07-02 ストラスブール

コロナ後初やっと再訪Relais Princesse Maria Leczinska@ストラスブール

投稿日:

やっと念願かなっての再訪問ストラスブールの大のお気に入りのレストランRelais Princesse Maria Leczinska

前回お邪魔したのが2017年のクリスマス

日本人夫妻経営のめちゃくちゃ美味しいフレンチレストランRelais Princesse Maria Leczinska@ストラスブール

2017年の年末ストラスブールのクリスマスマルクトに行くのをかねて立ち寄ったのが、ストラスブールから車で20分ほどの所にあるレストランRelais Princesse Maria Leczinska。 ...

続きを見る

これまで何度かストラスブールあたりに行く予定ができたときには電話して予約の確認をしていたのですが

ことごとく、満席で予約できず。

実際は3月の末に予約していたのですが、コロナの影響でドイツから出ることができなくなってしまったので

泣く泣くキャンセル

今回、欧州でコロナが収束し始めたため、国境封鎖がとけたので、早速いってまいりました

フランクフルトから2時間かけてやってまりました

どうも、コロナ中にお持ち帰りメニューでカレーとお好み焼きを初めてようです

懐かしい、きれいなステンドグラス

きれいに整えられたお店はとっても好感が持てます

いい感じのオブジェとステンドグラス

美しい

前回来たときには気づかかなかった掛け軸

和の趣を取り入れた空間は落ち着きますね

まずはアペリティフにアルザス産のスパークリングワインにバラのリキュールを入れた

こちらのレストランのオリジナルスパークリングワイン

スッキリにした辛口のスパークリングにバラの香りがとっても心地良いアクセントになっています

このきのこのスープがとっても美味しかった~

そして、この量がとってもいい感じ

普通のスープ皿で出されたら飽きてしまっていたかも

このエスプレッソカップで少量で出すセンスが最高

まずは前菜のサラダ

確かヤギミルクのチーズがパンに載っていたはず

スッキりして癖がなく本当に美味しい

本当はお持ち帰り専用で予約しないと駄目らしいのですが

無理を言って、息子用にカレーを用意してもらいました

このカレー本当におすすめです

上品な中に素朴感があり

ホテルの高級カレーとお母さんが作る家庭のカレーを足して2で割ったような感じ

近くに住んでいたら頻繁に頼んでしまいそう

こちらはメインのサーモン

このサーモンの焼き具合が最高

身がフワフワ~

私はデザートにフォンダンショコラ

中からふわ~と柔らかいチョコが出てきます

旨い!

息子と奥さんは抹茶クリームブリュレ

甘さも絶妙で最高!

ドイツでは絶対に食べれない繊細なお味

締めにエスプレッソをいただきます

フランスのエスプレッソはちょっとまだまだですね。

これは仕方ない

最後に更に、マドレーヌとチョコレート

このマドレーヌがもう美味しい!

最後まで、本当に最高のおもてなしをしていただきました

我々は結局、すべてのお客さんが帰るまで、居残ってしまいました。

更に、無理を言って、こちらのお好み焼きまでお持ち帰りにしてもらいました

こちらも、通常は予約をしておかないといけないらしいのですが

特別に作っていただきました。

この日は、このお好み焼きと、フランスで買ってきたアルザスワインと一緒に

一日Relais Princesse Maria Leczinska食に染まった一日でした

とっても美味しかった~

また絶対に行きます。

すぐ使えるフランス語表現5選 旅行ならこれだけで十分!とりあえずこれだけ覚えよう!

海外旅行に行く際の悩み事の一つとして、現地での言語の問題ではないでしょうか この記事では、私が実際に旅行中に使った、旅行の際にこれだけは知っておきたい利用頻度の高い便利なフランス語表現5つを紹介します ...

続きを見る

ストラスブールで泊まりたいホテル

- ストラスブール最高の立地Petit Franceの目の前、最高の眺めのホテル

- ストラスブールの大聖堂前の超有名なホテル、建物の外装がひと気は目を引く立地も最高

- 6世紀に建てられた歴史ある建物を改築した口コミ最高のホテル。立地も最高!

-07-02 ストラスブール

Copyright© The World Traveler YASUのSKYブログ 〜空は繋がっている〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.