお菓子が買えます@Galeries Lafayette Strasbourg

パリで初めてピエールエルメのマカロンを食べてから
ピエールエルメのお菓子の虜になってしまっている
我々家族ですが、ドイツにいるとはいえ
パリまではさすがに頻繁に行くことはできません。

ドイツにはピエールエルメの支店はなく
近場のどこかでピエールエルメのお菓子が購入できるところはないかと
探していたところ、ストラスブールに支店があることが判明。

ストラスブールであればうちから車で約2時間くらいで行ける距離
たまに行くことがあるのでラッキー

これを知ってから、ストラスブールに立ち寄るたびに
ピエールエルメのお菓子を購入してきています。

場所はGaleries Lafayetteの一階にあります。

こちらはGaleries Lafayette ストラスブールの外観
パリのGaleries Lafayetteのように人でいっぱいではないので
ウロウロしやすいです。お店もパリほど大きくないですが。。。

これは以前購入してきたマカロンとイスパハンのパウンドケーキ
パリのお店のように生菓子は置いてありませんが
マカロンやチョコレート、パウンドケーキなど
ある程度日持ちがするものがおいてあります。

我々はマカロンがいただければそれでいいのでこれでも十分です。
このパウンドケーキも美味しかったです。

そして、レモンのパウンドケーキとピスタチオとラズベリーのパウンドケーキ
どちらも美味しかったですよ〜オススメです。

ピスタチオのパウンドケーキの方はうちの息子が
風の谷のナウシカのオウムに似ているからと
オウムケーキと呼んでいます。
確かに似ていますよね。